ジャパンネット銀行のカードローンは、初めてだと30日間は無利息

カードローン

 

今回は、ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」(カードローン)のメリット・デメリットについて、一緒に見ていきたいと思います。

 

ジャパンネット銀行のホームページでは、『「ネットキャッシングアプリ」でスピーディーなお借り入れをサポート』とあります。

 

1,000万円まで融資、金利は1.59〜18%、来店不要で手続き完結できます。

 

「ネットキャッシング」の基本スペック

ジャパンネット銀行カードローンの特徴は、以下の通りです。

商品名 「ネットキャッシング」

 

特徴:金利2.9〜14.5%、借入できる金額10万円以上1,000万円以下(10万円単位)、来店不要、担保不要、「ネットキャッシングアプリ」から借入可能。

 

「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」の商品概要は、以下の通りです。

 

ご利用いただける方

次の条件をすべて満たす方

 

お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方(注1)

お仕事をされていて、安定した収入のある方(注2)

当社に普通預金口座をお持ちの個人の方(注3)

一定の審査基準を満たし、当社の指定する保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方(注4)

(注1)お借り入れは満73歳となる誕生月の翌月1日までとなります。以降、新たなお借り入れはできません。

(注2)配偶者に安定した収入があればお申し込みいただけます。

(注3)お持ちでない方は同時にお申し込みいただけます。法人・営業性個人口座ではネットキャッシングをご利用いただけません。

(注4)お客さまで担保・保証人をご用意いただく必要はございません。

 

使途

自由(ただし事業資金は除く)

 

契約期間

3年(ネットキャッシング規定に基づき自動更新します)

 

年会費・手数料

不要です。(契約後、ご利用がない場合でも、費用は発生しません)

 

ご利用限度額と適用金利

適用金利はご利用限度額によって決定します。

 

ご利用限度額について

ご契約後にも、定期的なご利用限度額の見直しを行っておりますので、変動する場合がございます。

ご利用限度額変更により適用金利も変更となる場合があります。

 

適用金利について

金利は年利率で表示しています。

金利は変動金利であり、金利情勢により変更となる場合がございます。返済途中であっても、金利変更日の当日よりお借入残高すべてに新たな金利が適用されます。

カードローン、クレジットラインからネットキャッシングに切替契約をした場合、適用される金利が異なることがございます。

 

ご利用限度額 金利(%)
1,000万円 1.59
900万円以上1,000万円未満 3.0
800万円以上900万円未満 3.5
700万円以上800万円未満 4.0
600万円以上700万円未満 5.0
500万円以上600万円未満 5.5
400万円以上500万円未満 6.0
300万円以上400万円未満 6.5
250万円以上300万円未満 8.0
200万円以上250万円未満 10.0
150万円以上200万円未満 12.0
100万円以上150万円未満 15.0
100万円未満 18.0

 

借り方

ログインし、借入操作を行っていただきます。

借入操作後、即時でお客さまのジャパンネット銀行の普通預金口座に入金されます。

 

借り方

 

自動融資・振込時自動借入

自動融資

口座自動振替の引落時、Visaデビット利用時、提携ATM出金時に普通預金残高が不足していた場合、不足額を自動で借り入れお取引ができます。

振込時自動借入

振込時に普通預金残高が不足していた場合、不足分を自動的に借り入れて振り込みを行います。

残高不足サポート機能

 

返し方

約定返済日

毎月1~28日、月末のいずれかからお客さまご自身で設定していただきます。

返済方法

約定返済日当日に、お客さまのジャパンネット銀行の普通預金口座から自動引き落としを行います。約定返済日の前日までに普通預金口座へ返済額をご入金ください。

約定返済額

毎月の約定返済日前日の最終借入残高に応じて、決定いたします。

 

利息の計算方法

利息計算方法は、毎日のピーク残高に対し付利単位100円、1年を365日(うるう年は366日)とする両端入れの日割計算です。お借入当日にご返済いただいた場合も1日分の利息がかかります。

 以上、ジャパンネット銀行ホームページより抜粋

「ジャパンネット銀行カードローン」の借り入れ可能エリアについて

 

日本全国

 

「ジャパンネット銀行カードローン」の保証会社 について

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

 

ジャパンネット銀行「ジャパンネット銀行カードローン」のメリット

1、初めての借入から30日間、何回借りても利息ゼロ円

 はじめての借入日から30日間は無利息です。せっかくなら、少額を借りるよりも、大金額を借りたほうが得ですよね。

期間内なら何度借りても無利息なので、計画的にりようしまっしょう。

仮に、利用限度額の全額を借りて、30日内に全額返しても、無利息です。

だから、リスクはなし、利用者にはトクしかないので、やるしかないですね。

 

  2、金利が1.59〜18%と、最低金利が低い

銀行系カードローンの場合、上記のように金利が「◯%~◯%」と書かれてても、

利用限度額等の多い少ないで、利用者の金利が決まります。だから、実際に審査を受けてみないと、金利が何%かわからない。

あと、審査に通らないのではと心配して、固い線で申し込みするのはもったいない。

100万円で審査が通ってもそれを全額利用しないといけないわけじゃないので「枠」を確保しているだけだから。

とりあえず、審査を受ける、大きい金額で申し込むのはアリ。

 

 3、申込やすい

ローンカード無し、郵送物なしなので、家族にバレない。

さらに、ネットキャッシングアプリをご利用いただくと、

審査の状況を確認することができます。しかも最短60分で、仮審査結果がわかる。

在籍確認の電話をする際には、ローンに関するお電話であることは、わからないよう配慮。

(在籍確認とは、審査時に、届けでの勤務先に在籍されているかを確認するため、電話すること)

 

 

「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」のデメリット

 1、上限金利が18%と高い

 

銀行系カードローンは、一般的に15%ギリギリにおさまる、

金利を設定しているケースが多いです。

ジャパンネット銀行は、18%これは、かなり高い部類です。

ただ、実際には、審査で金利が決まるので、

複数の銀行系カードローンの審査を受けて比較するほかないかもしれません。

 

 

ジャパンネット銀行カードローンの始め方

【Web契約型】の場合

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

【利用者】 申し込み(PC・スマホアプリから365日、申込みできます。)

【利用者】 本人確認資料の提出(PC・スマホから画像アップロード)

【ジャパンネット銀行】 仮審査・本審査(メールで通知)

【ジャパンネット銀行】 借り入れスタート

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)にて、自宅に書類を郵送します。

[/st-mybox]

 

「ジャパンネット銀行カードローン」のまとめ

「ジャパンネット銀行カードローン」の借り入れ可能エリアは、日本全国! 

ジャパンネット銀行「ジャパンネット銀行カードローン」のメリットは、以下の通り。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1、初めての借入から30日間、何回借りても利息ゼロ円

2、金利が1.59〜18%と、最低金利が低い

3、申込やすい[/st-mybox]

 

逆に、ジャパンネット銀行ビジネスローンのデメリットは。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

1、上限金利が18%と高い

[/st-mybox]

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

結論、

「ネットキャッシング」は、スマホアプリで借り入れができるのでお手軽です。

下限金利は、低いのですが、逆に上限金利は高いので、

気になる人は、まずは、審査の申込ですね。

[/st-mybox]

 

余談ですが、

ジャパンネット銀行のサイトの4コマ漫画、かりいれ君が面白くて、

しかも、銀行系カードローンの勉強になります。

 

 

都銀で新規法人の銀行口座が作れない、ジャパンネット銀行か信金!