会計ソフト、クラウド会計システムのご紹介・ご提案

クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】

給与前払いサービス

給与前払いサービスのHayakyu(早給)は海外送金に強い!

更新日:

給与前払いサービスのHayakyu(早給) とは?

Hayakyu(早給)というのは、給与立替払いサービスで、

働いた分の給料を給料日になる前に受け取ることができるという「早給ペイロールカードシステム」です。

求職者の週払い、日払いなどのようないろいろな要求に対応することによって、人材を効率良く確保することを目指します。

企業側は、システム導入の初期費用や利用料はかかりません。

・Hayakyu(早給)を使うと人材が効率良く募集できる

求職者のパートやアルバイトの週払い、日払いなどのいろいろな要求に対応することによって、

確実に意欲がある人材の応募者が多くなり、人材を効率良く募集します。

・Hayakyu(早給)は、導入費用、ランニング費用がかからない

企業側としては、システムの初期の導入費用や利用する際のランニング費用がかかりません。

給与立替払いするための資金も用意する必要がないので、導入が手軽にできます。

社員は、手数料がかかりますが、給料から差し引かれます。

・Hayakyu(早給)の給与立替払いは24時間365日申請できる

企業側がシステムに勤怠データを連携するのみで、給料の締日の次の日から給与立替払いを勤務した実績によって利用することができます。

利用することができる金額については、いつでも専用のウエブサイトでチェックすることができます。

パソコンやスマホから午後3時までに立替払いを申請すると、その日に指定した銀行の口座に振込みされます。

 

給与前払いサービスのHayakyu(早給)の特徴とは?

Hayakyu(早給)の特徴は、次のようなものがあります。

・Hayakyu(早給)は、ジャパンネット銀行と提携している

ジャパンネット銀行とHayakyu(早給)は提携しており、給料の振込口座にジャパンネット銀行を指定しておくと、

Hayakyu(早給)を利用する社員の負担が少なくなります。

給料の振込口座にジャパンネット銀行を指定しておくと、給料の立替払いを申請したすぐ後に振込みされます。

しかも、24時間年中無休で対応しています。

では、ジャパンネット銀行を利用すると社員はどのようなメリットがあるのでしょうか?

口座をジャパンネット銀行で開設しているHayakyu(早給)を導入している企業の社員であれば、

審査無しで便利なデビットカードなども利用できます。

そのため、Hayakyu(早給)を導入することによって、社員の満足度や利便性をアップすることができます。

なお、詳しく法人口座について把握したい場合は、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

・Hayakyu(早給)は、海外送金が125ヶ国にできる

Hayakyu(早給)は、現在ある給料前払いシステムの中において、ワンストップでの海外送金に唯一対応しています。

最近多くなっている外国人労働者の中には、給料の一部を祖国に残っている家族に送金している人も多くいます。

Hayakyu(早給)の海外送金サービスは、このような外国人労働者の負担を軽くするために役に立ちます。

システムを経由するのが多くない分、海外送金する際にかかる手数料も少なくなります。

外国人労働者を多く雇用したい場合は、企業のアピールポイントにもなります。

この海外送金サービスは、外国人労働者以外に、日本人の社員にもメリットがあります。

というのは、海外に滞在している家族に送金する際は、手数料がHayakyu(早給)を利用する方がお得になることもあるためです。

Hayakyu(早給)を導入することによって、企業が高い離職率や人材不足などで悩んでいる場合は解決することができるでしょう。

・Hayakyu(早給)の給与前払いシステムは、申請してから振込みされるまでが速い

Hayakyu(早給)は、給与立替払いを申請してから振込みされるまでが速いことでも知られています。

社員がパソコンやスマホから午後3時までに給料立替払いを申請すると、振込がその日にされます。

銀行であれば、振込みがシステムによっては次の営業日になる場合もありますが、

Hayakyu(早給)であれば出費が急にあっても対応できると好評です。

しかも、Hayakyu(早給)は分かりやすい操作画面になっています。

個々のアイコンも大きいので、スマホの操作が得意でない高齢者や日本語が得意でない外国人労働者でも、操作が簡単にできます。

そのため、給与立替申請がストレスなくできます。

 

給与前払いサービスのHayakyu(早給)の料金プランとは?

Hayakyu(早給)は、導入する際に、企業側のイニシャルコストや運用コストは全くかかりません。

なお、利用する社員は、事務手数料や振込手数料がかかります。

振込手数料は、申請する金額や利用する銀行によって違います。

 

中小企業が給与前払いサービスのHayakyu(早給)を導入するメリットとは?

Hayakyu(早給)を導入する企業のメリットは、次のようなものがあります。

・導入する費用、ランニング費用がかからない

・125カ国に海外送金ができる

・前払いするための資金を用意する必要がない

Hayakyu(早給)を利用する社員のメリットとは?

Hayakyu(早給)を利用する社員のメリットは、次のようなものがあります。

・企業審査だけで、全ての社員が利用できる

・パソコンやスマホから24時間365申請できる

・午後3時までに申請するとその日に給料がもらえる

-給与前払いサービス
-, , , ,

Copyright© クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】 , 2019 All Rights Reserved.