(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

『動産担保融資の夜明け―中小企業の運転資金確保に新しい時代の波』 久保田 清

更新日:

『動産担保融資の夜明け―中小企業の運転資金確保に新しい時代の波』 久保田 清(著)
出版社: 銀行研修社 (2007/03) ISBN-10: 4765742229

目次

はしがき
序 動産担保融資とはどのような融資手法か
  ▼動産担保融資とは
  ▼不動産担保融資手法との違い
  ▼問題点
第一章 バブル崩壊を身に浴びて
 1 二度とバブルは起こすまい
 2 神谷町から起こった悲劇
  ▼バブル発祥の地
  ▼「担保主義」でおろそかになっていた企-0業の診断
 3 奮迅の日々~ビジネス・マッチング
  ▼ビジネス・マッチングしかできない
  ▼日本橋支店での出会い
  ▼日本橋で掴んだビジネス・マッチングのきっかけ
  ▼「倒産しますよ」「それでもいい」
  ▼「在庫が担保に取れれば...」
  ▼ある社長の死
  ▼銀行は医者でなくてはならない
 4 上野駅ホームで立ちすくみ
  ▼ここは戦場か?
  ▼駅のホームの柱に頼る日々
 5 地下鉄サリン事件、その日の記憶
  ▼五日延びた葬儀
  ▼バブルを再び起こさないために

第二章 ドン・キホーテの"隠れた"ノウハウ
 1 ドン・キホーテとの縁 
  ▼「目利き人」の存在
  ▼ドンキとの巡りあわせ
 2 オンリーワンの買い取りノウハウ
  ▼「目利き人」との出会い
  ▼目利きのノウハウ
  ▼スタッフは皆一軒の商店主
  ▼270万件にものぼる商品データ
  ▼目利き能力=動産評価能力
 3 銀行の在庫評価はいい加減だった
  ▼2億円の評価が2,000万円となることもざら
  ▼決算書上の在庫分析では何も分からない
  ▼在庫商品把握革命

第三章 発明の"瞬間"
 1 動産評価+融資......?
  ▼動産譲渡登記制度の可能性
 2 世の中が変わる! そう確信した
  ▼買取可能=評価可能なのだが...
  ▼動産評価業務着想の1週間
 3 無担保融資の動産担保
  ▼銀行にとって必要な保全
  ▼「保全」として難しい位置づけの動産
  ▼「ICタグ」をつけるのでは手間も金もかかる
  ▼無担保融資で動産担保を活用
  ▼「担保主義」を乗り越えた動産担保融資を
  ▼動産"評価"を融資にどう活かすか
  ▼「動産評価鑑定士」による「動産評価鑑定書」の作成
  ▼2とおりの評価額
  ▼金融機関側のルール作りも必要
  ▼在庫診断から深い企業分析が可能になる
  ▼3つの利用モデル
  ▼動産担保は「早い者勝ち」
  ▼信頼できる評価業務が必要
  ▼「動産評価鑑定士」「ABL協会」誕生へ
  ▼「再チャレンジ」でも中心のテーマに
 4 100メートル走~各行一斉にスタート
  ▼3/10の銀行員にしか伝わらない
  ▼目利き人たちの特訓
  ▼銀行の取組姿勢のばらつき

第四章 「動産担保融資」の夜明け
 1 「動産評価鑑定士」の誕生
 2 経済の革命----"なぜ銀行でもないドンキが!?"
  ▼「士」の壁
  ▼1人の理解者からビジネスモデル特許まで発展
 3 動き出した「動産担保融資」
  ▼法務局の人ですら知らない現実
  ▼まだ誰も気づいてないだけ----大変な先駆者のはず
  ▼ABL研究会からABL協会へ
 4 ビジネスモデル特許
  ▼目利き人の眼力をビジネスモデル化
  ▼オリジナルのノウハウを特許申請
 5 りそな銀行と共に始動
  ▼中小企業の在庫評価がカギ
  ▼第1号案件を実施
 6 革命の立役者たち
  ▼振り返れば多くの理解者がいた
  ▼1年で到達できた原動力
 7 ドン・キホーテのABLのスキームについて

