『ジム・ローンの億万長者製造法』ジム・ローン (著)

書評

『ジム・ローンの億万長者製造法』ジム・ローン (著)
出版社: サンマーク出版 (2007/4/4) ISBN-10: 4763197363

目次

 プロローグ 人生が変わった運命の日
 序章 億万長者になるための五つのキーワード
 第一の戦略 「ゴール」のもつとてつもない力を解き放つ
   1章 何が人間をやる気にさせるのか
   2章 ゴールセッティングの方法
   3章 ゴールを機能させる効果的な方法
 第二の戦略 知識を追い求める
   4章 智恵への道
 第三の戦略 自分を変える方法を学ぶ
   5章 自己開発の奇跡
 第四の戦略 財力をコントロールする
   6章 経済的な自由を達成する
 第五の戦略 時間を飼い慣らす
   7章 時間管理の達人になるために
 第六の戦略 周囲を勝者で固める
   8章 人間関係の原則
 第七の戦略 素晴らしい人生を生きるための技法を学ぶ
   9章 より豊かなライフスタイルへの道
 エピローグ そして君の人生が変わる運命の日

 『 正直なところ、私は目標に向かって前進するどころか、日々、経済的に衰退していった。
  何かが変わらなくてはいけない・・・・ということには気づいていたのだ。でもそれは、
  いったい何だ?

   一生懸命働くだけでは駄目だ。そんな気がした。額に汗してお金を稼ぐ者こそが報われる
  と信じて育てられた私にとって、正直、これはかなりショッキングな現実だった。
   しかし、それは明白だった!私のまわりで生きていた多くの人々と同じように、私は六十歳
  まで汗水たらしながら日々を暮らし、そうして最後には破産をして助けが必要になるような、
  そんな状態だったからだ。』

◆人を動機づける四つの大きな理由

 『 人によって、動機や理由はまちまちだ。私たちはおのおの「ホット・スイッチ(自分の電源が
  入るような動機)」を持っている。自分の魂の叫びをちょっとだけでも探してみればいい。
  君は必ずそういった動機を発見するはずだ。
   では、その動機とはいったいどんなものだろう?経済的に豊かになるという動機は置いておいて、
  ほかに四つの重要なものがある。
   第一に、「認められること(Recognition)」だ。
   結果を出しいている会社やセールスマネジャーは、ある人々にとっては、物品で報いるよりも
  表彰でお祝いするほうが効果的であることを知っている。だから、成功している組織、特に直販などで
  優秀な結果を出している会社は、すべての目標達成(大きかろうが小さかろうが)に対して表彰で
  報いるのだ。』

◆長期的ゴール

 1、 何をしたいのか?
 2、 何になりたいのか?
 3、 何を見たいのか?
 4、 何を持ちたいのか?
 5、 どこへ行きたいのか?
 6、 何を分かち合いたいのか?

◆ゴールの本当の目的

 『 これが、君が考えるべき質問だ。
  「自分が望むものすべて手に入れるためには、どんな人間にならなければならないのか?」
  日記かノートに、このことについての自分の考えを書いてみよう。君が必要としている
  スキルや知識を書いてみてほしい。君はその答えの中に、自分が成長し発達する新しいゴールを発見するはずだ。
   このルールを覚えておこう。
   「収入レベルはめったに自己発展レベルを追い越さない」・・』

◆押しつぶされないように!

 『「君の能力は、君の夢に追いつくように成長する」』

◆〈本とテープ〉

 『 さて、他人から学ぶ方法としては、次の三つの方法がある。

  1、本やカセットテープ、ビデオテープなどを使う。
  2、他人の知恵や愚かさを聴く。
  3、成功した勝者と失敗した敗者を観察する。』

 『 さあ、お金を投資しよう!自分の教育のために、本やテープやCDを購入するのだ。人生がもっと素晴らしいもの
  になるときに、ケチケチしてはいけない。
   ショアフ氏は、出会ったころから私に本を読むようにすすめていた。
   彼はこう言った。「自己教育者になれ。並程度の教育は並程度の結果をもたらす。・・・』

◆財務諸表をつける

 『 ショアフ氏に出会ってすぐあと、彼は私に財務諸表を持っているかどうかきいた。
  「財務諸表って何ですか?」と私はきき返した。ショアフ氏は忍耐強く説明してくれた。自分をいつわることなく、
  現在の自分の財政状態がどのようなものなのか、正確に知ることは重要なことなのだ、と。自分が今どの状態で
  あるのかということを知るときのみ、これからどの状態になりたいのかという素晴らしいプランを持てる可能性が
  あるのだ、と。
   難しいことではない。ただ単に、君が持っている資産を一枚の紙の片側に書いて、もう一方の片側に君が
  負っている負債を書くだけだ。そこで、君の資産から負債を差し引くと、純資産の数値が出てくる。・・・』

★わたしは、よく存じ上げませんが。
 「アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ロバート・アレン」など、
 超一流の成功者のメンター的存在である、凄い方のようです。

 けっこう、幾つかのフレーズを、何処かで聞いたことがあった気がします。
 本とテープによる勉強や、その為の自己投資の大切さなど、
 とても、オーソドックスなことが大量に載っています。

 社会人なりたてや、
 大学生ぐらいで、一回読んでおくと、とても刺激を受けそうです。

本日は、この辺で。