コロナ詐欺、あなたの給付金は狙われている!情報商材など

マネジメント・事業継承

コロナで給付金が貰えていますよね。

あなたの手元には入りましたか?

国民1人1人には、「特別定額給付金」で10万円を配布されています。

売上がコロナで大幅に減少した法人には200万や個人事業主には100万、

「持続給付金」が既に多くの会社に入金されています。

 

僕も、別の記事で消化しているように、

「持続給付金」200万の入金と、

「特別定額給付金」も家族全員分もらいました。

 

持続化給付金できた!実際の入力の流れと注意事項を簡単に説明!

 

この支援策を狙った詐欺が全国で増加しています。

3月上旬から5月末までの間に、コロナ詐欺の被害総額は計4028万円に上ると最近、警視庁が発表しました。

 

今日は主に、自営業者、中小企業の社長向けに、よくある詐欺案件を3つ紹介します。

 

  1. 情報商材
  2. 補助金の申請代行
  3. ホームページのSEO改善コンサル

 

今日のテーマなんですよね詐欺商法を僕らね買ったもの三つ紹介します一つはですね情報商材と言うかねそれを思ってんに一般社団法人とかねそういうものを使ったものが一つんでもう一つがですね補助金ですね補助金代行とかねそういうやつで三つメガネ it で水曜って言うな手法があるんですけどまそういった類のものですね猫の三つです

 

1、コロナ詐欺、あなたの給付金は狙われている!情報商材

これはいつの時代でも、姿と形を変えて、繰り返しでてきます。

素人のあなたでも、この教材を学ぶと、稼げるようになります。

これは、人より早く始めると「印税」・「権利収入」のようなものなので、ほったらかしで継続的に儲かります。

といった、耳障りのよい言葉が並びます。

詐欺師が、「特別定額給付金」を狙うのであれば、価格は10万円になります。

個人事業主や法人の「持続給付金」を狙るのであれば、「簡単に新規事業が始められます」「副業が始められます」って言って、予算が100万〜200万に跳ね上がります。

 

つい最近は、大学生がUSBに入った情報商材にひっかかったという報道がありました。

最近だと、はやりのSNSを活用した「サロン」という形式を取るかもしれません。

(ちゃんとした、低価格で価格以上に価値のあるサロンもあります)

 

あと、いつの時代も信頼性を醸し出すために、主催しているのが、株式会社でなくて、財団法人や、一般社団法人だったりします。

これは、あたかも国の許認可、お墨付きをもらってように、うたいますが、

やってみると、分かりますが、一般社団を作るのはそれほど難しくありません。

 

被害はお金を損します。

ほとんど価値がないものに対して、100万、200万を払うことです。

××コースの資格取得だとか、認定講師になる認定費用だとか名目はいろいろあります。

正直、お金を失うのはツライことですが、もっと怖いのはここから先です。

たとえば、100万円で××コースの資格取得をしたとします。

そうすると、あなたは、この××コースの講座を販売する権利を得られましたと、講師から言われるのです。

そして、友達を1人講座に売ると、100万円のうち40%で40万キックバックされるのです。

だから、3人連れてくると、3×40万で、あなたの講座代はチャラになって、

4人目からは、丸儲けと言われます。

 

これ、マルチ商法・ネズミ講みたいなもので、最も深刻な被害になります。

冷静な頭で考えるとおかしいって、分かるのですが、

こういうことにかかわる詐欺師グループは、非常に巧妙で、腕が良く、人懐っこい人が多いです。

それを飲み会みたいな場で、ウェーいと、囲まれてやられてしまうので、たいがいの人は落ちます。

 

僕は、とある事情でそういう人に一回接したことがありますけども、まあ詐欺師ってのは天才みたいな人がいます。

その努力を、普通の事業に活用しろよと思いますけど、詐欺に対する努力とか、真剣さが半端ないのです。

 

で、どうすれば、良いかということですが、

絶対に、近寄らないことです。友達、親戚、先輩誰から、言われようと、美味しい話だとおもったら、絶対に話を聞かないことです。

万が一、あながた契約してしまったのならば、警察や弁護士に相談することです。

 

2、補助金の申請代行で、コロナ詐欺

 

補助金詐欺って言うとちょっと言い過ぎなんですけども詐欺的補助金ビジネスというのがあります。

 

いまだと、Facebookや、グーグル広告を、ばんばん出稿しています。

電話セールスも盛んにやってくると思います。

 

私が、ひっかかったのは、某大手の上場IT企業からです。

セールスの電話で、ネットショップ・ECサイトを制作する費用が、国から3分の2補助されますというもので、90万の制作のうち、自己負担は30万だけというものでした。

 

正直、結論は、糞です。

売上はゼロ円でした。

30万損したわけなんですが、国にも60万損させたわけなんで、申し訳ないことをしたと思います。

 

その会社の手法は、グレーを超えて、ややブラックでした。

冷静に振り返ると、

その会社が、ものすごく沢山の仕事を、受注して、補助金の期日までに、

やっつけだろうが、伝票計上だろうが終わらせるので、良い仕事なんてできるわけないですよね。

全てが、補助金をもらうことが目的になってしまっている、本末転倒の謎のECサイト制作になります。

その会社は、二言目には、「補助金が貰えなくなります」といいます。

 

どうすれば、よいのか、

自分で主体的に、補助金を申請して、もともと付き合いのある会社に、ホームページ制作を依頼しましょう。

 

それがなければ、良い会社を探しましょう。

売り込んでくるIT会社からみで補助金を受けるのは、極力さけましょう。

 

3、あなたの給付金は狙われている!SEO改善コンサル

 

ネットショップとか、ホームページとかブログのアクセス数を増やすのに SEO コンサルっていう人がいます。

簡単に言うと、あなたのホームページを改善して、グーグルの検索エンジンに、表示される、順位をあげますよ、という提案をしてきます。

 

僕がやられたのは、

古いSEOの手法を使ったコンサルです。

自分でレンタルキャンピングカービジネスのホームページを作っていたのですが、

そのコンサルに頼んだら、グーグルの検索エンジンに、表示される、順位が落ちました。

 

SEOコンサルを頼んだページと、頼まなかったページがほぼ同じ内容だったので、

比較すると、結果は一目瞭然でした。

 

恐らく、ブラックSEOという手法で、被リンクを買うという、古い手法をそこコンサルが使ったのが問題だったと思います。

 

で、僕が順位が上がらないことを、コンサルに指摘したら、

「SEOというのは、改善するのに、時間がかかるのですよ、これだから素人は困る」的なコメントをされました。

それ聞いて、ソッコーで、僕は、解約しました。

 

これどうすれば、良いのかというと、

やはり、2〜3冊で良いので、自分で本を読んで勉強することです。

そのうえで、本に出てくる会社とか、

個人でも、ブログなどで、実績を上げているのが明白な人に依頼すると良いと思います。

 

まとめ(コロナ詐欺、あなたの給付金は狙われている!情報商材など

 

あなたの、「特別定額給付金」で10万円や、会社の200万や個人事業の100万、「持続給付金」が詐欺師に狙われている。

 

1、情報商材

2、補助金の申請代行

3、ホームページのSEO改善コンサル

 

あたりが要注意です。

正直、本文読んでもらったら分かりますが、僕はこの3件ですべてやられています。

被害の総額は、1千万ちかいです(泣。

 

だから、

あなたには、被害にあってほしくないです。

 

頭の片隅において、きたと思ったら、基本的にはシャットアウトでお願いします!