フルキャスト物語 起業家社長に学ぶ

書評

平野岳史(著)「満天の星―フルキャスト物語」AmebaBooksです。4344990218

目次
 第一章 少年時代と青春
 第二章 就職
 第三章 ニートから起業へ
 第四章 新しいビジネス
 第五章 フルキャスト
 第六章 上場

 ”わたしが心がけたのは、まず「愛想をよくるすこと」。そして「顔はニコニコしながらも
  絶対に引き下がらないこと」。さらに「自分が売るモノに対して、自分自身が惚れ込むこと」
  だった。実際、私は『これは素晴らしい教材なんだ!』と信じて疑わなかった。そうすると、
  商品説明にも自然と力が入る。買い手に「いいモノだ」と思ってもらうには、
  まず自分がそう信じなければ始まらない。それはすべての「営業に対して言えることかも
  しれない。”

 「いったい誰から受け継いだのか、私には楽天的な資質が備わっていたようだ。中学時代から
  ありとあらゆるアルバイトを経験してきたせいか、無意識のうちに自分の生活能力に自信を
  持っていたのかもしれない。おかげで必要以上にくよくよ悩んだり、思いつめて体を壊す
  こともなかった。私はそんな精神的な強さをいつのまにか身につけていたようだ。」

 「・・私は起業という初心を忘れることなく、月に10万円ほどの貯金を欠かさず続けていた。
  開業のための自己資金として、1年で100万円、3年間で300万円貯めるのが目標だった。」

 「この地上に生を受けたすべての人には、その人が必要とされる『場』と『役割』が用意
  されているはず─。」

◆クレームから生まれたフルキャスト4つの強み

 ◎モーニングコール、出発確認

◆ブルーカラーの派遣のクレームとして多かったものは、以下の4つだ。
 ◎スタッフの遅刻・欠勤が常態化している
 ◎発注してからスタッフが揃うまでに時間がかかる
 ◎料金体系が不明瞭である
 ◎スタッフの質が悪い

 「・・・それほど財務に関して私は無知だったのだ。新しく入った常勤の監査役は、・・・
  ・・・私も、さすがに危機感を覚え始めていた。上場会社の社長になろうとしている人間が、
  『増資って何ですか?』はないだろう。私は彼に手取り足取り教えてもらいながら、
  財務の勉強を始めた」

 「そう、主役は私ではない。現場なのである。
  働いてくれるスタッフなのであり、それをナビゲートしてくれているナビゲーターや
  社員たちなのである。」

★以前、紹介したグッドウィルの折口社長のライバル企業の社長です。
 こちらも波乱万丈です。
 ちょっとコミカルに描かれています。
 
 正直言いまして、学歴や、キャリアも、普通の人なので、
 親近感はもてます。

 でも、
 フルキャスト起業時に、1200万もの大金を盗まれたり、
 大変な困難に打ち勝って、

 今のポジションを築かれています。
 起業家向けの1冊です。

本日は、この辺で。