チームリーダーの教科書

書評

『チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる』藤巻 幸夫(著)
出版社: インデックスコミュニケーションズ (2005/02) ISBN-13: 978-4757302884

目次

 01 事前準備
 02 チーム編成
 03 ビジョンを掲げる
 04 戦略を固める
 05 チームの士気を高める
 06 トラブルを防ぐ
 07 次のリーダーを育てる
 Last lesson 未来を担う新しいリーダーのあなたへ

◆リーダーとは?

 『 リーダーとは、あるものごとを自分から「やろう」と切り出して、
  人々をその方向へと全力で導いていく存在だ。』

 『 みんなで進もうとする方向性を決める』

◆多面的なチームをつくろう

 『 同じような思考や価値観をもった人ばかりを集めて「仕事をしやすいチーム」にすると、
  案外、ケタ外れのパワーは生まれにくくなる。』

◆新メンバーを迎える

 『・・「お前らはすごい!想像以上だからここはひとつ増員をして、この部分にもっと力を
  入れていこう」と説明すれば、メンバーも歓迎しやすい。』

◆ビジョンとは?

 『メンバーの誰もがめざしたいと思うような将来像』

★藤巻兄弟、弟さんの本です。
 smoothさんのご紹介で、
 「人脈の教科書」を知り、本屋で思わず手にとって買いそうになりました。
 
 いかんいかん(ご紹介の本は、そのブログのリンクから買うべきという意味です)と、
 意味もなく、隣にあったこの本を買いました。

 
 よくみると、けっこう初版は古かったりして(苦笑)。
 でも、リーダー初心者には、分かりやすいようです。

本日は、この辺で。

編集後記

昨日は、セミナーの後、

友人3人で、プチ飲み会です。

『再会』というのは、本当に、楽しく・嬉しいものです。

セミナーの内容でも、深く・深く盛り上がり、

なるほど、他人はこんなところを見てるのかと、関心しまくりでした。

この場で、シェアできないのが、とても残念です。