会計ソフト、クラウド会計システムのご紹介・ご提案

(株)ヒミコ公式ブログ

クラウド会計ソフト

クラウド技術で会計も変わる!弥生会計オンラインで変わる経理業務!

更新日:

クラウド技術の進化によって、ソフトの在り方も変わってきています。その変化は会計ソフトの世界でも同じ。

しかし、クラウドによって変わったといっても、どのような部分が変わったのか分からないという人もまだまだ少なくないようです。

そこで、今回は弥生会計のクラウド版。弥生会計オンラインについて紹介していきます。

 

 

1.パッケージ型会計ソフト会計ソフトとクラウド会計ソフトの違いとは?

従来の会計ソフトといえば、パッケージ型会計ソフトのイメージが強いと思います。

パッケージ型会計ソフト会計ソフトとは、ソフトを購入し、自分でパソコンにインストールして使っていくというものです。一方のクラウド会計ソフトの場合、パソコンにソフトをインストールする必要がありません。

インターネットに接続さえできれば、どこでも簡単にログインができるようになっているのです。

また、データの保存場所も違ってきます。パッケージ型会計ソフト会計ソフトの場合、基本的にソフトをインストールしたパソコンの中に会計データは保存されます。クラウド会計ソフトの場合、クラウド上に保存されているので、万が一パソコンが壊れてしまっても、データの心配をする必要がありません。つまり、面倒なバックアップ作業が必要ないということ。しかし、クラウド上にデータを保存するということに対して、セキュリティ面での不安を感じる人もいます。その点は、クラウド会計ソフトを提供している企業も分かっていて、充分なセキュリティ対策を行っているので、必要以上の心配は無用だといえるのが現状です。

クラウドの特性上、いつでも最新のセキュリティ状態を保てるというメリットもありますし、ソフトは常に自動でバージョンアップを繰り返しています。

このような特徴は、パッケージ型会計ソフトにはなかった点だといえるでしょう。

 

 

2.弥生会計オンライン3つの強み

上記で紹介したパッケージソフトとクラウドソフトの違いは、ほんの一部分でしかありません。

そこで、ここではクラウド会計ソフトの強みをより詳しく紹介していきたいと思います。

・入力の自動化

・経理専門知識が不要

・会計事務所との連携がスムーズ

今回紹介するのは、弥生会計のクラウドソフト。弥生会計オンラインです。弥生会計といえば、クラウド会計ソフトがない時代から、パッケージソフトとして大きなシェアを誇ってきました。その弥生会計も、時代のニーズに応える形でクラウド会計ソフトの分野に進出したのです。

では、早速、弥生会計オンラインの強みについて紹介していきます。

・入力の自動化

弥生会計オンラインには、スマホで撮影したレシートや領収書を自動で仕訳してくれるという機能があります。これによって、領収書を見ながら入力するという手間がなくなりました。

記帳は単純な作業ですが、それなりに時間と手間がかかってしまいます。これらを自動で仕訳することによって、経理業務を大幅に軽減することができます。

領収書やレシートをもらった時にスマホで撮影してアップするだけなので、気軽にできますし、財布の整理をする時に簡単にできるのは大きなメリットといえるでしょう。

・専門知識が必要ない

弥生会計オンラインは、簿記の知識がなくても簡単に操作することができます。日付や金額といった基本的な情報を入力するだけなので、初心者でも簡単に使えるのです。

つまり、経理に詳しい人を雇わなくてもいいということ。

・会計事務所との連携がスムーズ

弥生会計は会計ソフトの中でも、トップクラスのシェアを誇っています。そのため、弥生会計を使っている会計事務所も多く存在しているのです。頼んでいる会計事務所が弥生会計を使っていれば、連携が非常にスムーズに行えるので、必要以上のやり取りは不要となります。ビジネスにおいて、スピードは大きな武器になるので、この強みは決して小さなものではないはずです。

 

 

3.弥生会計のパッケージとクラウドの違いとは?

これまでに紹介してきたように、弥生会計はパッケージ版のソフトも販売しています。

そこで、気になってくるのがパッケージとクラウドの違いです。ここでは二つの違いについて紹介していきます。

まずは、気になる費用から比較していきましょう。

パッケージ版は以下のような料金設定になっています。(全て年額)

セルフプラン   12,960円

ベーシックプラン 12,960円

トータルプラン  21,600円

続いてクラウド版の料金設定です。(全て年額)

セルフプラン    8,640円

ベーシックプラン 12,960円

無料で使える「やよいの青色申告 オンライン」

費用面では上記のような違いがあります。

続いて、台数制限を見ていきましょう。

パッケージ版の場合、購入したソフトが1つにつきパソコン2台までの使用が可能となっています。

一方のクラウドは台数の制限がありません。極端な話、社員全員が使用しても問題ないのです。

そうなると、社員全員が自分の取引を入力することによって、経理業務の分散と軽減が可能になります。

最後に、機能面も比較してみましょう。

機能面での違いはあまりないのですが、クラウドの場合、出納帳と伝票の入力に対応していません。

パッケージとクラウドには、上記のような違いがあります。

 

 

まとめ

会計ソフトの導入を検討している。

クラウド会計ソフトに興味がある。

このような人は、弥生会計オンラインを検討してみてはどうでしょう?

弥生会計は、会計ソフトの中でも大きなシェアを誇っていて、積み重ねてきた実績とノウハウがあります。

日々、進化していくクラウドという分野でも、その実績とノウハウは必ず力になるでしょう。進化していくソフトによって、経理業務はますます効率化していくはずです。その恩恵を受けたいと思うのであれば、クラウド会計ソフトの導入を検討してみて下さい。

 

無料で使える「やよいの青色申告 オンライン」

 

-クラウド会計ソフト
-, , ,

Copyright© (株)ヒミコ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.