第五章 新たなビジネスチャンスへ
 1 現在進行形のプロジェクト
  ▼積極的な金融機関の増加
  ▼ゴードン・ブラザーズ・ジャパンとの関係強化
 2 ベンチャー、中小企業に光差す
  ▼大阪府の制度融資
  ▼保証制度の開始
  ▼新ビジネスが多く生まれつつある
あとがき

◆「担保主義」でおろそかになっていた企業の診断

 『 本音を言うと、「量の拡大」政策を掲げてバブル景気を後押ししてきたのは誰ですか、という
  思いが私のなかにはありました。不動産を担保にとり、企業さん、どうぞどんどん投資してください
  と金を貸してきた、それも銀行じゃないですか、と。景気が悪くなってきたとたんに手のひらを返し、
  もう貸せませんでは、相談に来た彼らは死んじゃうじゃないですか。もちろん経営の仕方にも
  問題があったかもしれません。しかし、どうぞやってくださいと言わんばかりに投資を勧めたのも
  私たち銀行ではなかったでしょうか。』

◆「在庫が担保に取れれば・・・」

 『 動産を担保設定する際には占有の問題が生じます。例えば家具や工作機械を担保に取ったとしても、
  自分の銀行に持って帰るわけではないので、それらが知らない間に売られてしまっていても
  わかりません。
   登記ができなかったので、担保の二重設定も起こりえます。自分の銀行の担保だと思っていた物が、
  いつの間にか他の銀行の担保にも取られていて、いざというときにトラブルになっています。
  これもよくある話でした。』

◆バブルを再び起こさないために

◆「目利き人」の存在

 『 店内はまるで上野のアメ横のようでした。物が天井からぶら下がっていて、目当ての品も
  見つかりません。
   実は嫌になってしまい、ここで買わなくてもいいのではないか、とも思いました。せっかく来たん
  だからと妻に言われ、仕方なくお店の人を探しました。ところが、店員さんもなかなか見つかりません


   やっとのことで店員さんをつかまえて、ジャージを買うことができました。
  まさか自分がドン・キホーテの業務本部長になろうとは、そのときは夢にも思いませんでした。』

◆スタッフは皆一軒の商店主

 『 ドン・キホーテは入社二、三カ月の社員に売り場を一任するスタッフ商店主システムを
  採っています。簡単に言うと、社内に○○屋さんという商店を無数に作っているのです。
  それぞれの店舗の買い場がひとつの独立したお店で、買い場を任されたスタッフたちは皆一軒の
  商店主なのです。』 

◆決算書上の在庫分析では何も分からない

★2005年10月3日から動産譲渡担保登記制度が開始されたそうです。
 著者の久保田さんは、ドン・キホーテの前職は、ながく銀行づとめをされていて、
 バブル崩壊で、辛酸を舐めたお客さんと共に戦ったことで、
 ノイローゼになりかかった経験から、

 中小企業に積極的に融資できるスキームを探しもとめたそうです。
 そして、
 ドン・キホーテという会社の中に、「目利き天才」と呼ぶべき人をゴロゴロ見て、
 衝撃を受けたそうです。

 ついに、「動産評価鑑定士」という商標を取って、これを新たなビジネスチャンスとしました。
 私のビジネスは、在庫を持たないので、
 あまり接点はないのですが、
 多くの、中小企業には、融資の新たな選択肢となりそうです。

本日は、この辺で。

編集後記

月曜日に、事務所で使っているパソコンをビスタに変えました。

まだ、ゲーム(?)ぐらいしか入れていませんが。

けっこう乗せ換えは、手間ですね。

これが、最後の自己所有のパソコンとなるかもしれません。

グループウェアだったり、ブログだったし、

サーバー上で完結する、システムがどんどん増えて、クライアント上のプログラムやデータが

なくなれば、自分のパソコンは、不要となりますね。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.