来店不要、PCスマホで申込可、横浜銀行カードローンの始め方

カードローン

今回は、地銀トップの横浜銀行のカードローンを選びました。

サッカー日本代表の長友選手が、ホームページにでている横浜銀行カードローンのメリット・デメリットについて、一緒に見ていきたいと思います。

 

横浜銀行のホームページでは、「来店不要、PCスマホで24時間申込可」となっています。

最高1,000万まで融資、金利は1.5〜14.6%、もはやビジネスローンよりこちらの方が良いのではないか?といいたいところですが、

資金使途で、「事業用には使えません」という文言があります!

 

「横浜銀行カードローン」の基本スペック

横浜銀行ビジネスローンの特徴は、以下の通りです。

商品名 「横浜銀行カードローン」

特徴:金利1.5〜14.6%、借入できる金額10万円以上1,000万円以下(10万円単位)、来店不要、審査結果は最短で翌日にご回答、担保不要

 

ポイントサイトのモッピー経由で申し込むと、

今なら、2,000円分のポイントが貯まる(2019年11月11日現在)

モッピー経由の申し込みはコチラから

 

「横浜銀行カードローン」の商品内容は、以下の通りです。

来店不要でお借入可能。

お近くの横浜銀行ATM、コンビニ等のATMで必要なときにすぐに借りられる便利なカードローンです。

横浜銀行とお取り引きがなくてもお申し込みになれます。

 

ご利用になれる方

以下条件をすべて満たす方。

 

1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方

2.安定した収入のある方、およびその配偶者

(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)

3.次の地域に居住またはお勤めの方

神奈川県内全地域

東京都内全地域

群馬県内の以下の市

前橋市、高崎市、桐生市

4.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方

5.横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

 

お借入限度額

10万円~1,000万円(10万円単位)

 

お使いみち

事業用資金以外にご利用になれます。

 

お借入方法

当座貸越

 

ご契約期間

1年(1年ごとの自動更新)

※満70歳以降はあらたなお借り入れはできません、ご返済のみのお取り引きとなります。

 

金利(保証料を含む)

お借入限度額に応じて以下のとおりです。

お借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

(2019年8月27日現在)

※金利は変動金利です。金融情勢等により随時見直しします。

 

金利の計算方法

付利単位を100円とし、毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)に、その前日までの分について所定の利率・方法により利息を計算し、お借入元本に組み入れます 。

 

ご返済方法

定例のご返済

定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)となります。

前月の定例返済後のお借入残高に応じて、以下の金額を当月定例返済日にご指定の預金口座から自動的にお引き落としします。

前月の定例返済後の
借入残高※1
定例返済額 前月の定例返済後の
借入残高※1
定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の
借入残高※1※2
300万円超350万円以下 40,000円
2千円超10万円以下 2,000円 350万円超400万円以下 45,000円
10万円超20万円以下 4,000円 400万円超450万円以下 50,000円
20万円超30万円以下 6,000円 450万円超500万円以下 55,000円
30万円超40万円以下 8,000円 500万円超600万円以下 60,000円
40万円超50万円以下 10,000円 600万円超700万円以下 65,000円
50万円超100万円以下 15,000円 700万円超800万円以下 70,000円
100万円超150万円以下 20,000円 800万円超900万円以下 75,000円
150万円超200万円以下 25,000円 900万円超1,000万円以下 80,000円
200万円超250万円以下 30,000円 1,000万円超 85,000円
250万円超300万円以下 35,000円

※1 前月の定例返済日にお借入残高があり、かつ定例返済がない場合は、前月の定例返済日のお借入残高とします。

※2 2千円を上限として前日までの利息を含みます。

 

随時のご返済

定例のご返済に加え、横浜銀行のATM、コンビニ等に設置のセブン銀行、イーネットならびにローソン銀行の各ATMで随時ご返済ができます。

※イオン銀行のATMでは、ご返済はできません。

 

ATMでご返済の場合、現金のみのお取り扱いとなります。インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)でご返済の場合、返済指定口座からの返済となります。

一部返済

横浜銀行またはコンビニ等のATM、インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)で、元金を随時に返済できます。

横浜銀行またはコンビニ等のATMで返済する場合は「横浜銀行カードローン」カードが必要となります。

随時に返済された場合も、定例返済のお引き落としがあります。

ATMお取扱時間:平日0:00~24:00

(ATMによっては、上記のお取扱時間と異なる場合があります。また、システムメンテナンスにより、24:00前後にご利用になれない場合があります。)

全額返済

横浜銀行のATM、インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)で、元金と利息の全額が返済できます。

横浜銀行のATMで返済する場合は「横浜銀行カードローン」カードが必要となります。

コンビニ等のATMではご利用になれません。

定例返済がお済みでない場合、ATM・インターネットバンキングでの全額返済はご利用になれません。

ATMでは、元金と利息の合計が100万円以下の場合のみご利用になれます。

ATMお取扱時間:平日0:00~24:00

(ATMによっては、上記のお取扱時間と異なる場合があります。また、システムメンテナンスにより、24:00前後にご利用になれない場合があります。)

