仕事は部下に任せよう

書評

『仕事は部下に任せよう!―なぜあの会社はデキる人ばかりなのかがわかる』
出版社: クロスメディア・パブリッシング (2007/02) ISBN-13: 978-4756910653

目次

第1部 仕事を部下に任せれば、社員と会社、さらに自分も成長する

Chapter1 リーダーと部下と仕事の関係

Chapter2 コミュニケーションのポイント

第2部 社員に仕事を任せられる仕組みをつくる

Chapter1 組織で仕事を動かそう

Chapter2 組織のポイント

Chapter3 部下をマネジメント

◆部下に仕事を任せられない

 『 部下に仕事を任せたら、「仕事が失敗する」と考えましょう。「仕事をみすみす失敗させられない
  よ」と言われるかもしれませんが、それで成功したら「自分が楽できる」程度に考えてください。
  最初からうまくいく人なんていません。部下が失敗した部分を自分がこなせばいいのです。
  そんな気持からスタートしましょう。』

◆仕事を任せられる人ってどんな人?

 『 仕事が好きで楽しめる人は、多少の問題も苦にしません。さらに高度なスキルを望んでいるので、
  自分で能動的に動こうとします。それに比べ、考えが後ろ向きの人はどうしても、他人から指示を
  受けて仕事をしているという「被害者」的な発想があるので、文句や否定的な意見が先行します。
  また、受動的な動きが当たり前となっているので、指示がなければ自ら動くことはしません。
  こう考えると、自ずと仕事を任せられる人は決まってきます。』

◆指示の五段活用で部下を動かす

 「これやっておけ」 命令
 「これをやって」 依頼
 「これをやってもらえないかなあ」 お願い
 「これをやってみたらどう?」 提案
 「これをやってみようよ」 誘い

 『指示をする口調を変えるだけで、
  部下のモチベーションは変る』

◆営業しているフリに陥る

◆社長が現場で忙しいのは、組織としてよくない

◆組織のほころびをチェックする

◆個人面談を制度化する

◆売れない営業を変化させる方法

  ◎優先順位を常に考えるようにさせる
  ◎成功体験ができたら、話す機会を多く与える

★いろんなノウハウが盛り込まれています。
 著者は、人事コンサルタントであり、社会保険労務士とのことです。

 
 個人面談を制度化するというのは、
 私の会社では一部実施していますが、
 さらに、全社的に広げていこうと思います。

本日は、この辺で。

編集後記

昨日、日本橋界隈を歩いていたら、

あっち、こっちで、桜が咲いていました。

木によって、咲いていたり、いなかったり、いろいろですが、

まだ、二月ですから、早いですね。

『アホな二代目につけるクスリ』を明日、紹介します。