本多静六自伝 体験八十五年

書評

本多静六(著)「本多静六自伝 体験八十五年」実業之日本社です。4408395862

目次
 1 少年時代
 2 苦学時代
 3 大学生活を語る
 4 ドイツ留学
 5 教授時代
 6 私の家庭生活
 7 人と事業
 8 人生即努力、努力即幸福

 「君がもって生まれたこの性癖は、容易には直らないが、しかし直さなければ君は意地に食われて
  死ぬばかりだから、死んだつもりで懸命にその性癖を直しなさい。君は常に人から利口だ、
  偉い男だといわれるようにと思っているが、それが一番わるい癖の源だから、これからは
  あべこべに、馬鹿になろう馬鹿になろうと心掛け、なんでも人のいうままに従順になって、
  『あれは薄馬鹿だ』といわれるくらいになれば、それが君の成功の始まりだ」

◆ついに切腹を覚悟

 「貧乏征服には、まずこちらから勇敢に立ち上がってやっつけなければならぬ。貧乏に強いられて
  やむを得ず生活をつめるのではなく、自発的、積極的に勤倹貯蓄につとめ、
  逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬと考えたのである。」

◆人生即努力、努力即幸福
 ◎幸福についての考え方
   第一は心身の健康である
   第二は・・・

 「幸福とは自己の努力によって、健全なる欲望が満たされ、精神、肉体共に愉快を覚ゆる
  状態を指し、しかも、それが自己の健康と社会の希望に反しない場合をいう。・・・」

★本多静六氏の著書は、370冊あまりあるそうです。
 「私の財産告白」が有名かもしれません。

 本書は解説を、神田昌典さんが書かれております。
 同氏の「人生計画の立て方」は、本田健さんが書いてますので、そちらも読んでみようかと思います。

 価値観が多様化した世の中では、
 氏のその生き方に、大いに、勇気づけられました。

 中高生、大学生に、とっても、お薦めしたい1冊です。

本日は、この辺で。

編集後記

日本の待望の金メダルから一夜明け、

朝のテレビで、荒川選手の生インタビューを見ました。

大変ですね~。

私が、メダリストだったら、取材拒否です。

30分しか寝ていないにも関わらず、

無理やりテレビに引っ張り出しておいて、

くだらない質問ばかりで、見ていてお気の毒です。

もう少し、スポーツ選手に対して、その競技種目に対して、

リスペクト(敬意)を持ちたいものです。