アップグレードポイントを使ってビジネスクラスにアップグレード成功

ANA上級会員 トラベル・ホテル

ビジネスクラスに乗ってみたいけど、ANAのアップグレードポイントって使えるのかな?

ラッキーな、ビジネスクラスへのアップグレードってあるのかな?

 

この記事では、そんな疑問にお答えします。

まずは結論から言うと、

僕は、どちらも成功した経験があります。

ANAのアップグレードポイントを使って、当日東京→ロサンゼルスのアップグレードをゲット。

ホノルル→東京のユナイテッド航空で、ラッキーなインボラアップグレードでエコノミーからビジネスクラス。

ただし、2番目はもう20年も前の話です。最近では、ラッキーなインボラアップグレードはほとんどありません。

 

 

ANA国際線ビジネスクラスに乗るには、大きく分けて4つのコースがあります。

 

  • ①正規料金で買う
  • ②anaマイルを無料特典航空券(ANA国際線ビジネスクラス)に交換する
  • ③エコノミー・プレミアムエコノミーの航空券を買い、それをANA国際線ビジネスクラスにアップグレードする
  • ⓸アップグレードポイントを使ってビジネスクラスにアップグレードする

 

といったところです。

 

①と②は、説明するまでもないと思います。
今回のブログでは、③と⓸の方法を詳しく説明します。

■ダブルアップグレードポイントを使ってビジネスクラスにアップグレード

アップグレードポイントとは

獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のana上級会員(プレミアムメンバー)にプレゼントされる特別なポイントです。

私は、今年44アップグレードポイントを獲得しました。

アップグレードポイントで利用できるサービス

1:座席クラスのアップグレード

国内線の場合プレミアムクラスへは一律4アップグレードポイント、

国際線の場合ビジネスクラス欧米路線の場合10アップグレードポイント、ファーストクラス欧米路線の場合は20アップグレードポイントこれが一番お得です

前提として、国際線の場合はアップグレード対象の予約クラスのチケットでないといけません。

 

2:ANAラウンジの利用

「ブロンズサービス」メンバー、プレミアムメンバー本人様と一緒にラウンジへ入室する同行者がラウンジへご入室いただく場合に利用できる

国内線のanaラウンジ利用で、2 アップグレードポイントが必要。国際線のANA LOUNGEは、3アップグレードポイントが必要。

 

3:アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換

アップグレードポイント1ポイントを、1,000 ANA SKY コインへ交換できます。期間限定キャンペーンといいつつも、実は毎年実施しています。

 

ダイヤモンド会員の特典「アップグレードポイント利用について」

ダイヤモンド会員特典で、特別なアップグレードポイントの使い道があります。

2倍のアップグレードポイントを使えば、どんな予約クラスの航空券でも
上位の席(ビジネスクラス、ファーストクラス)が当日空いて、食事などのサービスが提供できる場合に限り、アップグレードできるという特典があります。

実際に、私は2019年、成田→ロサンゼルスのビジネスクラスをゲットしました。

以下、証拠の画面キャプチャー。

 

■ダブルアップグレードポイントの実際の使い方

・事前準備

事前にダイヤモンドデスクに電話して、
2倍アップグレードポイントを使って、ビジネスにアップグレードしたい旨を予約する。

当日のカウンターでないと分からないと言われる。

(この電話の段階では、まだアップグレードポイントがなくても良い、仮予約みたいな感じ)

 

・搭乗日

当日、いちばん大事なのは、とにかく早くカウンターに行くこと

私は、別件で仕事もありましたので、出発4時間前にHカウンターにいきました。

ドキドキしながら、

ビジネスのダブルアップグレードポイントをお願いしていたのですが…

どうなりましたか?

 

と、その瞬間。

カウンター嬢の顔色がしゅっと変わり、

何やら、後ろの上司とひそひそ打ち合わせ。

 

そして、数分後、

ビジネスクラスのお席が確保できました。20アップグレードポイントのご利用でよろしいでしょうか?』

 

おおっ内心小躍り!