担保・保証人

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証しますので、担保・保証人とも不要です。

 

入会金・年会費

無料です。

以上、横浜銀行ホームページより

「横浜銀行カードローン」の借り入れ可能エリアについて

次の地域に居住またはお勤めの方

神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市(前橋市、高崎市、桐生市)

「横浜銀行カードローン」の保証会社 について

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

 

横浜銀行「横浜銀行カードローン」のメリット

1、500万借りても、月の返済額が55,000円と、資金計画が柔軟に考えられる。

もちろん、金利もあるので、月額支払いを抑えると、総支払額は増えますが、起業当初は必ずしも資金繰りは、計画通りにいかないもの。

そんな時に、少しでも、月の返済額は少ないのは助かります。

 

 

2、使い道自由、枠内であれば何度でも借りられるカードローン融資であること。

ご利用限度額の範囲内でいつでも利用可能となっています。

複数の借入をまとめることも可能です。その結果、金利が低ければ、月額返済額が少なくなる場合もあります。

 

 

3、申込・契約に来店が不要で楽。

横浜銀行に口座がなければ口座開設が必要です。

 

 

ポイントサイトのモッピー経由で申し込むと、

今なら、2,000円分のポイントが貯まる(2019年11月11日現在)

モッピー経由の申し込みはコチラから

 

はま銀「横浜銀行カードローン」のデメリット

1、契約期間が1年(自動更新)と短い点。

カードローンはだいたい同じ感じですね。

恐らく信用情報に何も問題なければ、自動更新です。満70歳以降はあらたな借り入れができません。

 

2、返済額に関するお知らせが自宅に送られてくる。

家族に隠れて借りている場合は問題ですね。

ただし、〈はまぎん〉マイダイレクト (インターネットバンキング)にてローン商品のお取引明細表等を電子交付に切り替えた場合、郵送しないとのこと。

 

 

 

来店不要、PCスマホで申込可、横浜銀行ビジネスローンの始め方

【利用者】 WEBで申込(指定の電話番号に確認の連絡)。

【横浜銀行・保証会社】 審査

書類提出に関するお知らせをSMS(ショートメッセージサービス)にてお送りします。

以下の書類をアップロード・郵送・FAXのいずれかの方法でご提出ください。

ご本人確認書類

有効期限内もしくは現在有効で、かつ氏名・住所・生年月日が記載されている次のいずれかの書類をご用意ください。

運転免許証【表面・裏面の両面】

健康保険証【お名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面】+住民票または公共料金等の領収書の写し(現住所の記載があるもの)

パスポート【顔写真および住所記載のページ】

マイナンバーカード(個人番号カード)【表面のみ】

在留カード(永住権の記載があるもの)・特別永住者は特別永住者証明書

収入証明書

ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は、現在の収入が確認できる次のいずれかの書類をご用意ください。

源泉徴収票

納税証明書(税務署の発行印があるもの)

確定申告書(税務署の受付印があるもの)

住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

【横浜銀行】 指定の電話番号に電話で審査結果を連絡

【利用者・横浜銀行】 契約手続き。契約書類を郵送またはFAXで提出。

【利用者】 【横浜銀行】カード発行・ご利用開始「横浜銀行カードローン」カードを自宅に郵送、カード到着すれば利用できる。

※横浜銀行の口座をお持ちでない場合は、口座開設が必要。

 

はまぎん「横浜銀行カードローン」のまとめ

「横浜銀行カードローン」の借り入れ可能エリアは、神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の以下の市(前橋市、高崎市、桐生市)

横浜銀行「横浜銀行カードローン」のメリットは、以下の通り。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

  • 500万借りても、月の返済額が55,000円と、資金計画が柔軟に考えられる。
  • 使い道自由、枠内であれば何度でも借りられるカードローン融資であること。
  • 申込・契約に来店が不要で楽。[/st-mybox]

 

逆に、横浜銀行ビジネスローンのデメリットは。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1、契約期間が1年(自動更新)と短い点。

2、返済額に関するお知らせが自宅に送られてくる [/st-mybox]

 

結論、

ビジネスローンを検討している、社長・フリーランス・自営業の人は、まず申し込むべき。

事業用途には使えませんが、金利安いので、給料を止めるとか、やり方あるかもしれません。

枠が大きいのも、魅力!

 

ポイントサイトのモッピー経由で申し込むと、

今なら、2,000円分のポイントが貯まる(2019年11月11日現在)

モッピー経由の申し込みはコチラから

(モッピーに登録後、「横浜銀行カードローン」で検索)

 

横浜銀行「横浜銀行カードローン」

 

 

銀行系カードローンは初心者におすすめな3つの理由|低金利・安心