『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』日野 佳恵子

書評

『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』日野 佳恵子 (著)
出版社: 三笠書房 (2006/12) ISBN-13: 978-4837922056

目次

 1  いま「女のセンス」を生かせる会社がすごい!
 2  女性社員が次々と「提案」をし始めた!
 3  女性が「スーパー戦力」に変わるとき
 4  これから伸びるのは「この手」を打つ会社
 5  「女性が活躍する会社」の成長法則

 『 いまや「女性の活用」「女性の戦力化」は、どんな企業でも共通する課題なのだ。
  時代の、そして人事戦略のキーワードなのである。』

 『 会社が、「女性のセンス」を生かすことで効果的に事業を発展させるには、「女性が
  会社のさまざまな場面で発言する機会がある」「決裁権のある場に女性がいる」ことが
  成功のコツだからだ。』

◆会話──「女の気持ちに響く」言葉選びを

 『・・ここで大切なのは、男性には、「女性の会話は、”親和”つまり、心を合わせることである」
  ということ、女性には、「男性の会話は”解説”である」ということを知っていただきたいという
  ことだ。』

◆指示──女は「おい・それ型」より「依頼型」で動かす

 ◎10回に一度の「悪いけど・・・」効果

  『 では、女性が人に何か仕事を頼むときは、どういう言葉になるだろうか。
   「ねえ、○○さん、ごめんね、○○してもらっていい?」というように、「ごめんね」
   (あるいは、「悪いんだけど」)という言葉が枕詞のようにつく。
    これはたとえ女性が上司の立場であっても同じで、・・・』

◆「仕事か家庭か」だけが選択肢ではない

◆女性が「昇進に二の足を踏む」本当の理由

◆「サクセス」より「ハッピー」を選ぶ女の本音

◆女性の仕事観を決める8つの選択肢 (P-171

★最近、大企業が新卒の大量採用に走り、人手不足という記事をみかけます。
 これからの、日本は、少子化時代ということなんで、働き手は足りません。
 移民を受け入れるというダイナミックな政策の転換がない限り、
 状況は厳しくなる一方です。

 そんな中でも、女性の就業率自体が低く、
 さらに20代後半から30代の、若くて優秀な女性が、育児のため、
 家庭に閉じこもっています。

 筆者は、中小企業が成長するには、優秀な若い男性の正社員の採用に費用をかけるよりも、
 ここの女性ゾーンをうまく活用することが、
 一番だと言っています。

 これは、中小企業経営者には、必読のトピックです。

本日は、この辺で。

編集後記

高速に乗ったと思ったら、ガソリン切れのランプが点滅しました(ドキドキ)。

迷いながらも、もうちょっと、もうちょっと、と走り、

サービス・エリアのガソリンスタンドの前に、

ここまでに、既に40K以上走っています。

「1Lが130円、コリャ高い。10は円高いな、出口まであと二キロ、チャレンジするか!」

と・・。

小心ものの私は、高速のインターから一番近いスタンドに滑り込みます。

なんか、このお店、金額表示がないなぁと思った矢先に、

お店の中から、小走りで、1人・2人・3人、と小躍りするように出てきます。

とっても、嫌~な予感がしました。

その結果は、

ありえない136円。しかも、その反対方向のすぐ側の同じ系列の店舗では、

120円代、その価格差なんと、20円近く。こんな日も、ありますよね(泣)!!

ここまで、ドキドキしながら、走ってきた努力は・・・。