『多発発想 アイデア・ダンプ』中山 マコト

書評

『多発発想 アイデア・ダンプ』中山 マコト(著)
出版社: 中経出版 (2007/9/1) ISBN-10: 4806128120

目次

 第1章 アイデア・ダンプとは何か?
   1 アイデアを3回、出しつくす
   2 どんなアイデアが生まれるか?
   3 アイデア・ダンプのやり方とは?
   4 準備をする

 第2章 マインド・セットを行なう
   1 マインド・セットとは何か?
   2 「ターゲット」をはっきりさせるためのアイデア・ダンプを行なう
   3 2度目のアイデア出しをする
   4 ひと休みする
   5 最後のアイデア出しをする
   6 いいアイデアを選び、ターゲットを決める
   7 「メリット」「問題の解決方法」を決める
   8 誓いを立てる

 第3章 メインテーマのアイデア・ダンプを行なう
   1 いざ、メインテーマのアイデア・ダンプへ!
   2 アイデアが出ないときは、ターゲットに接近する

◆あなたの脳には、たくさんの情報が眠っている!

 『 これは、アイデアを「吐き出す(=ダンプ)」、という意味です。ブレイン・ダンプと呼ぶ人もいます。
   僕は、「アイデアの素」をアウトプットするということで、「アイデア・ダンプ」と呼んでいます。』

◆紙とペンと用意して、ひたすら、書く!

 『 早速、アイデア・ダンプの方法を紹介します。やり方はとても簡単です!
  1、まずは、真っ白い紙とペンと用意してください。
  2、次に「テーマ」を決めます。
   ここでのテーマを、「あなた自身の強み」とでもしましょうか。では、その白い紙の一番上に、「自分の強み」と
  書いてください。
   さて、タイトルが書けました。では、これからが「アイデア・ダンプ」の本番です。
   今から、10分間のレースをやってみましょう。』

◆最高のアイデアを思いつく3つのステップ

 STEP1マインド・セットを行なう

 STEP2メインテーマについてアイデアを出す

 STEP3アイデアを仕上げる

◆二度目のアイデア出しをする

 ◎もっといいアイデアを、という気持ちで、さらに10個出す

  『 ここでは、あなたの脳に、こう問いかけてください。
    「本当に、この30個で全部ですか?」  』

◆アイデアが出ないときは、ターゲットとなる人の日常をイメージする

 『日々、どんな暮らしをしているのだろうか?』

 『「ターゲットが日常、抱えているイライラを解消してあげる」』

★アイデアを出さなくてはならないとき、
 考えても、考えても、なかなか出ません。

 ある人は、環境を変えると良いと、いいます。
 また、ある人は、水に潜って、水中でアイデアが生まれるといいます。

 そんな苦しい時に、ぴったりの1冊です。
 薄くて、すぐ読めるし、即効性があります。

本日は、この辺で。

編集後記

秋晴れの、気持ちの良い一日です。

先日、

栗ごはんを、食べました。

ちょっと、塩をかけて、

美味しかったです。