(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ 経理・経理事務本の紹介

『図解 内部統制のための連結決算業務プロセスの文書化―日本版SOX法対応』三浦 直樹・中田 清穂(著

更新日:

『図解 内部統制のための連結決算業務プロセスの文書化―日本版SOX法対応』三浦 直樹・中田 清穂(著)

出版社: 中央経済社 (2006/09) ASIN: 4502266205

目次

1 内部統制とは
2 連結決算業務プロセスと内部統制
3 連結決算業務プロセス文書化プロジェクトの概要
4 フェーズ1:現行業務プロセスの文書化
5 フェーズ2:改善課題の抽出と対応案の検討
6 フェーズ3:新業務プロセスの文書化
7 文書化プロジェクトの業務プロセス文書
8 文書化プロジェクトの推進体制と標準的な実施期間

◆日本の内部統制法制の動向(p-8

◆連結決算業務プロセス文書化プロジェクトは3つのフェーズからなる

◎フェーズ1:現行業務プロセスの文書化

◎フェーズ2:改善課題の抽出と対応案の検討

◎フェーズ3:新業務プロセスの文書化

◆外部コンサルタントを選ぶポイント

①同種のプロジェクト経験

②連結決算業務の知識

③現行連結システムの理解

◆現行業務の一覧化

◆現行業務手順の確認(インタビュー時の留意点)

◎ポイント

『改善課題や対応案は、「記録はとるが議論しない」ことがポイント』

◆現行業務プロセスの文書化 現行帳票の一覧化

②帳票の作成者と保管場所の把握

『特に重要となる帳票は「ハンド帳票」つまり、情報システムから出力された帳票ではなく、
担当者が手作業で一から作成していたり、あるいは情報システムから出力された帳票など
を加工して作成している帳票です。』

◆現行業務プロセスの視覚化

「業務フロー」は、「業務手順書」をもとに作成します

◆WEBブラウザーによる業務プロセス文書の参照

◆インタビューメモの作成要領(p-135

★最初は本屋さんで、今どきの話題かなぁと、軽い気持ちで手に取り、

パラパラと眺めていたんですが、

というのも、連結決算には、個人的にあまり興味が湧かないもので。

しかし、

なんか、オーラを感じるというか、

スッゴイ、プロフェッショナルのノウハウ満載だと思います。

コンサルタントの丸秘ノートといった、感じです。

連結決算以外でも、

経理業務のマニュアル化や、

業務フローの作成、

あるいは、

RFPの作成など、有効活用できそうです。

本日は、この辺で。

 

 

 

弥生会計19をおすすめする理由は、会計システム売上実績No1!

おすすめ記事

-教えて会計ブログ, 経理・経理事務本の紹介
-,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.