たんす屋でござる。 呉服問屋3代目の成功哲学 中村 健一

書評

中村 健一(著)『たんす屋でござる。 呉服問屋3代目の成功哲学』
商業界 (2006/4/25)

目次
 第1章 『たんす屋』誕生―じり貧の呉服問屋経営から社内創業へ
 第2章 社内革命物語―ぜい変の中で流れた血と活かされた過去の資産
 第3章 急成長期と試行錯誤―新業態を立ち上げて何が起こったか
 第4章 「新業態」確立のために―『たんす屋』の近未来戦略
 第5章 衰退企業のただ中にいる方々へ―まず潰すことからすべてが始まる
 第6章 目指すは世界―たんす屋フィロソフィーときものルネサンス

◆『ブックオフ』との出会い

 『・・そんな98年の12月、都内荻窪の青梅街道に面した、『ブックオフ』のお店に足を
  踏み入れる機会があった。当時、『ブックオフ』はすでに創業より7~8年経過して
  おり、400店近く出店していたが、私はまったくその存在を知らなかった。その頃の
  『ブックオフ』荻窪店は、都内で最大店舗だったそうだが、入ったとたん私は、
  その大きさ、明るさ、お客の多さ、活気、すべてに驚かされた。さらにそれが古本屋
  と気づき、二度びっくりすると同時に、ヒザをポンとたたいた(ようなイメージだった)。
  そうだ、「きものオフ」だ。「きものオフ」をつくれば、「きものは高い」問題を
  解決できるぞ、と直感した。』

◆社長自らがライトバンに乗って

◆『たんす屋』が起こす、きもの市場革命

◆変化をリードしたのは管理本部

 『私は、入社して3年間経理にいたが、これは、大学在学中に大ケガをし、とても外に
  出られる状態になく、やむなく社内においてもらったというわけだ。
  ・・慣れないソロバンをはじきながら、早く外に出たい、出て営業したいと思いつつ
  帳簿をつけていた。しかし、B/SやP/Lの基礎をまず学ぶことができたのは、貴重な
  実体験だったし、毎月の試算表づくりから資金繰りまで担当させてもらうなど、
  ある意味、経営者の基本知識を最初に身につけることができたのは、正解であったと思う。』

◆テーラーからつるしへの流れ

◆「カネさえあれば」のウソ

◆卸をやめてキャッシュフロー経営が可能に

 『ではどうすればよいのか。やめるのである。500軒を超えてあった卸のお客さまが、
  6年でゼロ件になった。結果として、在庫、売掛金、受取手形残プラス投資有価証券の
  合計で8億円を割るようになり、ピークと比較して約25億円削減できた。・・』

◆21世紀型Reビジネス」とは

◆「衰退産業指定」のお知らせはやってこない

★たまたまでしょうが、土曜日の本と通じるところがあります。
 そして、この方も、稲盛和夫氏の教えを勉強されています。経営理念はありがたく頂戴したと、
 あります。

 一見すると、衰退産業のきもの業界から、新しいビジネスモデルを構築された点、
 まわりの二代目・三代目の老舗企業がバタバタと倒れていく中、
 自らも三代目でありながら、従来のビジネスを全てスクラップし、
 再構築した点など、
 非常に、勉強になった1冊です。

 薄い本ですし、メンターからの教えと思えば1500円は安いです。
 手に入りにくいようですが、本屋で見かけたら、ぜひお手にとってみてください。

本日は、この辺で。