魔法の電話術?

書評

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=himico04c-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4756908705&linkId=e96ac19a7534e7c369a86b41ff11131a&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

 

本日の1冊です。
浦野啓子著「魔法のビジネス電話トレーニングブック」明日香出版社、¥1575-です。4756908705

目次
一章 あなたは電話のプロ!声を磨け
二章 悩殺!先手の一言で魅了する
三章 トラブル回避の第一歩!「聞き抜く」技術
四章 1ランク上のビジネス電話をめざす
五章 イラつく「客」には・・・・休み時間のリラックス法

★びみょうですが、一風変わった本です。43分のCD付きで、しかも曲のプレゼントまであります!凄い!
対象は、電話が苦手、あるいはビジネス電話がどんなものか想像もつかないという、新人さん向けです。
私は営業系の電話の参考になるかと思いましたが、営業系の参考には、ほとんどなりません。
もちろん、基本は同じなのでしょうが。

◆思いっきり声を出すトレーニングをしよう

◆マル秘!ウラノ式イイ声練習法

◆「いい声師匠」をつくろう
◎電話の声のいい人を探して刺激を受けるのが一番
→通販会社のコールセンター、一流デパートの受付など

◆愛想よさと爽やかさを同時に出すには
◎姿は見えなくても、笑顔で応じることが大事

◆無理にでも自分のテンションを上げるコツ

◆会話にテンポを作ってみよう

◆カラダでリズムをとってみよう
◎音楽を聞きながら、ノリのいい自分を演出するのが一番です。

◆思う存分話しをさせる技術
1、相手の目を見ながら話しを聞くことができる
2、話しの合間に相づちをうっている
3、姿勢は前かがみ
4、ジェスチャーを使って受け答えをしている
5、相づちの声は内容によって、ボリュームの上げ下げをする

◆つい上ずる気持ちと声を抑える術
◎やっぱり腹式呼吸

◆話しを思いのままに「誘導する」技術

◆見えない相手に見せる気遣い

◆殴れ!殴れ!殴り倒せ!

★私は、電話はどちらかというと苦手です。あるいは、でした。
社会人になって、修行のような、「TEL打ち」により鍛えられ、少しはまともな電話をかけられるようになりました。
ちなみに一日に100件ぐらい毎晩電話をしました。個人宅なので、怒られることもありました。
でも失敗することによって、怒られない表現を身に付けるということもあるのだと思います。

今でも、電話はあまり好きではないので、要件だけお伝えし、短い電話で済まない場合は、
なるべくご訪問致します。

本日は、この辺で。

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=himico04c-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4756908705&linkId=e96ac19a7534e7c369a86b41ff11131a&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>