中学生でも分かる連結会計入門

書評 経理本

金児昭著「第3版連結決算基礎の基礎」税務研究会出版局、¥1800-です。

金児さんは経理本の王者ですね。著書は一体何冊あるのでしょうか?時間がある時に調べて見たいと思います。

★平成10年2月第3版1刷となっていますので、当時の制度・法令に基づいております。

◆子会社・親会社とは企業グループをひとつの会社とみなす。
「いったんは全ての数字を合計するが、それから、親会社と子会社間の売上・仕入、貸し・借りはもとより、子会社同士の売上・仕入、貸し・借りなどの取引を差し引きし合い(相殺)、消し去り(消去)ます。
これでグループ内の取引が消され(消去され)、グループの実態が連結決算に反映されます。」

◆孫会社も子会社である
「ある会社が親会社→51%→子会社→51%→子会社(孫会社)となっていれば、孫会社も親会社からみて子会社と考えます。」

◆小さな子会社(小規模の子会社)とは
「売上などでみて、会社グループ全体の95~97%に入らない会社は連結決算に入れないことができます。これを小規模会社といいます。」

◆つなげるだけでない「連結」
単なる合計ではなく
①単純の合計
②組替・修正(科目グループ内での統一的な科目への振替や修正など)
③相殺消去を経て作られる

◆連結B/S=連結貸借対照表とは
①単純に合計
②連結会社間のそれぞれの貸しと借り(債権と債務)の消去
③親会社投資勘定と子会社資本勘定の消去
「企業グループの中の内部取引は、グループの外との取引と違って、内内のものだから、消し合う(消去)」

◆連結P/L=連結損益計算書とは
連結損益計算書作成のステップ
①個々の連結会社のP/Lを科目ごとに合算する

②連結会社間の内部取引を消去する

③内部取引で在庫や固定資産に残っている利益を消去する(未実現利益の消去)

◆企業グループの経営方針の反映を見抜く
「企業グループ内の会社は、一社一社が人格と同じように社格(法人格)を持って、まず、自主独立の気持ちをもち、実際の経営実行を進めていきます。」
「親会社に『いばり』がなく、子会社に『甘え』のないのがよい」

◆子会社・関連会社に迷惑をかける連結決算資料作成・日程の短縮化
「子会社・関連会社側から見れば、規則上の問題だからやむを得ないとして、連結決算で親会社に協力しても、そのことが子会社・関連会社自体の収益の向上とは直接的に関係ないという気持ちが起こります。このことは、私が子会社2社で勤務した経験からしても、当然であると感じています」
◎親会社は連結資料・監査費用などで子会社・関連会社に負担をかけまい

◆連結決算の前提条件-未現実損益の消去(機械の売却益など)を見る

◆連結決算の前提条件-法人税等の期間配分の処理を見る(税効果会計)

◆連結業績予想を期中に下方修正する辛さ

本中でもあるのですが、当時はまだ連結会計システムが完全ではなかったようです。
今ではほとんどの上場企業で、連結会計専門のパッケージが導入されていると伺っています。
子会社側からすると専用のWeb画面に入力するか、若しくは決められたエクセルフォームに打ち込む形式をとっているようです。
今後はむしろ、中小企業で連結会計の必要性が高まってくるのでしょうか?

この本はタイトルにもあるように、入門の入門あたりですから、まずは言葉を知るという程度です。
次は、入門書もしくは中級編あたりの本にチャレンジしたいと思います。

3月決算の皆様は、これから大変な時期を迎えられますが、是非お体には気をつけて下さい。
とりわけ連結決算の早期発表は、年を追うごとに厳しくなっており、一日の短縮化が
莫大な努力により実現している成果だと、常日頃私は感じております。
もし気分転換の際は、この「教えて会計」を宜しくお願いします(笑)!

本日は、この辺で。

 

編集後記

 

少しづつ春めいていく今日この頃、移動や人事のお話もちらほらお伺いします。
昨日も日頃お付き合いの深いあるリース会社さんがご挨拶ということで、わざわざいらっしゃってくださいました。

個人的には、とても信頼でき、気持ち良く
仕事をしてくださる方と常々高く評価していたのでちょっと残念です。

新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げますとともに、
また再びお仕事できる日を楽しみにしています。

 

おすすめ会計システム3つを比較!目的別の選び方を紹介