(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

超図解 フローチャートでわかる新人SEのための会計&業務の基礎知識 岩谷 誠治

更新日:

岩谷 誠治 (著) 『超図解 フローチャートでわかる新人SEのための会計&業務の基礎知識』
出版社: エクスメディア (2006/04) ASIN: 4872836189

目次
 第1章 会社・会計の構造
 第2章 経理部
 第3章 営業部
 第4章 購買部
 第5章 経営企画部
 第6章 製造部
 第7章 人事部

◆業務とシステムと会計

 『まず、ユーザーの「業務」を学びます。ユーザーを理解するためには、ユーザーの日常業務を
  学んでおくべきでしょう。
   次に、「システム」との関係を学びます。皆さんの目的はシステムを開発することですから、
  ユーザー部門がどのようなシステムと関係するのか、反対に皆さんの開発するシステムが
  どのようなユーザーに影響を与えるかを知っておく必要があります。
   そして、最後に「会計」について学んでいただきます。』

 『・・従って、「業務」と「システム」と「会計」を個別に学ぶのではなく、
  三者を一体にして学ぶことによって、「会計」という規制が「業務」と「システム」
  に与える影響を知ることができるのです。』

◆株式を公開している会社を上場会社という
 上場会社は規制するルールが多い

 『・・ここで注意していただきたいのは、あなたのユーザーの名前が株式欄に載っていなくても、
  そのユーザーが上場会社のグループ会社である場合には、上場会社と同様の扱いを受ける
  ということです。・・・』

◆組織図を手に入れる

 『ヒアリングの前に
  組織図に目をとおす』

 『ユーザー企業の組織図は、担当の方にお願いするか、会社のホームページから入手します。
  上場会社ならば有価証券報告書にも記載されています。』

◆規程の種類

 ◎規程の種類を知る
  細則やマニュアルが役に立つ

  『会計システムを担当するならば経理規程と原価計算規程、人事システムと担当するならば、
   就業規則と給与規程に目を通す。』

◆経理部の関連システム(p-31

 ◎仕訳データが重要

  『一般会計システムに関連するシステムは多いが、インターフェイスの形式は、
   必ず仕訳データになる。』

◆経費支払い業務フローチャート(p-34

◆販売業務のフローチャート

◆予算作成業務のフローチャート(p-136

★新人SE向けの解説書ですが、
 新入社員や、
 経理部・総務部などの管理部門で、他部署の業務とシステムの連携を知りたいという方に
 ぴったりの1冊です。

 大ざっぱではありますが、
 営業部、製造部、経営企画、人事部などの仕事や、システムについて、
 フローチャートや図を使って、分かりやすく解説しています。

 とかく、自分以外はよく分からないことが多く、
 ERPなどの統合業務システムを使わずに、
 既存のシステムのデータ連携をするとなると、
 業者まかせになりがちです。

 社内のシステムにブラックボックスを作ると、
 あとあと、やっかいなので、
 こういった本は、お役立ちかな、と思います。

本日は、この辺で。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.