(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

セス・ゴーディン著「オマケつき!!マーケティング」

更新日:

セス・ゴーディン著「オマケつき!!マーケティング」ダイヤモンド社です。

目次
 プロローグ 「注目」はおカネでは買えない
 第1部   なぜ「おまけ」は必要か
 第2部   「オマケ」を売り込む
 第3部   どうやって「オマケ」を生み出すか
 
◆5分でわかる『オマケつき!マーケティング』
 ◎企業が成長を達成するための方法として、「大規模な宣伝」と、「大きな技術革新」の他の方法が、
  ソフト・イノベーション。
  社内での誰でもが思いつく可能性がある、ささやかだが、気の利いた、洞察に満ちた、便利なアイデア。

 ◎ソフト・イノベーションが、製品が常識破りにする。
  その秘訣は、製品本来の目的からすれば周縁的な問題を解決することにある。
  購入する理由としては二次的なのだが、それを話題にするという点では、一番大事な理由となる何かである。

 ◎私はこの種のイノベーションを(それが成功した場合には)、オマケ(free prize)と呼んでいる。
  というのも、それによって生み出される売上高は、それを実行するためのコストを大幅に上回るからだ。

 ◎誰から、アイデアの推進者になること、そうすれば、オマケを発見することは難しくない。

 ◎オマケにの発見には、ブレーンストーミングは必要ない。むしろ、エッジクラフトを活用しよう。

 ◎利用可能な先端(エッジ)は数百もある。

 ◎今やらねばならないのは、話題にする何かを作りだすこと─それを理解している組織こそが、
  成功するのである。

◆今日の世界では、優れたアイデアが消費者に到達するまでの過程が、これまでにないほど短縮されている。
 ◎競争のポイントは、「今すぐ」何かをつくることなのである。

 「ヒット商品の半減期が以前よりも短くなっているため、アイデアを生み出すコストを引き下げ、
  これまで以上に素早く商品化する必要がある。」

◆5つの質問
 1)できる限り「よりよいマーケティング」をやっていれば、それで十分か。
 2)自分が直接コントロールできるイノベーションにはどんなものがあるか。
 3)私たちはすでに顧客「オマケ」を提供しているか。
 4)この製品を放棄して別の製品をつくるとすれば、それはどんな製品になるか。
 5)私たちが恐れているのは何か。

◆成長をもたらしてくれるのは、「不満足顧客」と「未経験顧客」である。

 「今の自社の製品を嫌っていて、競合他社の製品も嫌っていて、しかもなお解決したい問題を抱えている」

◆アイデアの推進者になる
 ◎「それが私の責任だから」

  「私たちの仕事は、同じことを繰り返しやることではない。私たちの仕事は、新しい方式を発明することで
   生産性を生み出すことなのだ。
    時間はある。スキルもある。
    それが自分の責任なのだということを認めれば、あなたのキャリアは活性化し、
   会社も強力なパワーを得るだろう。責任を引き受ける─これが第1のステップである。」

◆自分1人でできるだろうか?

◆戦術
 1:質問する
 2:異論には質問で切り返す
 3:他人の口出しは歓迎する
     │
14:責任を引き受ける
 ◎自分が推進者のときは、責任は強力なツールとして使える。声を低め、一呼吸置いて、皆の目をまっすぐに見て、
  こう言えばいいのだ。「私が、責任を持ってこれを実現します」
  
  「自分が責任を取る」と言わなければプロジェクトは失敗し、いずれにせよ、懐疑的な批判に追われることになる
  自分から責任を引き受けなければ、周囲は責任を与えようと一生懸命になるだろう。
   逆に、最初から責任を引き受けていれば、周囲の人も応援してくれ、すべてが水泡に帰しても許してくれる
  可能性が高い。

◆エッジクラフトは難しくない
 1、まず先端(エッジ)、つまり製品・サービスを際立たせるための「オマケ」を見つける。

 2、何が何でもその先端(エッジ)をめざす─ターゲットとする消費者が、あえてそこまで
   やってほしいと思うくらいに主流を外れる。

◆エッジクラフトは9歳児にもできる
 1、自分の業界にまったく関係ない製品・サービスを見つける。
 2、「常識破り」によって成功している企業を探す。
 3、そうした企業がどんな先端(エッジ)に向かったのかを見出す。
 4、同じことを自分の業界でやってみる。

★この本は、初版を米国で発売する際、シリアル箱(例えばコーンフレークの箱)に入れられて売られました。
 前著『「紫の牛」を売れ!』は牛乳パックに入れて大成功した。

 人々はこれを話のネタにしてくれる。

 セス・ゴーディン氏は、ひと言でいうと、米国版神田昌典という印象を受けました。
 費用と手間をかけずに、いかにマーケティングを行うか?

 そこの費用対効果の生産性の高さを、著者はオマケと表現しています。
 実は、『「紫の牛」を売れ!』は、何度も書店で目にしながら、タイトルが胡散臭いと思って、避けていました。

 早速、アマゾンで購入しようと思います。

 本日は、この辺で。

昨日は、家族で早朝、散歩に出かけました。

娘はしゃぼん玉で遊びました。

最近の娘の遊びのお気に入りは、「お店やさんごっこ」です。

脳をテーマにした本を読んでいると、5歳の子どもに学べとか、「ごっこ」遊びが大事とか、

書いてあるので、ちょっと気にしながら、一緒に遊びます。

娘は、ファミレスが大好きで、

まずは、リモコン片手に、オーダーを取ります。

娘「いっらっしゃいませ!」

私「こんにちは」

娘「今日は、何にしますか?」

私「お魚と、コーヒーと、ご飯を下さい」

娘「え~っと、お魚は今日はありません。」

私「じゃあ、何があるのですか?」

娘「お肉とか、じゃがいもとか、おにぎりとか、です」

私「お肉ください」

娘「わかりました。お肉と、コーヒーと、お魚ですね!ぴっ、ぴっ、ぴっ(端末を操作している音)
  では、少々お待ちください」

 こんな感じで、役割を交替して、やってます。わりと正確に再現するので、感心させられます(笑)。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-, ,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.