浅田 次郎(著) 歩兵の本領

書評

浅田 次郎(著)『歩兵の本領 講談社文庫』
講談社 ; ISBN: 4062739895 ; (2004/04)

目次
 若鷲の歌
 小村二等兵の憂鬱
 バトル・ライン
 門前金融
 入営
 シンデレラ・リバティー
 脱柵者
 越年歩哨
 歩兵の本領

★ゴールデンウィークに読んだ本です。
 小説を読むのは、長期の休みぐらいしかないですね。
 本当に久しぶりでした。

 浅田さんは、『鉄道員(ぽっぽや)』の原作が一番有名なのでしょうか。
 私は、『文蔵』というPHPから出ている月刊誌の中で、
 特集があり、面白そうな人だなと思って、
 とりあえず、本は買ってあったんですが、読み機会がなく、ようやく読めました。

 肝心の中身は、というと、
 自衛隊員の話です。
 時代は昭和40年代中盤、
 高度成長期の浮かれた世の中と、
 全くかけ離れた、矛盾した隊員の気持ちを描いています。

 ちょうど、
 イラクに自衛隊が派遣されたり、
 また、
 憲法の改正などが、話題になる今日この頃ですので、
 ほんの少し、タイムリーかもしれません。

 グッドウィルの折口さんは、自衛隊出身(?)なので、
 ちょっと、そこらへんと関連して興味深かったです。

本日は、この辺で。