マネジメント・事業継承に関する記事一覧


マネジメント・事業継承

コロナ融資でゆとりのある手元資金を、FCに投資する中小企業が増えている。 本業の売上が減少している中で、FCで打開するのは悪いことではない。 問題あるFCを見分けるポイントは3点。 良い話しかしない。投資から回収までが早い 期間限定で加盟金を割引きすると言って、追い込みをかける 裏では本部は訴訟をかかえている

マネジメント・事業継承

あなたの、「特別定額給付金」で10万円や、会社の200万や個人事業の100万、「持続給付金」が詐欺師に狙われている。 1、情報商材 2、補助金の申請代行 3、ホームページのSEO改善コンサル あたりが要注意です。

マネジメント・事業継承

今回は、主に、「退職者の顧客の引き抜き」についての事例を紹介しましたが、 よくあるのは、むしろ、「顧客リストの持ち出し」が多いです。 退職者の顧客の引き抜き、顧客リスト持ち出しの対策 1「弁護士・探偵」 2「秘密保持契約、競業避止義務の誓約書」 です。 これで会社を廃業した人もいるので危機管理が重要。

マネジメント・事業継承

ハニートラップっていうのは、政治家だったり、ビジネスマンだったとしても、大企業の社長とか、役員の話でないかと思ってませんか? 僕も、以前はそう思っていました。ところが、実際には、普通のおじさんでも、ひっかけられます。 中小企業の社長となれば、 詐欺集団からは、おいしいターゲットになります。

マネジメント・事業継承

「社長になったのに、部下が言うことを聞入れくれない」 2代目や、事業承継する立場の人に、ます自分のことを「クズな2代目社長」と仮定することがスタートというお話。 後継者は、カリスマ創業者のマネジメントを真似するな。 2代目社長は緩いリーダーシップを目指す。 具体的なノウハウ、「グッド&ニュー」と「クレド」を紹介

マネジメント・事業継承

親の会社を継ぐべきか継がないべきか迷っている 親の会社に入ろうとかと思う 子供に会社を継がせたいか、社員の理解が得られるか 中小企業の2代目教育のポイントは3つ。 1、2代目教育は「他人の飯を食べるべき」2、社内で現場はもちろん、すべての部署を経験する3、2代目は不安に打ち勝つよりも、不安と友達になることが大事

マネジメント・事業継承

社長がボケてきた! 「社長が、昔よりキレやすくなった。」事業承継において社長の認知症の解決は、3ステップで行う。 1、会社の社長・経営者が認知症になるとどんなリスクがあるかを知る 2、事業継承を前倒しで行う 3、やっておいて良かったこと、リスク回避 社長の認知症は、緩やかに進んでいくと、問題対処が先送りになりがち。

マネジメント・事業継承

自社ビル 売却の具体 自社ビルを売却しようかと思っているが、いつが売り時なのかな? 自社ビルの売却はどんな手順でやればよいのか分からない? 具体的なやり方 ビルの売却のメリット・デメリットを検討して、自らが売る決心をする 関係者にビル売却の同意を取り、銀行から追加融資を受ける 不動産仲介会社に売却の相談、移転先を探す

マネジメント・事業継承

事業継承で失敗しないために、後継者が社長の「つぐつぐ詐欺」の解決には、「静かなるクーデター」。 1、子から親への熱い想いの手紙 2、パーソナルコンボイ 親子の葛藤をビジネスライクに解決するというのが一つの方法。感謝の労いを伝えることが大事。そのうえで、今もう自分が継ぎたいという決意・気持ちをストレートに伝える。