『運命のサイン―望みをかなえる5つの手がかり』アライエン,アンジェレス(著)

書評

『運命のサイン―望みをかなえる5つの手がかり』アライエン,アンジェレス(著)
出版社: ワニブックス (2003/01) ASIN: 4847014847

目次

 1 あなたを示す重要な5つのシンボル
 2 5つのシンボルのテスト(テスト結果の解釈1・ポジションの意味
             テスト結果の解釈2・5つのシンボルの意味)
 3 まとめと、よりくわしいテストの応用

 『・・・私はおのおのの文化や時代に存在した芸術に、共通する「特定のシンボル」というのが
  果たして存在するのかを調べてみたくなりました。また、その特定のシンボルにもし意味が
  あるとするならば、人はそれにどのような意味づけをしているのか、そして、それぞれの
  文化の中で、それらの意味は似かよっているどうかを知りたかったのです。また、
  異なる時代や文化の人々が特定のシンボルを芸術的に表現する場合、これはみんなから
  同じように認知され、同じような感想や感動を残すといった「集団的体験」が起こるのか
  どうかも気にかかりました。これらの疑問に答えてくれそうな回答を発見するために、
  私は比較文化的研究を始めたのです。
  それから7年間の研究と新たに発見した資料から、私は円と四角と三角と十字とらせんという
  5つの基本的なシンボルが、すべての文化の芸術に現れることを発見しました。また、
  文化の異なる人々が、これらのシンボルに対して同じような意味を持たせていることも
  この研究で確認できました。円は完全、四角は安定、三角はゴールや夢、十字は関係、
  そしてらせんは成長を意味するのです。これらのシンボルにこめられたそれぞれの意味は、
  人間のある「変化のプロセス」を象徴しており、シンボル自体がこの変化過程をその内側に
  有することも明らかになりました。』

◆5つのシンボルテストの行ない方の説明 (p-18

◆円 自我の確立、個性化

 『どの文化でも、円は”自我の完成”と”すべての体験をひとつにまとめること”を象徴します。
  自我の完成を求めるとき、人々は独立することや個性を持つことを目指します。そういうときに
  人がもっとも必要とするのはスペース、つまり自分を見つけて自分の個性を成長させるための
  部屋です。・・・』

★たまには、ちょっと変わった本を紹介します。
 これは、5つのシンボルに対して、
 1~5番目まで、好きな順番を決めます。

 そうすると、例えば十字を3番目に選んだ私の場合・・・、といったアドバイスが書かれています。
 もしかすると、何かの気づきが得られるかもしれません。

本日は、この辺で。