『脱常識のしたたか社長論。―倒産回避請負人が教える』立川 昭吾

書評

『脱常識のしたたか社長論。―倒産回避請負人が教える』立川 昭吾(著)
出版社: アーク出版 (2008/04) ISBN-10: 4860590635

目次

小さな会社だからこそ楽しく儲けられる!—-まえがきにかえて

プロローグ 「小さい」を武器に逆風下で生き残れ!
◎大きくしようとするから失敗する

1章 会社の事業にこだわるな!
◎小さい会社ならではの「経営の考え方」を身につける

2章 経営資源の不足を嘆くな!
◎小さい会社ならではの「ヒト・モノ・カネ・情報」づくりを身につける

3章 大企業と同じ土俵に上がるな!
◎小さい会社ならではの「経営戦略」を身につける

4章 成長の常識に縛られるな!
◎常識を破る急成長へのヒントとは?

◆大企業の後追いをするな!

『 ことは成果主義だけではない。「少数精鋭」「立派な経営理念」「法律
どおりの決算書」「公私をきっちり分けるお金の管理」など、これまで
経営の教科書に必ず記載されたこれらのことは、大企業には必要だが、
小さな会社に好ましいやり方とは言えない。
大企業の仕組みは大企業だからこそ活きるもの。小さな会社ではそれを
活かすことなど不可能だし、形だけをマネすれば小さい会社のよさが消えて
しまう。
小回りがきく機動性とスピード、規模が小さいがゆえのまとまりのよさ、
柔軟な変化を可能にするフットワークのよさ・・・・大企業にはない、
こうした小さな会社のよさを存分に活かすことだ。
重要度の高い情報の収集には、パソコンとインターネットを中心とした
IT技術を活用する。情報を手にするスピードは大企業と中小とでそれほど
差があるわけではない。要はどのような情報に着目し・・・』

◆会社を子どもに引き継がすな!

『 これからの起業する人は、最初から「子どもに継がせる」などと考えない
ほうがいい。この激動の時代、商売は3年で片をつける。グンと大きくなるか。
それともポシャるか。とりあえず3年がメドである。たかが3年だ。
ガムシャラにやればいい。』

◆タフで軽やかな女性のビジネス感覚に学べ

◎「おもしろそうだからやる」「儲からないからやめる」の軽快さ

『 「なぜ、こういう会社を始めたのですか」
何人かの女性経営者に素朴な疑問をぶつけてみた。返ってくる言葉は一言だ。
「おもしろそうだから」
即答である。実に明快だ。どの女性も同じように答える。
突っ込んでも、それ以上の言葉は出てこない。「おもしろそうだから。それだけで
十分。何か変ですか」。しつこく聞くと、そんな言葉がかえってくることさえある。
前の会社をたたんで新しい会社を立ち上げた女性に、
「なぜ、会社をやめたんですか」と聞くと、やはり判を押したように同じような
言葉が返ってくる。
「だって、儲からないか」
なるほど。たしかに儲からない商売はやめたほうがいい。商売をやめるのに、
これほど明快な理由があるだろうか。』

◎手作り感覚だからコストはかけない

『 そんなやり方だと、いつかごっそり借金を抱えるハメになるのではないか──。
多少なりとも世間の荒波をくぐってきた我々は、そんな心配をしなくもなるのだが、
「そこは女性」と言っていかどうか、彼女たち、けっこう堅実なのである。
開業資金は親や友人に頼み込む。返済は、いわば「出世払い」。若いこと、女性である
ことは、一面、危なっかしさを感じさせもするが、その一方で、周りに「応援しよう」
という気持ちを起こさせる。ちゃっかり、周囲のそんな思いに乗じる。』

◆金儲けの最先端は軽薄短小ビジネス

◎いまから「新日鉄のような会社をつくる」という社長はバカだ!

◆商売の原点に立ち返ると先が見えてくる

『 そんな目でテレビ番組を見ると、いわゆる旅番組は、一つの方向性を示唆してはいないか。
タレントが全国各地を旅行して観光情報や旅館を紹介する。それだけの番組だが、
放映直後に、番組がとりあげた旅館には予約の電話が殺到する。テレビ・ショッピングと
同じ感覚で見ている人がたくさんいることがわかる。ほとんどが女性である。女性には
そういう強いニーズがあるのだ。これは新しい商売の芽でないだろうか。
こういう将来のネタを誰より早く見つければ優位に立てる。いわゆる「先行優位性」を
得ることができる。イノベーターになれる。』

◆小さな会社の成功のカギは今もITにあり

★業績不振企業に特化したコンサルタントさんのようです。
得てして、中小企業経営者は、大企業の手法に飛びつきがちです。
本屋に行くと、そんな本ばかり並んでいるからです。

でも、
著者は、成果主義をやり玉にあげていますが、
大企業のやり方が、そのまま当てはまらなかったり、
はやっているだけで、役に立たな手法もたくさんあります。

けっこう豊富なネタがあるので、
パラパラめくるだけでも、興味のあるテーマにぶるかるかもしれません。

本日は、この辺で。

編集後記
今週は、

ちょっと、変則的で、来週は、もっと稼働日がへります。

例年のゴールデンウィークは、家族旅行を予定していましたが、

今年は、引っ越しで、物入りでしたので、

近場を開拓しようと思います。

 

人気のクラウド会計システム「マネーフォワードクラウド」の特徴