資金調達に関する記事一覧


資金調達

家賃支援給付金、6月30日時点の最新情報。賃貸借契約書は3月の時点で有効なもの。家賃を減額している場合、いちど元の家賃で払えば、元の額で支給。家賃が引き落し、通帳で3回分引き落とされていればOK。家賃の支払いを猶予しても対象。賃貸物件の自宅とオフィス・店舗の共有も対象とする。持ち家は対象外。又貸し、又借りも対象となる。

M&A

中小企業の場合は退職金が簿外債務となっていて、決算書に反映されていないケースがある。 いくら必要なのかを把握するところからスタート。 中小企業の退職金積立不足の解決策は以下の3点 退職金を分割払いさせてもらう 生命保険を使って退職金を積み立てる 退職金規定を改定して新たな退職金積立を不要にする

資金調達

公庫の面談ポイントは3点。1、この記事を読んで面談の流れを理解して落ち着いて対応する。2、依頼された書類・通帳を不備なく準備。3、売上が回復して返済できる点をアピール。 一番大事なアピールポイントは、「売上の見通し」や「返済がしっかりできる」という点です。 できれば、1枚ぺらで良いので書類を準備すると良いです。

その他ローン

コロナ融資を受けたら3年は借りられないと理由は、2つ。 (1)コロナ融資を追加で受けて貸借対照表が悪化 (2)コロナ融資の借入期間が長いために、残高が減らず折り返し融資を受けれない 運転資金の返済期間が7〜10年と長く、返済猶予期間も6ヶ月〜3年で設定していたり、既存融資もあわせて借り換えている会社は要注意。