あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール 堀内 信浩

書評


堀内 信浩(著)『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール (単行本) 』
クロスメディアパブリッシング (2006/05)

目次
 文章を難しく考えるのはやめよう
 何のためにその文章を書くのかハッキリさせよう
 書くべきことを5W2Hでピックアップしよう
 書きたいことを箇条書きでピックアップしよう
 読む側の立場になって知りたいことを考えてみよう
 ピックアップした項目の取捨選択をしよう
 全体の構成を考えよう
 導入部分のネタをストックしておこう
 わかりやすい文章の順番を覚えよう
 目的に合ったまとめの一言を書こう〔ほか〕

◆追伸を入れよう(p-30

 『追伸の注目度というのは意外に高いものがあります。』

 ★これは、苦手だったんですが、メールではなるべく、どうでもいいネタを
  入れるようにしています。そして、セールストークでも、刑事コロンボが
  やれすように、返り際に「そうそう、忘れてました・・・」
  という局面で、いちばん聞きたかったことをズバット聞くのが有効だったり、
  するそうです。

◆常に主語を意識しよう

 『わざと主語を省力して書くケースも多いのですが、省略してしまうと相手に
  誤解を与えるケースもあるので、注意が必要です』

 ★他人の報告を聞くときは、けっこう気になって良くクレームをつけます。
  他人の振り見て、わが振り直せ、というところですね。

◆ワープロの校正機能を使って文章チェックをしよう

 ★これは知りませんでした。オフィスのパックからワードを外して欲しいと
  思うくらい、エクセル一本やりになっていました。

◆文章を書き終えたら、必ず声にだして読み返そう

 ★以前、やっていた時期もあったのですが、
  今は、読み返すことすら、少なくなってきました。
  これは、早急に改善したいのですが、一応社内で周囲に人がいるので、
  どうしたものかと思います。

◆「引用」してみよう

 『権利者に無断で引用してもいいことが法律で認められています』(著作権法第32条)

 ★引用のルールは、薄々気になったいました。
  本も2冊購入していますし、コレを機会に、少しづつ甘えを排除し、
  徹底したいと思います。

※ちょっと雰囲気を変えてみました。
 ◆が引用で、★が私の考えです。
 本来、引用部分は「」でくくるとのことですが、
 私の場合、ロングな引用をすると、その引用の中で会話文もでてくるので、
 あえて、『』で引用しております。

 書いて書いて書きまくれば、あなたは必ず評価される!と、

 中表紙に書いてあります。神田さんも、同じようなことを言われていました。
 それを信じた私は、こんな風に、ブログをやったり、
 ニュースレターを書いたり、文章を多少なりとも、書くようになりました。
 (ちょっと、最近、滞っており、猛反省しております)

 これからは、
 小冊子や、セールスレターなどなど、
 新しい挑戦をしていきたいと思います。
 なるべく、パラパラめくって、正しい言葉使いを覚えます。

本日は、この辺で。