主藤 孝司(著)『誰も書かなかった儲けの教科書 』

書評

主藤 孝司(著)『誰も書かなかった儲けの教科書 』
宝島社 (2006/05)

目次
 第1章 直観力
 第2章 ビジネスチャンス
 第3章 儲かる仕組み
 第4章 危機管理
 第5章 マネジメント
 第6章 飛躍する力
 第7章 世の中の見方

◆あなたは自分の持つ力を信じることができるか?
 
 『自分の力を活かせるビジネスモデルを見つけ、作り出すことである。他人の意見や

  前例にとらわれず、自分に合った投球フォームやバッティングフォームを模索して

  いくのと同じだ。そうやって「自分らしさ」を作り出していかなければ、自分の力を

  100%引き出すことができない。その自分らしさを作り上げる元となるものこそが、

  自分が理由なく感じる「直感」である。』

◆情報や知識がありすぎると直観力は機能しなくなる

◆超頑固な自分と超素直な自分の二つの人格を持て

◆トップの思い込みはマーケティングを上回る

◆お金は思考を停止させる

 ★金がないからこそ、知恵と工夫で、状況を打開しようとがむしゃらにトライする。

  そんなところに、新しいひらめきが生まれる。

  ソニーや本田の初期は、そのような、フロー状態にあった。

◆当たり前のことをきちんとやるだけで成功できる

◆最初は、必ず勝てる低レベルな争いに挑め

 『挨拶だとか接客とか梱包、丁寧さ、まめさ、明瞭さなど、ビジネスとしては

  基本的な常識を導入するだけで、あなたの会社は一歩も二歩も先に

  業績を伸ばしていくことができる』

◆儲かりたいなら電話応対が悪い業界を狙え

◆直観をお金に変えていく儲けのヒント

 『・・社長一人や一部の優秀な人たちだけに、会社の売上げの多くを依存しないことだ。

  短期間で売上げを上げるテクニックは、ここで紹介していることだけでなく、

  ありとあらゆるものが公開されている。それらの中で自社にあったものを選別し、

  取り入れていくことが社長の仕事となる。そして、最終的に必要となるのは、

  それらを会社の「仕組み」にすることである。』

◆申し込み書は発明品である

◆心理学を学び過ぎた経営者は信頼されなくなる

◆電話応対を向上させれば確実に売上が増える

◆成長する力とは結果から反省点を見つける力である

★神田さんのお話の中で、何度も出てくる、伝説的な天才起業家です。

 天才すぎて、凡人には理解できないのではないかと、思っていましたが、

 視野が広がるような話が多く、

 アイデア次第では、即役立ちそうです。

 心理学を学び・・・には、ドキッとしました(笑)。

 別に、読心術のように、相手の心の中が分かるわけではありませんが、

 多少、共感しやすくなると思います。

  でも、この方もリクルート出身で、

 リクルートを作られた、究極の起業家の一人である、

 江副さんは、東大で心理学を学ばれていたわけなんですが・・・。

本日は、この辺で。