仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる 鮒谷 周史

書評

鮒谷 周史(著)『仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる』
(2006/06/07) かんき出版

目次
 第1章 かけ算発想をするだけで突然、成功のサイクルが回りだす
 第2章 人の半分の時間で、最大の成果を得るためのオキテと習慣
 第3章 20倍速で仕事ができるようになる、自分のすごい変え方
 第4章 人的ネットワークこそ、かけ算で無限大に広がる
 第5章 どんな言葉を口にするかで、自分の結果に天地の差がつく
 第6章 誰よりも早く成長し続ける自己投資の法則

◆どんな大きなテーマも細分化して考えれば、解決の糸口が見つけやすくなる。

 『たとえば、「売上げを上げる方法は?」というテーマ・・』

  
 ★誰もが常に考えている問題ながら、言われてみれば、「コロンブスの卵」です。
  会計的にも、売上げは、数量×単価とは、金児先生もよく言っています。
  ランチェスターの竹田先生は、お客さんの数を増やすことが、会社の目的だと言っています。

  ですから、それを複合的に、同時並行して進めることで、
  生産性があがったり、確実性があがったりすることが、よく分かりました。

◆「どうやって儲けるか」という視点をやめて、
 「どうやって与えるか」という発送に転換する。

 ★これまた、ハイパーマーケティングでも読んだことがありましたが、
  今回のほうが、腹におちました。
  さっそく、社内の夕方のミーティングでも使いました。

◆「日本には富士山しか存在しない」
 という錯覚を利用して、
 何でもいいからナンバーワンを獲得する

 ★ありとあらゆる経営書で使われるフレーズです。
  この話をしたのが、株式会社武蔵野の小山社長というのが、また、説得力あります。
  わたしも、DVDでは、この話を聞いた事があります。

  でも、この方法論は忘れてました。
  思い出せてよかったです。この本の一番の収穫でした。

  とっても、読みやすいです。小一時間で読めると思います。

  でも、ひとつ、ふたつは、即座に、

  まるで、身体に電気が走るように、

    ピンと来て、

  何かしら手をつけないことには、ムズムズして気持ち悪くなるような

  アイデアが、

  手に入ると思います。

本日は、この辺で。