『儲かる!治療院経営のすべて』吉田 崇

書評

『儲かる!治療院経営のすべて』吉田 崇(著)
出版社: 同文舘出版 (2005/5/16) ISBN-10: 4495567810

目次

 第1章 なぜ、あなたの治療院には患者が来ないのか?
 第2章 全国大繁盛治療院10選
 第3章 すぐにできる販促企画でどんどん患者を増やそう
 第4章 当たるチラシのつくり方をマスターして新規患者数を1.5倍にしよう
 第5章 患者をリタイアさせない方法
 第6章 患者も大満足!!信頼される接遇のイロハ
 第7章 患者が通いたくなる外看板と内装・レイアウトはこうする
 第8章 こうすれば上手くいく!来院患者分析はこうつくる
 第9章 これからの治療院経営はここで差をつけよ

◆競合院の調査を実施しよう

◆何でもいいから一番になろう

◆ブランドイメージを確立しよう

 ◎ブランドを確立できる院の共通点

  ①コンセプト・治療内容がわかりやすい

  ②特定分野での抜群の実績を持っている

  ③院を代表する「顔」を持っている

  ④革新性があって他院との違いが明確にある

  ⑤情報発信を積極的に行っている

◆チラシには新聞折り込みとポスティングがある

◆患者を固定化して安定経営を

 『 まず、「一般患者」の段階。いわゆるフリーの患者です。こうした患者は、自分に合った治療院が
  ないかを探している段階かもしれません。一度来院しても、次も来てくれるとは限りません。一回目の
  来院時に、施術内容と接遇対応で、いかに好印象を与えられるかが重要になってきます。
   患者が院を気に入り、何度か来院してくれるようになると、これが次の段階である「知人患者」です。
  院長、スタッフと患者がお互いに顔と名前を覚えていて、来院の際、「こんにちは、○○さん」と
  言える状態です。
   さらに院長、スタッフと患者の接触頻度、新密度が高くなると「友人患者」となります。・・・』

◆患者勉強会を開催する
 
 『 患者勉強会を行なうまでの流れは、①開催日の決定、②講座内容を決める、③患者勉強会の案内ビラを
  作成する(開催日時と講座内容を明記)、④来院している患者に告知する⑤テキストを作成する(わかり
  やすい文章で2~3枚程度にまとめる)、⑥患者アンケートの作成(今後の患者勉強会の参考にするため)、
  となります。
   また、患者勉強会を開催するうえで注意したいことは、①いま来院している患者にのみ告知する(新患
  獲得を狙って近所にポスティングしても反応は薄い)、②最初からたくさんの人にきてもらおうと思わず、
  当初は数人でもよいという気持ちではじめる(常連患者の満足度向上という位置づけ)、③数回で終わると
  逆効果なので、半年先くらいまで開催日を決めておく(月一回ペース程度)、などです。

◆患者は心と体を癒したい

 ◎体だけでなく、心まで元気にできれば喜ばれる

  『 治療院は体を治療するところですが、患者が体を悪くした原因がストレスなどの精神的な部分にある
   場合も少なくありません。私のお付き合い先の院長に聞くと、「この治療院に来るだけでラクになるよ」
   と患者に言ってもらえることも多いとか。』

★船井総研のコンサルタントの方が書いているだけあって、
 内容盛りだくさんで、
 患者さんとの世間話に適した内容だとか、
 具体的な、声掛けの仕方だとか、
 なるほど、こんな細かいところまで、繁盛院は、実践しているのだと、勉強になりました。

 異業種のノウハウ本を、
 読むと、意外なヒントが満載で、けっこう、面白いです。

 どんな人にお勧めかは、ちょっと、思いつきません。

本日は、この辺で。