(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

1枚のはがきでお客様を感動させる本

更新日:

竹田陽一「1枚のはがきでお客様を感動させる本」中経出版、¥1200-です。480611975x

目次
 第1章 頭の中をお客中心にしよう
 第2章 手紙はお客戦略の強力な武器だ
 第3章 こうすれば手紙は書ける
 第4章 手紙コミのための基本心得
 第5章 個人客向けモデルはがき文
 第6章 企業向けモデルはがき文

◆経営の第一原則
 ◎経営で理系が出る瞬間は、お客のお金をもらったときだけであること。

◆経営の第二原則
 ◎商品を買う選別権はお客が100%持っていること

◆第三の原則
 ◎多くの競争相手がお金を欲しがっていること

◆「お客の立場から見て都合の良いこと」と「お客の立場から見て嬉しいこと」とは「具体的にどういうことか」
 をじっくり考え、検討してみるとよい。

  ①実行するときにお金のかからないもの
  ②お金はかかっても大した金額ではないもの
  ③いささかお金のかかるもの

  ④すぐ実行できるもの
  ⑤実行には長い期間がかかるもの

◆注意!お客用時間は削られやすい
 ◎商品づくりをいくらハイテク化しても、お客との関係を合理化したり節約してはいけない。
  物を中心とする商品市場は年々大きな変化を遂げているが、人間そのものは「卑弥呼の時代」から
  ほとんど変化していないのである。

◆人は自分に関心を示す人を好きになる

◆お金はかけなくとも関心は示せる
 1)顔コミ、挨拶コミ
 2)電コミ
 3)手紙コミ
 4)ギフトコミ
 5)コーヒーコミ、食事コミ、酒コミ、温泉招待コミ
 6)チラシコミ
 7)広告コミ

◆へたなDMは数うっても当たらない

◆どういう時に手がを出すか決めておけ
 ◎何かあったら出そうではダメ

◆自慢話と商売心は書くな
 ◎「人との出会いに感動する人はお客の数を増やし、お客との縁を大事にする人は売上を多くする。」

◆”書く時間がない”は言い逃れ

★筆まめな方というのは、本当にいらっしゃいます。素晴らしいと思います。
 私自身は全然できていません。字が汚い、時間がない、言い訳はたくさんあります。
 でも、良く分かりました。重要なことだと分かりました。是非、心がけたいと思います。

本日は、この辺で。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-, ,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.