『ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! 』安保 徹 (著)

書評

『ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! 』安保 徹 (著)
出版社: マキノ出版 (2002/05) ASIN: 4837611621

目次

 序章 ガンは「不治の病」ではない
 第1章 自律神経と免疫の働き
 第2章 発ガンのしくみがわかった
 第3章 誤った治療がガンの治癒をはばむ
 第4章 ガンだとわかったらまず生活を見直す
 第5章 免疫を高めてガンを治す治療法

◆ガンの主な原因はストレスだった

 『この本では、ガンを「いろいろな要因が複雑にからまりあって生じる病気だ」と曖昧に
  とらえるのではなく、ガンは「働きすぎや心の悩みなど、ストレスが原因で生じる病気で
  ある」と、原因をはっきり名指しにして、ガンの正体を明かすところから出発しています。』

◆病気の発症と治療の基礎となる「福田─安保理論」

 『自律神経は血管や心臓、消化器なそ、内蔵の働きを調整している神経で、交感神経と副交感神経が
  あります。昼間の活動時やスポーツを行うときは、交感神経が優位に働きます。心臓の働きを高め、
  呼吸を早め、消化管の働きを止めて、活動にふさわしい体調に整えます。
   逆に休息時や食事をするときは、副交感神経が優位に働き、心臓の動きや呼吸をゆるやかにし、
  消化液の分泌を促して消化管の蠕動運動(内容物を先の器官に送る動き)を活発にします。』

 『すべての病気の根っこには、ストレスによる交感神経の緊張があります。ストレスを取り除いて、
  交感神経の緊張を解消すれば、病気はおのずと回復に向います。もちろんガンも例外ではありませ
  ん。多くの人がガンを治す生活法を実践するなら、はじめに述べたようにこの国のガンは
  減らすことができるのです。』

◆副交感神経優位は「ガンにならない体調」

 『副交感神経優位の体調といえば、リラックスして笑いがあり、心なごむときです。
  この体調であれば、血管が拡張し血液循環も良好です。体内に発ガン物質が入ってこようと、
  ガンが生まれようと、豊富な血液で悪いものは流し、血液の流れに乗って巡回するリンパ球
  たちによって、がん細胞はどんどん駆逐されます。」

◆交感神経の緊張は「ガンになる体調」のはじまり

◆ガンを引き起こす三つの要因

 ①働きすぎ
 ②心の悩み
 ③痛み止めの連続使用

◆ガンにならないための6箇条

 1、働きすぎをやめ十分な睡眠をとる

 2、心の悩みを抱えない

 3、腸の働きを高める

 4、血行をよくする

 5、薬漬けから逃れる

 6、ガン検診は受けない

編集後記

昨日、ぶーちゃんが、家族みんなで集まった食事の席で言いました。

「ウチ、働きたいなぁ!」
(自分のことを、関西弁なのか『ウチ』と呼ぶのがマイブームのようです)

その場にいた、私の両親は、目が点です。

別に、そんなに不自由させているつもりもないんですが、なんせ4歳ですから、

でも、『誰それちゃんの家は、大きいらしい』、といったことは、言います。

ぶーちゃんの心は、

お店屋さんごっこが大好きなので、

『いっらっしゃいませ!ご注文は何になさいますか?』

とかやりたいわけなんです。

とりわけ、

あのオーダーを取る、テレビのリモコンの親分みたいな機械には、目が釘付けです。
(いつか、お店の人にお願いして、打たせてもらえないかと思います)