会計ソフト、クラウド会計システムのご紹介・ご提案

クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】

給与前払いサービス

日払いにも使える給与前払いサービスPrePay(プリペイ)

更新日:

日払いにも使える給与前払いサービスPrePay(プリペイ)の特徴とは?

PrePay(プリペイ)は、次のような特徴があります。

 

給与前払いサービスPrePay(プリペイ)の4つの特徴

1、社員と会社ともに費用の負担が少ない

2、PrePay(プリペイ)なら急な出費もすぐに対応可能

3、ウエブ申請がとても簡単

4、万全のセキュリティ体制がある

 

・給与前払いサービスの費用のPrePay(プリペイ)は負担が少ない

PrePay(プリペイ)は、給与前払いサービスで、イニシャルコスト・月額料金が無しのものです。

PrePay(プリペイ)を利用する際は、初回にチャージタイプのクレジットカードを登録するのみで、簡単な手続きです。

登録すると、すぐに24時間365日利用することができます。

PrePay(プリペイ)が社員の前払い資金を立て替えてくれるので、会社としては費用の負担が少なくなります。

前払いシステムを導入すれば、社員の申請の処理、資産管理、振込手続き、控除額の管理など、普通の事務処理作業にプラスすることが多くなります。

しかし、PrePay(プリペイ)の場合は、面倒なこのような事務処理作業の全てが無くなります。

使っている勤怠管理ソフトに、PrePay(プリペイ)から送られるデータを取り込むことによって簡単に給料明細にも反映できます。

現在は離職率が高かったり、採用率が下がったりしていますが、給料前払いができると、差別化が別の会社と図れ、会社としてもイメージがプラスになるでしょう。

・給与前払いサービスの費用のPrePay(プリペイ)なら急な出費もすぐに対応できる

ウエブと電話の2種類で、PrePay(プリペイ)の前払い申請ができます。

ウエブから申請する際は、24時間365日いつでもできます。

しかも、勤怠実績、給料残高、利用履歴のチェックがウエブのメニューからもできます。

急な出費や現金がすぐに必要な場合は、経験を誰でもしたでしょう。

必要なお金を必要な時にすぐに出金できるのは、非常に助かるでしょう。

PrePay(プリペイ)の場合は、午後7時までに申請すると入金が次の日にある、対応がスピーディであることもメリットです。

振込する際は、スピードExpressというオプションで前払い申請を午後1時までに行うと、当日に入金できるため、出費が急にあった場合でもすぐに対応できます。

低コストであるにも関わらず、利用しても満足できるでしょう。

・給与前払いサービスの費用のPrePay(プリペイ)のウエブ申請はとても簡単

支払い上限額を、PrePay(プリペイ)のウエブサイトにログインしてチェックします。

チェックした後で、前払い希望金額画面に必要な金額を入力します。

申請するボタンを押すと内容確認画面に変わり、詳しい申請内容が表示されるので、確定を押します。

確定を押すと完了画面になり、前払い申請が終わります。

前払い申請の場合は、支払い上限額のチェックは必要です。

というのは、勤怠実績の最大8割が前払いできるためです。

例えば、勤怠実績が20万円分の場合は、16万円まで前払いができます。

申請した後は、内容をPrePay(プリペイ)でチェックして振込されます。

振込がPrePay(プリペイ)で終わると、申請した金額がPrePay(プリペイ)のチャージタイプのクレジットカードあるいは金融機関で出金できます。

・給与前払いサービスの費用のPrePay(プリペイ)は万全のセキュリティ体制がある

金銭をウエブ上でやり取りするのは心配であるという人もいるでしょう。

しかし、PrePay(プリペイ)のセキュリティ体制は、国内トップクラスのものであり、不正利用を防止するために通信は暗号化しています。

しかも、利用する人が直接電話で問い合わせできるように専用サポートセンターを設けているため、安心して気軽に利用することができます。

会社側が使用している勤怠ソフトと連携がスムーズにできるように、初期導入のカスタマイズが無料でできます。

 

 

給与前払いサービスPrePay(プリペイ)のメリットとは?

PrePay(プリペイ)のメリットは、次のようなものがあります。

・社員の定着率がアップする

給与前払いサービスを導入することによって、お金がすぐに必要で、早く給料をもらいたい社員の要望に応えることができます。

そのため、社員の定着率がアップして、離職率が低下する効果も期待できるでしょう。

・求人エントリー数がアップする

求人広告サイトは、昨今日払いの要望がアップしており、求人エントリー数が給与前払いサービスを導入したことによってアップしたという意見もあります。

・給料状態の可視化ができる

給与前払いサービスを導入すると、普通の月給支払者と日払い対応者をすぐに掴むことができます。

特に、日払い対応がまちまちの場合はなおさらであり、日払い対応者を新たに管理する必要がなくなるため、給与支払い対応が掴めることはメリットがあるでしょう。

 

 

給与前払いサービスの費用のPrePay(プリペイ)の評判・口コミとは?

PrePay(プリペイ)を導入した会社の評判としては、

次のようなものがあります。

PrePay(プリペイ)の導入前は、小さい3人の社員の会社であたっため給料前払いなどは全く考えられませんでした。

ある時、友人の会社が給料前払にした際に非常に人員がアップしたと聞いて、導入しようと考えました。

サービスはどのようなものがいいか検討していたところ、PrePay(プリペイ)があるのが分かりました。

そして、PrePay(プリペイ)を導入してから、「給与の前払い可」と求人広告に記載したところ30件余りも1ヶ月間に応募がありました。

このように、PrePay(プリペイ)を導入すると、評判はいいようです。

-給与前払いサービス
-, , ,

Copyright© クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】 , 2019 All Rights Reserved.