〈超〉低脂肪食生活のすすめ

書評

 

 

林望「リンボウ先生の〈超〉低脂肪なる生活」日本経済新聞社です。4532165431

目次
第1章 1年間で10キロやせた
第2章 リンボウ流・<超>低脂肪食のルール
第3章 和食はおいしい・素晴らしい
第4章 毎日こんなふうに食べている
第5章 <超>低脂肪食を支える台所
第6章 例外のない生活

◆調理に油を使わない・肉は原則食べない

「 僕のやっている〈超〉低脂肪食の基本は、まず揚げ物は食べないということです。
天ぷらとかトンカツとかエビフライとかそういうものは食べない。・・・」

◆必要なタンパク質・脂肪は大豆とゴマで

◆野菜は皮を剥かずに「ホールミール」

◆お腹いっぱい食べることを認めよう

「素材も我慢する、味も我慢する、禁欲ばっかり強いたら、これは辛いですよね、続きません。
だから僕は、自分にたくさん食うことを許そうということにしました。」

◆ご飯をしっかり食べれば太らない

◆脂のうまさに依存的な現代人

「脂っ気のあるものはおいしい」、これは大原則です。

「・・・僕らはある意味だまされて、無意識のうちに脂をとってしまうという生活を
ずっとしているんですね。ラーメンだって、おいしさは脂ですよ。
ぜんぜん脂っ気のないラーメンって、たぶんきっとおいしくない。」

◆生きている野菜はすごいエネルギーを持っている

◆たっぷりの混合節をグツグツ煮出して万能ダシ

「・・・道場六三郎がダシをとるところ、テレビでみたことがあるでしょう?
上等のカツオ節をこれでもかというほど入れるんだから、うまいのは当然なんです。」

◆肉・魚一に対して、野菜は五から十の量

『「ちょっと物足りない」ぐらいの味つけにするのが、
おいしく食べるための極意なんです』

◆可愛い、おいしい、楽しい糠漬け

「犬・猫を飼うよりは糠味噌を飼え」

◆包丁のしまい場所は、なんと電話帳

◆毎日欠かさず40分の強歩行

◆一日の生活パターンを固定させる

◆まず「半年は酒を飲まない」と決意すべし

◆たばこを吸ってちゃ、なんにもならない

◆外食するならざるそばを

◆行き過ぎは賢者の知恵

「なにか物事を成就させようと思ったならば、行き過ぎなぐらいにやらなきゃ
ダメだという意味なんですが、本当にそうだと思います。」

★急性胆嚢炎をきっかけに、〈超〉低脂肪食生活を始めたそうです。
今では、

10キロやせて脂肪肝が解消!

したそうです。
そこまで、やるかという徹底ぶりですが、

ただ、食に対するこだわりは強く、
所謂、味気ない、寂しい食卓というのとは、まったく違います。

「おいしいものを求めるエロチシズム」

凄まじいまでの、独創性とアイデアが溢れています。

本日は、この辺で。