会社はムダの塊だっ! 佐伯弘文著

書評

佐伯弘文著『会社はムダの塊だっ!―まだまだやったもの勝ちのコスト激減策100事例 (単行本) 』
幻冬舎メディアコンサルティング (2006/03)

目次
 本社・総務のあれだけのムダこれだけの工夫Part‐1(お金の使いどころこそ頭の使いどころ
 営業施策も根本見直し ほか)
 本社・総務のあれだけのムダこれだけの工夫Part‐2(メンテナンスセーブは削減の要
廃止・中止でこれだけの削減 ほか)
 工場は放っておいたらムダの山工夫次第で宝の山Part‐1(クレーム解消の根本治療
ミクロの最適・マクロの不最適 ほか)
 工場は放っておいたらムダの山工夫次第で宝の山Part‐2(自分たちのことは自分たちで工場庶務女性プロジェクトチーム発足!
統一・集中でムダを省く ほか)

◆まずは食堂とトイレの大幅な刷新から

◆会社の手帳やカレンダーはもらっても誰も使わない!

 『・・そんなことも考えず、ただ単に従来からの慣例に従ってムダ遣いをやってきただけである。
  もちろん即刻製作を中止した。』

◆下がらないと決めつけるな!通勤定期代も再チェック

◆複写枚数の多い高価な発注伝票を1枚に

◆剪定後の樹木は天日乾燥してから処理場へ

 『目から鱗の天日干しによる重量の軽減』

◆開発ソフト-2 不用品転活用システム
 もったいないの気持ちが生んだ社内電子フリーマーケット

◆手書きの伝票はムダ多くメリットは少なし!

◆資格取得は意外に簡単 法定検査はすべて社員でやれ!

◆照明がなくても明るい窓際・・・

★「神鋼電機ってどんな会社?」

  重電機メーカーから電子精密カンパニーへ

 この本は、経費節約・原価低減のノウハウ本なので、
 興味があれば、ぜひお買い求めください。
 ということですが、
 この本が売れれば売れるほど、神鋼電機という会社にとっては、
 会社案内を買ってもらっているようなものなので、
 とても宣伝になって、しかも費用を使わないので、
 最高の節約だと思います。

 多少、大きな会社でないと効果がでないという内容もありますが、
 社長さんがトップダウンで考えたアイデアは斬新です。

 とりわけ、
 従業員持株会が、従来、決められた日に成行で買っていたものを、
 3日分けて買うようにしたら、5%節約できたという話は、
 逆に投資家にも参考になりそうです。

本日は、この辺で。

編集後記

ブログでコミットメントしていた、部屋の掃除はあえなく断念でした(笑)。

いい訳は、しません。

でも、その代わり、風呂場の掃除を1時間ほどしました。

綺麗になって、気持ちよく入れました。

掃除の本を紹介したこともあり、

会社でも、始業時間前に、有志(5名)で掃除をするようになりました。

この前聞いたら、もう3週間も続いているそうです。

何事も継続が大事だと思います。

小さく、スピーディーに始め、コツコツ続けていこうと思います。