(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

社長のカードローン

住信SBIネット銀行のカードローン、借入手続きはスマホで完結

更新日:

 

今回は、インターネット専業銀行である、住信SBIネット銀行のカードローンのメリット・デメリットについて、一緒に見ていきたいと思います。

 

住信SBIネット銀行のホームページでは、「1,100万円超の利用限度額で年1.59%」という低金利となっています。

 

1,200万円まで融資、金利は1.59〜14.79%、金利の下限は銀行系カードローンとしても、かなりの低金利ですね。

 

「住信SBIネット銀行カードローン」の基本スペック

住信SBIネット銀行カードローンの特徴は、以下の通りです。

商品名 「カードローン」

コース名 (プレミアムコース)(スタンダードコース)

 

特徴:金利1.59〜14.79%、借入できる金額10万円以上1,200万円以下(10万円単位)、来店不要、担保不要

 

「住信SBIネット銀行カードローン」の商品概要は、以下の通りです。

 

ご利用いただける方 次の条件をすべて満たす個人のお客さま。

ご契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満であること。

安定継続した収入のあること。

外国籍の場合、永住者であること。

保証会社の保証を受けられること

当社の普通預金口座を有していること(同時申込可)

 

資金使途 原則自由(事業性資金を除く)

 

ご利用限度額と金利

(プレミアムコース)

 

ご利用限度額 基準金利 ご利用限度額 基準金利
10万円~100万円 年7.99% 700万円超~900万円 年2.99%
100万円超~200万円 年6.39%~6.99% 900万円超~1,000万円 年2.49%
200万円超~300万円 年5.29%~5.99% 1,000万円超~1,100万円 年2.39%
300万円超~500万円 年4.99% 1,100万円超 年1.59%
500万円超~700万円 年3.99% なお、1,000万円超の限度額を契約する場合は、SBI証券口座保有登録、または当社取扱い住宅ローン残高がある必要がございます。

  • ※ 『フラット35(買取型)』、『ミスターパッケージローン』は対象外です。

 

(スタンダードコース)

 

ご利用限度額 基準金利
10万円~100万円 年14.79%
100万円超~200万円 年11.99%
200万円超~300万円 年8.99%

 

返済方法

返済方法は、毎月のご返済(約定返済)に加えて、追加でご返済いただく方法(随時返済)があります。

 

毎月のご返済(約定返済)

毎月、決められた期日に返済いただきます。

当社代表口座の円普通預金からの自動引落しとなります。

 

追加返済(随時返済)

お客さまのご都合に合わせて追加で返済いただくことが可能です。

 

金額指定返済

任意の金額を指定して返済(1円以上1円単位)

当社WEBサイトでの振替 ATMでの [カードローン] > [ご返済]

全額返済

お借入額の全額を返済

当社WEBサイトでの振替

 

返済日

約定返済日は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)

 

返済額

毎月の返済額は、前月末の借入残高によって決まります。

月末時点に借入残高がある場合、翌月1日に約定返済日と返済額をメールでお知らせします。

 

前月末時点の貸越残高 返済額
2,000円以下の場合 前月末時点の貸越残高
2,000円超~10万円以下 2,000
10万円超~20万円以下 4,000
20万円超~40万円以下 6,000
40万円超~60万円以下 8,000
60万円超~80万円以下 11,000
80万円超~100万円以下 15,000
100万円超~150万円以下 20,000
150万円超~300万円以下 25,000
300万円超~400万円以下 30,000
400万円超~500万円以下 40,000
500万円超~600万円以下 50,000
600万円超~700万円以下 60,000
700万円超~800万円以下 70,000
800万円超~900万円以下 75,000
900万円超 80,000

 

以上、住信SBIネット銀行ホームページより抜粋

「住信SBIネット銀行カードローン」の借り入れ可能エリアについて

 

全国対応

 

「住信SBIネット銀行カードローン」の保証会社 について

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、住信SBIネット銀カード株式会社

 

住信SBIネット銀行「住信SBIネット銀行カードローン」のメリット

1、ローン専用カードの発行や明細書の郵送はなし

 

ローン専用カードの発行がなく、キャッシュカードに「カードローン」の機能が付帯される。

さらに、利用明細も郵送されない。ただし、カードローンと口座の同時申込の場合は、キャッシュカードは本人限定受取郵便で郵送される。

 

   

2、コンビニ提携ATMで手数料0円で返済が可能

 

全国にある提携ATM(セブン銀行など)で「お預入れ」ボタンから約定返済金額を入金できる。毎月の返済に加えて、1円から随時返済できる。

 

 

3、借入手続きはスマホで完結

 

仮審査の申込から契約まで、申込はスマホで完結。いま現在、住信SBIネット銀行がなくても、とりあえず、仮審査の申込ができる。

借入方法は、「WEBで口座に振替」と「ATMからのお借入れ」が選べる。

 

「住信SBIネット銀行カードローン」のデメリット

 

1、プレミアムコースとスタンダードコースに分けられてしまう

審査結果に応じて、分けられてしまいます。スタンダードコースは、金利が8.99%~14.79%と高くなっています。融資限度額も300万までです。

 

住信SBIネット銀行カードローンの始め方

 

【利用者】 口座開設とカードローンのお申込み

 ※キャッシュカードは本人限定受取郵便で郵送します。

【住信SBIネット銀行・保証会社】 仮審査

【住信SBIネット銀行・利用者】 本審査

 ※ ご勤務先への在籍確認の際、本人確認のため氏名、

   生年月日等をお尋ねする場合があります。

【住信SBIネット銀行】 手続完了

 ※『「カードローン口座開設のお知らせ」がメールとメッセージボックスに届いた後、WEBサイトより受取確認をしていただきますとお借入が可能』

 

「住信SBIネット銀行カードローン」のまとめ

「住信SBIネット銀行カードローン」の借り入れ可能エリアは、全国対応

 

住信SBIネット銀行「住信SBIネット銀行カードローン」のメリットは、以下の通り。

1、ローン専用カードの発行や明細書の郵送はなし

2、コンビニ提携ATMで手数料0円で返済が可能

3、借入手続きはスマホで完結

 

逆に、住信SBIネット銀行カードローンのデメリットは。

1、プレミアムコースとスタンダードコースに分けられてしまう

 

結論、

銀行系カードローンを検討している、社長・フリーランス・自営業の人で、年収2,000万以上の人には、まずおすすめ。

 

カードローンは、おおよそ、年収の50%が借り入れ限度額の目安。

他に、既にカードローンを持っていたら、その限度額との合算となります。

 

ですから、平均的な年収だと、「スタンダードコース」行き、

銀行系カードローンのメリットは薄いかも。

 

 

中小企業の社長におすすめな銀行系カードローンとポイントサイト!

おすすめ記事

-社長のカードローン
-, ,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.