日本保証「不動産担保ローン」のメリット・デメリット

事業用不動産担保ローン

それでは、東京は渋谷のセンター街にほど近い場所に本社がある、日本保証の不動産担保ローンのメリット・デメリットについて、一緒に見ていきたいと思います。

日本保証のホームページでは、「不動産担保力を重視し多角的な審査を行います」とうたっています。

不動産を担保に融資、ご返済期間は最長20年で、融資10億円まで、5.0%~18.0%の金利。

 

日本保証不動産担保ローンの基本スペック

日本保証不動産担保ローンの特徴は、以下の通りです。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

特徴:金利 5.0%~18.0%、借り入れ可能金額は10億円未満、審査結果は当日中、融資実行まで最短3日。

[/st-mybox]

 

日本保証「不動産担保ビジネスローン」

 

日本保証不動産担保ローンの商品概要は、以下の通りです。

商品名 「不動産担保ローン」

【長期返済型】

貸付対象者 安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方

融資額 50万円~10億円

資金使途

利息の割合 年率5.0%~15.0%

貸付の利率 実質年率5.0%~18.0%以内

遅延損害金の割合 実質年率 20.0%以内

融資形態 証書貸付

返済期間 24~240ヵ月 ※別途審査にて更新可

返済回数 24~240回以内 ※別途審査にて更新可

返済方式 元利均等払い残元金 期日一括返済方式

契約締結費用 ・収入印紙代

・事務手数料:融資元本の3.0%(税別)以内

・登記費用:(根)抵当権設定費用※司法書士へ支払い

・不動産調査料(1物件8万円目安。地方は別途交通費加算)

・その他費用:火災保険掛金(火災保険に未加入の場合はご加入いただきます。

<注>費用はお客様ご負担)。弁護士立会い費用が発生する場合があります。

その他手数料 ・繰上弁済手数料

返済元本の3.0%(税別)以内

・更新手数料

残元本の1.0%(税別)以内 ・繰上弁済手数料

返済元本の3.0%(税別)以内 ・弁済手数料

返済元本の2.0%(税別)以内

保証人 原則不要 (法人貸付の場合、代表者の方に連帯保証人となっていただく場合がございます。)

担保 土地・建物※担保不動産に(根)抵当権を設定いたします(なお、担保不動産にかかる火災保険に質権設定する場合があります)。所有権の他、持分権、借地権、底地権も取り扱います。

必要書類 ◆ご本人様を証明できるもの(免許証・健康保険証・住民票・パスポート等)

◆収入を証明できるもの(源泉徴収票・給与明細書・所得証明書・確定申告書等)

◆土地・建物の登記済証(権利証)

◆印鑑証明書・実印

返済方法 当社指定の口座へお振込み

※振込手数料はお客様負担となります

以上、日本保証のホームページより引用

 

●日本保証不動産担保ローンの借り入れ可能エリアについて

特に記載なし

 

●日本保証不動産担保ローンの保証会社 について

特に記載なし

そもそもが、社名のとおり、自社が保証を行うことを生業としている会社です。

銀行や信用金庫などの金融機関と提携し、それら提携金融機関が扱っている個人や法人向けローンの債務を保証するビジネスです。

ですから、他社の保証会社が入っていない可能性が高いです。

 

日本保証「不動産担保ローン」のメリット

1、審査結果は当日中、融資実行まで最短3日

ビジネスはスピードが重要です。

とりわけ、資金ショートに直面しそうな場合などは、

不動産担保ローンで最短3日融資というのは、有り難いですね。

 

2、20年返済など、長期の返済期間で、資金繰りの安定を図れる

「元利均等払い残元金期日一括返済方式の場合」1,000万円を借りて、

10年返済の場合、金利が年率9.49% だと、毎月の返済額は129,500円となります。

 

3、資金使途自由で、起業・開業資金として利用可能な点。

未納税金の納付、税金差押の解除等の税金支払いなどにも、使えます。

新規法人は、決算を迎えていなくても審査が可能ですし、

担保となる不動産は、底地権、借地権、共有持分などの権利でも審査可能です。

 

日本保証「不動産担保ビジネスローン」

日本保証「不動産担保ビジネスローン」のデメリット

1、金利がやや高い。

これは、実際の上限金利などで、判断しがちですが、

不動産担保ローンの場合は、不動産の担保価値の評価や、

様々な土地への対応力で融資の可否が決まってきます。

コストだけでなく、融資を受けれれるかどうか、そこが一番大事な点かもしれません。

 

2、担保になる不動産が必要。

不動産担保ローンなので、当たり前の話ですが、不動産が必要です。

また、現在法人の代表者で、法人融資の際に連帯保証人となっていない方は、

不動産を担保に入れることで、万が一、返済できない場合に、その不動産を失うリスクもあります。

 

日本保証「不動産担保ローン」ご利用までの流れ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

【利用者】 申込み(インターネットで申込)

【日本保証】 不動産調査

【日本保証】 審査

【利用者】 契約

【日本保証】融資

[/st-mybox]

 

日本保証「不動産担保ローン」のまとめ

 

不動産担保ローンの借り入れ可能エリアは、不明。

 

日本保証不動産担保ローンのメリットは、以下の通り。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1、審査結果は当日中、融資実行まで最短3日

2、20年返済など、長期の返済期間で、資金繰りの安定を図れる

3、資金使途自由で、起業・開業資金として利用可能な点。

[/st-mybox]

逆に、日本保証不動産担保ローンのデメリットは。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1、金利がやや高い。

[/st-mybox]

 

結論、

「不動産担保ローン」が、審査結果は当日中、融資実行まで最短3日というのは、

業界でも最速の部類。

しかも、一般的な戸建住宅、マンション、ビル等の建物や土地(再建築不可・賃貸中などの状態を問わず)に加え、これらの底地権、借地権、共有持分などの権利でも審査可能。

不動産担保ローンの専門家がコンサルティングをおこなってくれます。

 

日本保証「不動産担保ビジネスローン」

 

 

 中小の資金繰りの悩みを解決する事業用不動産担保ローンの始め方