稲盛和夫に学んだやる気革命

書評

稲盛和夫に学んだやる気革命―時間当たり採算システムのすべて』浦田 達哉(著)
出版社: 経営書院 (1996/02) ISBN-13: 978-4879135742

目次
 
 第1章 あなたの会社は大丈夫か?
 第2章 小グループに細分化する
 第3章 「時間当たり採算システム」をつくる
 第4章 「時間当たり採算システム」の導入と運用・活用法
 第5章 「時間当たり採算システム」の死活は“心”が決める

◆「時間当たり採算システム」とは

 『 「時間当たり採算システム」を一言で定義づけるとしたら、「自分の真の実力を測る」
  システムであるといえる。』

   ①第一のキーワード「自分の・・・」

   ②第二のキーワード「真の実力」

   ③第三のキーワード「測る」

◆創業の原点に戻ろう

 『 会社が安定してくると、仕事の進め方はスマートになってくるのだが、反面”活力”が
  失われていくような危機感を経営者は覚えるものである。
   創業まもないころは、明日倒産するかもしれない不安に始終さいなまれ、何とか社員の
  給与の遅配を出さないことに腐心するのみで、まして賞与の支給などおぼつかない。
  福利厚生はほとんどなく、集まった人たちの教養のレベルもさほど高くはなかった。
  そんな苦しかった原点に、なぜ再び戻ろうというのか。
   創業の原点には、カッコよさも、華麗さもない。しかし、明日を信じて、黙々と汗する
  泥臭い姿があった。それぞれが愚痴をこぼす前に、自分の持ち場を精一杯固めていこうという
  純粋さがあった。経営者はみんなを勇気づけるため、私心を捨て、先頭に立って一番汗をかき、
  みんなに夢を語り続けた。』

◆小グループは輝きだす

 ◎一人ひとりが主人公になれる

 ◎プラス思考で仕事が楽しくなる

  『やらされるのではなく、主人公として自らのストーリーを生きるとき人は最も輝きを放つと、
   前に述べた。これは別の見方をすれば、小グループというあり方は、その構成員を
   ”プラス思考型人間”へと変貌させるシステムであるともいえるだろう。』

◆「時間当たり採算」という考え方

 『 時間当たり採算システムとは。
  「①巨大な組織を小さなグループに細分化し、
   ②細分化された各小グループの収益を明らかにし、
   ③その収益を一時間当たりという単純なモノサシで測るシステム」であると。』

 ◎営業利益の数字に的を絞る

◆間接コストを直接部門に割り振る

 ◎社内での売買をどう行うか  (p-72

◆六カ月もあれば導入できる

◆考えるプロセスが本当の実力をつける

★古い本を偶然手にしました。
 アメーバ経営の導入を目指していますので、
 ちょっと気になって目についたのだと思います。

 とりあえず、小集団と、アメーバリーダーの指名までは、できました。
 次は、時間当たり採算表の作成や、
 その導入にあたり、「売上」やら「受注」など、言葉の定義を社内でしっかり議論することが
 必要だと考えています。

本日は、この辺で。

編集後記

週末に、カウンセリング初級コースの、フォローアップセミナーに参加しました。

私が参加した半年間のコースは、確か9月頃に終ったのですが、

その勉強の復習と、仲間との再会程度に思ってましたら、

新たな学びがたくさんありました。

ビジネスにも、非常に役立ちます。とりわけ、二代目経営者などを含む、企業経営者、

または、弁護士・税理士などの、いわゆるプロフェッショナル。

ご参考まで。