想い 三茶の焼肉、世界をめざす 西山知義

書評

西山知義(著)「想い 三茶の焼肉、世界をめざす」アメーバブックスです。4344990250

目次
 1章 必ず生きて帰ってきてくれ
 2章 父の背中、少年の眼
 3章 念願の独立と裏切り
 4章 企業「マクドナルド」との出会い
 5章 三軒茶屋に「焼肉市場 七輪」を出店
 6章 「感動創造」という理念
 7章 終わりのないマラソン
 8章 人を動かすのは“情熱と科学”である

 「父の豪放磊落な人柄は、息子の私からしても圧倒的だった。
  今になってみれば、その父の血が自分にも流れていると感じることも、少なからずある。」

 「成長して一日も早く独立した。そして着実に成功していきたい。何とかしてサクセスへの
  道を進みたい。
   そんな一心で、大学を中退して飛び込んだのだ。」

 『ひとりだけ突出して営業成績が高い理由は「まめに働く」ということ。
  「できる人は、やっている」。そのセオリーを忠実に真似て、私は仕事を覚えていった』

 「人を雇用し、チームを組んで営業の成果を上げることの難しさに、私はまったく
  気がついてなかった。」

◆よし、マクドナルドに行ってみよう!
 ◎業務や社内評価のシステムを学びに行こう!

  「休憩室には、ノウハウを習得するためのVTRが用意されている。
    それを高校生や大学生や主婦のアルバイトたちが、休憩時間に見て勉強しているのだ。
   いつも誰かがそれを見ているため、ビデオのスイッチは常にオンになっていた。
   私はこの光景にも、すっかり衝撃を受けていた。」

◆『週刊ダイヤモンド』とベンチャーキャピタルが共催した座談会

 「みなさんの話は、明らかに実績に裏打ちされた自信に満ちている。
  そして順番が来た。
  私がだけが一言も述べることができなかった。
  悲しく、惨めだった。ショックだった。消えてしまいたい衝動にかられた。
  私の会社が今ひとつうまくいかない原因はこれだったんか、と思った。
  差別化を図ってこなかったために、私はいつも接待ばかりしていたのだ!」

 「不動産業では無理だとしても、ではどんな業種なら差別化できるだろうか。」

 「安いだけでこんなに人気があるんだったら、もっと安くて、おいしくて、
  サービスがよくて、雰囲気のいい焼肉屋さんをやれば成功するんじゃないか?」

 「女性同士や、若いカップルたちが入りやすく、楽しめる焼肉店をつくれば、
  きっとみなさんに喜んでいただける。」

★フルキャスト、平野社長の「満点の星」、スープ・ストック・トウキョウの遠山社長、
 そして、この牛角を筆頭にしたレックス・ホールディングの西山社長と3連荘ぐらいで
 読むと、明日にでも起業したくなること間違い無しです(笑)。

 また、いま、どんな不幸に見舞われていても、あれに比べれば、まだましと思えるかもしれません


 西山社長も金庫から600万盗難されています。
 しかも、内部犯の可能性が高かったという最悪の状況です。

 スープ・ストック・トウキョウの遠山社長と同じく、女性が入りやすい店に着目した点は、
 面白い共通項だと思いました。

 あっ、忘れてました。このお話、けっこう泣けます。
 涙腺の弱い方は、人前で読まないほうが良いかもしれません。
 物語の組み立て方の、勉強になります。
 
本日は、この辺で。