アマゾンを活用する!

書評

 

 

津田大介著「アマゾる」毎日コミュニケーションズです。4839917302

目次
Part1 アマゾる!
■探す■
01 あるアーティストの関連作品を調べる
02 カテゴリーをたどっていってウィンドウショッピングする
03 ウィッシュリストをAmazon専用の「お気に入り」として使う
04 電化製品を予算に合わせて商品を選ぶ
05 「発送可能時期」に書かれている文章で在庫状況を調べる
06 エディターの選んだおすすめのタイトルをメールで受け取る
07 ある商品のDVD化が決定したらメールでお知らせしてもらう
08 マイストアを鍛えて自分の欲しい商品が的確に並ぶようにする
09 予約注文できる場合でも数量限定で人気が集まるものは避ける
010 本やDVD、CDなどの発売スケジュール一覧をまとめてチェックする
011 洋楽ミュージシャンの商品を徹底的に調べる
012 ウェブ技術のPHPについて書かれた本だけを検索する
013 発売中なのに検索でなかなかヒットしない書籍を探す
014 ある商品を含むリストマニアだけ抽出して検索する
015 Amazonの検索結果をGoogleのように一覧形式で見る
016 CCCDだけを除外して音楽CDを検索する
017 在庫切れ商品の中古商品を予約購入する
018 信頼度の高いレビューだけを読む
019 著者名があやふやな作者の作品を調べる
020 Googleツールバーのようにブラウザから直接Amazonの商品を検索する
021 好きなアーティストや作家の新作情報をメールで自動通知させる
022 なかなか見つからない音楽CDをAmazon.comを使って探す
023 洋書の中身(本文)を全文検索して内容を調べる
024 入手困難なレアもの輸入盤CDを米Amazonから直接買う
025 カスタマーレビューに投稿されたレビューを検索する
026 店頭で欲しい商品を見つけたら中古でどのくらいの価格で出ているか調べる
027 在庫切れの人気商品が購入できるようになったらすぐ買えるようにする
028 長い間「在庫切れ」状態の商品に中古商品が出品されたらメールで通知させる

■お得■
029 マーケットプレイスで商品を中古で安く購入する
030 注文のキャンセル機能を活用して商品の入手率をアップ
031 Amazonで価格.comや楽天より安く電化製品を買う
032 レビューの付いていない商品にレビューを書いて小遣い稼ぎをする
033 メール便が盗難にあった場合でも泣き寝入りをしない
034 1500円以上の商品注文は一括配送ではなくバラバラに注文する
035 ついついメールソフトで見逃しがちなギフト券を確実に判別できるようにする
036 Amazonのキャンペーン情報をいち早くチェックする
037 通常ディスカウントされない新作CDを低価格で購入する
038 商品の値下げ情報を定期的に調べて一番安いときに買う
039 お宝本やレアなCDを中古屋で入手してAmazonで金儲けする
040 CCCDの表示がない輸入盤CDを間違えてつかまされた場合、返品する
041 あえてリージョン1のDVDを買って観る

■アソシエイト■
042 ある商品のアソシエイトを簡単にできるようにする
043 ユーザーレビューが掲載される通常ページにアソシエイトリンクを張る
044 自分のウェブサイトにAmazonの検索窓を設置する
045 ネットで話題の本やCDをいち早く紹介してアソシエイト購入率を上げる
046 アソシエイトで複数の商品を購入させるには?
047 URL圧縮サービスを使ってアソシエイトIDを隠す
048 いつも見ているサイトにお礼の意味でアソシエイトを使う
049 友達や家族でアソシエイトで買いまくる
050 あるキーワードに関連するオススメ商品をページに羅列掲載する
051 特定のジャンルの売上ランキング上位商品をブログのサイドバーでオススメする
052 Google Adsenseの代替広告をAmazonアソシエイトに変更する
053 ブログの記事内容に関連したアソシエイトリンクを自動的に貼る

■便利■
054 追加注文を一つにまとめる
055 ギフトストアで友人に贈り物をする
056 海外の友達にAmazonでプレゼントを贈る
057 トップページに出るおすすめ商品を出ないようにする
058 Amazon閲覧中に恥ずかしい本やDVDをおすすめされるのを何とかしたい
059 Amazonのデータベースを使って自分の蔵書やCDを管理する
060 テキストモードで表示させてナローバンドでも快適に利用
061 ネットとリアルの商品動向がどう違うか調べてマーケティングツールとして使う
062 Amazonで今どんなキーワードが検索されて人気なのか調べる
063 iTunesに取り込んだCDのジャケット画像をAmazonから自動登録する
064 著作権を気にせず自分のサイトで商品画像を使う
065 Amazonを安全簡単確実な友人同士の決済方法として使う
066 ウィッシュリストをケータイで見て本屋やCD屋でチェックする
067 ケータイのカメラでバーコードを読み取ってそのままケータイで購入する
068 Amazonのエディターレビューを自分のサイトに転載する
069 ある商品のカスタマーレビューが増えたらメールで通知させる
070 特定の商品の人気ランキングの推移を調べる

Part2 Amazon.comの利用方法と「詳細サーチ」の使い方

◆Amazonの「おすすめ」機能は、Amazonのキモと言える重要な機能だ。
商品の閲覧中に開いているページに関連する商品を常に表示させる
ことで、ユーザーの興味を誘い、未知の商品を知らせてくれる。
ベースとなっているのは「ある商品を買ったときに、その商品を
買ったほかのユーザーはどんな商品を買っているのか」というデータ。・・・

◆「なぜ予約した商品が買えないのか」

◆CDや書籍はほとんど中古でしか買わない!そんな人にもAmazonはオススメ。
Amazonは新品だけでなく、中古商品を扱う「マーケットプレイス」も併設されている
からだ。・・・

◆自分が好きでチェックしている管理人に対して何か貢献したいと思ったことはないだろうか。
そんなとき、さのサイトがアソシエイトを導入しているなら、・・・。

◆Amazonで購入する商品はすべて発送時ギフト包装が可能。・・・
遠方にいてなかなか会えない人にちょっとした手間でプレゼントを遅れるのは
インターネット通販ならではのメリットだ。

★日曜日のTVで、アマゾンが紹介されていました。
詳しくは、<a href=”http://blog.livedoor.jp/korokoromaru/”>「貧乏父さんの自己啓発」</a>の記事をご参照願います。

私自身は、街中の本屋さんのほうがたくさん買いますが、
でも、アマゾンも非常に活用させていただいています。

とりわけ、面白い本の中で、紹介されているような本を探す時は、
ほぼ、アマゾンで買います。

単に買う以外にも、アフィリエイトや、中古本の売買市場など、
幅広い活用法があります。

最近は、家電製品を買う際にも、必ず値段を参考にするようにしています。
いわゆる家電量販店よりも、値段が安い可能性が高いです。
ぜひ、ご参考に。

本日は、この辺で。