経沢香保子(監修)『夢を実現した わたしの仕事 わたしの方法』

書評

経沢香保子(監修)『夢を実現した わたしの仕事 わたしの方法』
ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478733058 ; (2006/03/10)

目次
 数々の情報誌の編集、創刊を経て『All About』編集長に!編集者にとって大事なこととは?―『All About』編集長・森川さゆり
 夢は決して諦めない!遠回りであれ、追い続けていれば希望の光が見出せる―ジャパンタイムズ記者・清水香帆
 自分に自信はなくても誇れるスタッフたちの協力がある。能力を発揮できる場所を提供したい―フードコンサルタント/パーティースタイリスト/海外法人・土屋芳子
 自分が楽しんでこそ見ている人におもしろさが伝わる。だからこそ、常に前向きに―キャスター/レポーター/ナレーター/アナウンサー・佐藤陽子
 採用コンサルタントとシンガー両立してくることができたのは会社のみんなの応援あってのこと―シンガー/(元)新卒採用コンサルタント・北村鈴香
 人を成長させることで自分も、会社も、成長させる。そこに秘められた熱意とは?―モデル事務所経営・高田理英子
 人間本来の自然なカタチでの着る・食べる・暮らすを実現するためには?―オーガニックコンシュルジュ・岡村貴子
 アクセサリーを楽しむこと、それは女性ならではの特権。会社員の頃の経験も活かして―アクセサリーデザイナー/制作・高木美香
 女性を内側から美しく健康にする女性のための女性のクリニック!最近多いプチ不調の原因とは?―婦人科医/美容皮膚科医/医師・松村圭子
 数々の女性の恋愛相談に乗ってきた経験を活かして婚約者とともに相談所を開設!―恋愛カウンセラー・橘つぐみ〔ほか〕

 『・・・そこで、弊社は創業以来、毎週1名、トレンドリーダーに取材をし、すでに280人
  を越える記事を、WEBサイト上で公表し、多くの方から強い支持や反響を得てきました。
  また、感度の高い女性たち『トレンドリーダー』は、すでに2500人を越えるネットワーク
  にまでなり、数多くのリサーチ実施などを繰り返して、弊社には、女性トレンドに対しての
  情報やノウハウも蓄積されてまいりました。
   そういった流れの中で、いま、女性たちが強く求めているのは『現代版女性ロールモデル』
  であると私たちは結論づけています。』

 『自分の夢ややりたいことを見つけることができないという現代女性たちへ』

 「女性は男性よりひとつ武器が多い
  女性らしさ、自分らしさをそのままに・・・・」

◆キャスター/ナレーター/アナウンサー 佐藤陽子さん

 ◎私を必要としてくれるそんな局で仕事をした鹿児島テレビ放送時代
 
  「・・北は青森から、南は鹿児島まで、佐藤さんは放送局を受けるため、
   全国行脚に出る。・・」

 ◎地元密着がおもしろい地元だからこそできるケーブルテレビの仕事

◆シンガー/(元)新卒採用コンサルタント 北村鈴香さん

 ◎”ここしかない!”と確信した会社に入社!そこまで強く惹かれた理由とは?

  『「ワイキューブに入社したことは、ピンときた自分の直感を信じてよかった
   と思いますね。割とインスピレーションを大事にする方で。・・』

  『音楽活動も社を上げて応援してくれた!ワイキューブあっての北村鈴香とSUZUKA』

◆外国人向け出張エステサービス

  ◎クチコミで広めた現在の仕事そして感じてほしいこと

  『・・また自分にとっての幸せを考えたときに「自由」という言葉が出てきたんです。
   楽しいこともしたいし、お金も稼ぎたい。でも、いくらお金を稼いでも、
   好きなことをする時間がなければ意味がない。それもあって、・・・』

  『「いまのスケジュールは、自分ひとりでやっているため、既存のお客さまの予約だけで
   いっぱいになっている状態です。つまり、これ以上は増やすことができない。
   このままでの十分にハッピーなんですが、自分ひとりでできる限界が見えてしまった
   以上、自分が動かなくても、ビジネスとして成り立つような仕組みを作っていきたい。』

★34人の美しい女性(?)起業家が登場します。
 いや、お写真を見る限り、けっこう美人な方が多いです、なぜか。

 まじめな話、世の中に、こんなにたくさんの職業があるのかと、知らないことだらけでした。

 しかも、多くの人が、兼業しています。

 また、
 そこまでのキャリアが、転々としている方が多いです。

 私の場合、サラリーマンの肩書きが一つしかありません。
 (本田健さんのように育児セミリタイアすれば、「ぶーちゃんパパ」という肩書きも持てるかもしれませんが)
 また、これまでのキャリアも転職経験はあるものの、
 基本的には営業畑を歩み、
 そこで腕をあげることが、自分のキャリアのステップアップだという、
 言ってみれば単線型のキャリア設計です。

 やっぱり、
 これからは、もう少し、頭は柔軟にして、視野を広げ、
 自分の新たな可能性にも目を向け、

  「大好きなことを仕事にする」

 を目指すべきかと、改めて思いました。

 ちょっと、頭が固いかなと思われる、サラリーマンの方に、お薦めです。

本日は、この辺で。