プラネット式IT起業で成功する方法

書評

『プラネット式IT起業で成功する方法―業界「標準化」で高収益を続ける驚異のしくみ』玉生 弘昌(著)
出版社: 東洋経済新報社 (2006/11) ISBN-10: 4492501649

目次

 第1章 創業前夜、アイデアをチャンスに変える。
 第2章 会社設立、そして認知されるまで。
 第3章 強いベンチャーになるための試練と決断。
 第4章 上昇期、業界への貢献を目指して。
 第5章 隆盛期、増えるユーザーと増える要望。
 第6章 大きな失敗と、そして教訓。
 第7章 上場、その意味と効果。
 第8章 成熟期、インターネット時代に目指すもの。
 第9章 提言、いまどう動けばいいのか。

 『企業は社会のためになる製品やサービスを提供してこそ存在価値があるものです。
  もちろん、利益を上げることは会社存続のために大切なことです。利益を出して株主に配当として還元することも
  必要です。ただ、それだけが企業活動のミッションではありません。
   何よりも、よりよい製品やサービスを提供し、社会から喜ばれて社会に認知されることこそが、企業の最も
  重要な使命なのです。』

 『 話は変わりますが。プラネットの若い社員には、
  「本を1000冊読みなさい」
  と勧めることにしています。ITの分野はものすごいスピードで変化しています。そのスピードについていくためには、
  常にたくさんの情報をウオッチングしている必要があるからです。
   情報は、まず本です。
   1000冊を1年で読むのはムリでしょうから、10年、あるいは15年でもいい。とにかく1000冊読んだ
  人と読まなかった人でとでは、その間、知識レベルに大きな差がつくはずです。
   みなさんもぜひ1000冊に挑戦していただきたいと思います。』

◆時代の変化を読むことでアイデアが生まれる

 『 プラネットの構想は、私がライオンに勤めているときに発想したものです。目的は、ライオンも含めた
  日用雑貨業界のメーカーや卸店の受発注の効率化でした。
   手作業で処理している伝票の整理を簡略化して、作業効率をあげたい。
   電話やFAXが主体になっている受発注を、データ交換で行ったらどうだろう。
   データが収集できれば、商品の流れがわかり、マーケティングに生かすこともできるだろう。
   これをメーカーも卸店もそれぞれがn対nで行うために必要なことはひとつ。「標準化」である。
   プロトコルやフォーマット、商品コードなどを統一すれば、煩雑な処理は相当軽減されるだろう。・・』

◆テクノロジーよりも大事なものがある

 『 ITで起業しようと思ったら、まずテクノロジーを知らなければならない、そして標準を知らなければならない、
  そして何よりも、誰を味方にするか、業界の仕組みはどうなっているかというパワーバランスを知らなければ
  ならない、ということを、私自身この時期に学んだのでした。』

◆私的な研究会が自由な発想を生み出す

 『 本当に斬新な案を創り出せるのはインフォーマルな組織のほうが適していると思います。』

 『大事を成し遂げるときに、何があっても絶対に裏切らない人がいるということは、実にありがたいことです。
  あるいは、これは絶対に必要な条件なのかもしれません。
   その人が、その場面にいなくても、それについての知識がなくても、影響力がなくてもいいのです。
  信じてくれる人がいるというだけで、初志貫徹ができるのです。』

◆誠心誠意がやかて仕事を運んでくる

◆役立つサービスだけがユーザーに喜んでもらえる

◆遅れている部分はアイデアでカバーする

◆大企業ほどシステムが遅れている

★創業から20年、増収増益のペースを維持し、2006年7月期決算では、経常利益率がなんと20%ということです。
 日用雑貨業界の主要8社と卸売業者との間の受発注を電子的に行うことで、事業をスタートし、
 今では、メーカー326社、資材サプライヤー247社、卸売業者472社を合わせた1045社が利用する、
 巨大ネットワークを構築しています。

 先見の明のある起業家であり、かつ、賢明・健全な企業家という、印象を持ちました。
 こんご、IT業界で起業したいという方には、ぜひ、お勧めです。

本日は、この辺で。

 

編集後記

最近、上の子(ぶーちゃん)が早起きで困っています。

昨日は、私が起きた直後、5時半にトコトコ置きだしましたし、

今日は、ないかな、と思っていたら、6時に起きてきました。

何が困るかというと、

一人で入れない、寂しがり屋なので、

シャーワーを浴びたり、仕事へいく支度ができないことです。

今日などは、

「出かけるな! 会社は、遅刻すれば、いいじゃん」

という始末です。

朝、会えるのは嬉しいですが、勘弁してください!!