 

『分かりました、お願いします』

 

ということで、

アップグレードポイント成功です。

 

・復路

帰りのロサンゼルス→羽田は
ビジネスクラスに団体旅行が入って満席だったみたいで、
ダメでした。

でもプレミアムエコノミーには、無償アップグレードできました。

 

特典航空券の席と、アップグレードが許される席の数は、共有されていて、

ビジネスクラスの席に空きがあったら、

満席になるまで、どんどん入れてくれるというものではないようです。

当たり前か!

 

・anaビジネスクラス体験記(成田→ロサンゼルス)

食事は和食のコースを選択しました。

(成田でANAスイートラウンジ初体験で調子に乗って食べまくり、飛行機に乗った時点で満腹、残念な感じ)

 

 

そして、朝食

本当は、軽食も制覇したかったのですが、全然無理でした!

空の上のトンコツ「そらとん」、コク極まる味噌「大地」、南瓜のニョッキとミモレットあたりが食べれたはず。

 

シートは、スタッカードシート。

 

写真がわかりにくくて申し訳ないですが、

フルフラットでとっても快適でした。

 

■エコノミー・プレミアムエコノミーの航空券を買い、それをANA国際線ビジネスクラスにアップグレードする

私は2018年6月に、米国ロサンゼルスへの出張があり、
当時ANA国際線の知識を何ももたずに、ANAのページで、一番安いエコノミーのチケットを買いました。

そして、
まあ、ダイヤモンド会員だし、しかも、anaのサイトから直接買ったチケットだから、
貯まっているマイルで、ビジネスにアップグレードできるんだろうな、と。

わくわくしながら、いろいろアップグレードの仕方を調べて愕然としました。

一番安いエコノミークラスのチケットでは、そもそもアップグレードの対象にならない。

これ、素人には盲点です。

 

対象予約クラス

あらかじめ特典をご利用になる全区間のご購入済み航空券をご用意ください。

アップグレードをお申し込みいただく路線は下記対象予約クラスでご購入いただく必要があります。

 

G/E/Y/B/M/U クラス

(以上、ANA公式HPより)

 

ちなみに、私が買ったのは確かLか、Kです。

 

ですので、

  • エコノミーの航空券を買い、それをアップグレードする

 

2016年10月5日搭乗分より

予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
Y、B、M 100%
U、H、Q 70%
V、W、S、T 50%
L、K 30%

 

そして、

ビジネスクラスへのアップグレードの支払い手段は、ANAマイルと、anaアップグレードポイント(上級会員の場合)の2つがあります。

 

それぞれ、行き先エリアごとに、必要マイル・アップグレードポイントが定められていますので、詳細はanaのホームページをご覧ください。

もう一点大事なのは、チケット購入時に、ビジネスクラスのアップグレードに空席があるかを一緒に調べてから、チケットを買う。

分からなかったら、電話で依頼するのも最終手段ですね。有料になりますが。

追記、
anaダブルアップグレードポイントは、無料特典航空券からの変更・アップグレードには使えません

 

■私の2018年アップグレードポイント利用実績

①上記、成田→ロサンゼルスのダブルアップグレードポイントで20ポイント

②羽田→千歳のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

③松山→羽田のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

④羽田→千歳のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

⑤福岡→那覇のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

⑥羽田→宮古のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

⑦宮古→羽田のプレミアムクラスへアップグレードで4ポイント

合計44ポイント利用。

 

プレミアムポイントをたくさん獲得して、プラチナ会員や、ダイヤモンド会員になるためには、有償でプレミアムクラスに乗った方がよいわけなんで、

そのためには、全てのポイントをスカイコインに交換するのもありですね。

ダイヤモンド会員を目指す方は、こちらの記事を。

 

ANA法人カードで、速攻でダイヤモンド会員になる5つのステップ