(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

『ソニーを創った男 井深大』小林 峻一(著)

更新日:

『ソニーを創った男 井深大』小林 峻一(著)
出版社: ワック (2002/09) ISBN-10: 4898310427

目次

 序章 文化勲章をもう一つ
 第1章 井深大の原風景
 第2章 好奇心の発露と孤独と
 第3章 電波に魅せられた少年
 第4章 脚光を浴びる学生発明家
 第5章 植村泰二とPCLの時代
 第6章 前田多門と日本光音の時代
 第7章 先端兵器開発の時代と盛田昭夫
 第8章 東通工に込めた理念と戦略
 第9章 ソニーのスプリングボード
 第10章 井深大のニューパラダイム

 
◆「メカノ」に熱中する

 『 井深大は、そのまま日本女子大学校付属豊明小学校に進学した。
   大が「メカノ(Meccano)」というおもちゃに出くわしたのは、この時期である。
   ひとことでいえば、これは金属性の組み立て玩具。日本ではまだ馴染みが薄いが、欧米ではポピュラーな
  おもちゃで、昔から熱烈なファンも多い。現在でも愛好者団体が刊行物を出したり、インターネットによる情報発信も
  盛んに行なわれている。
   出会いは、坂田真太郎という人の家を訪ねたときのことだった。坂田は日光電気青銅所時代、父タス甫(たすく)の
  部下にして親友であり、甫の死後も、残された母子のことをなにかと気遣ってくれた人物である。彼は、ヨーロッパ
  帰りのお土産として自分の息子ために「メカノ」を買ってきたのであった。
   ところが息子は、このおもちゃをうまく組み立てるにはまだ幼すぎた。代わって、「メカノ」にかじりついたのが
  大である。穴の開いた鉄板、ボルト、ナットなどを相手に奮闘し、ついにケーブルカーとか風車などを組み立てる
  ことに成功する。
   大はすっかりこのおもちゃに魅せられてしまった。欲しくなって、どうしても手放そうとせず、ひらすら駄々をこね
  た。結局、大人たちが譲歩して、ピカピカ光る基盤、シャフト、真鍮の車輪、ボルト、ナットなどの入った、
  ずっしりと重くて薄い箱は、大のものになった。
   大は、サンプル画面を見ながら、夜も寝ないで片っ端から組み立てていった。途中までいくと、もう一級上のセット
  を買わないと部品がどうしても足りなくなる。そこで、あるだけの手持ち部品を活用して、組み立て可能なものを
  次々と工夫し考え出した。
  「こんなに単純な部品から、こんなにいろいろな物が作れる!」
   物を組み立てる楽しさが、新鮮な驚きとともに大の全身を満たしていた。』

◆「日本のデンマーク」の科学少年

 『 町の中心部にも出かけた。一軒ぐらいしかなかった本屋では、よく「理科少年」を立ち読みしたものだが、
  時計屋のショーウインドーを物珍しげにのぞきこむのもいつものことだった。小学二年のある日、その
  ショーウインドーに電鈴(ベル)を見つける。それが無性に欲しくてたまらず、帰宅して祖父にねだった。
  相当高価だったはずだが、ねばりにねばった末、電線、電池を含め一揃いを買ってもらった。』

◆井深が描いた理念

 『井深が最初に手がけたのは、新会社の設立趣意書の作成である。この新会社とは、いうまでもなく昭和二十一年五月に
  発足するソニーの前身・東京通信工業株式会社である。設立四ヵ月も前の一月には、早々と設立趣意書を書き上げて
  いたのだった。』

 『真面目ナル技術者ノ技能ヲ、最高度ニ発揮セシムベキ自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場の建設』

 『不当ナル儲ケ主義ヲ廃シ、(中略)徒ラニ規模ノ大ヲ追ハズ』

 『経営規模トシテハ寧ロ小ナルヲ望ミ、大経営企業ノ大経営ナルガ為ニ進ミ得ザル分野ニ技術ノ進路ト経営活動ヲ
  期スル』

 『従業員ハ厳選サレタル可成(なるべく)小員数ヲ以ッテ構成シ、形式的職階制ヲサケ、一切ノ秩序ヲ実力本位、
  人格主義ノ上ニ置キ、個人ノ技能ヲ最大限度ニ発揮セシム』

 『会社ノ余剰利益ハ適切ナル方法ヲモッテ全従業員ニ配分、(中略)会社ノ仕事即自己ノ仕事ノ観念ヲ徹底セシム』

◆テープレコーダーG型の教訓

 『 テープレコーダーを売ろうとしても売れないのは、なぜなのか。思い悩んだ末に、盛田はひとつの結論に到達し、
  重要な決断をするに至る。
  「売るためには、買い手にその商品の価値をわからせなければならない。やっとそういう結論に到達したとき、
  私は、自分がこの小企業のセールスマンの役割を果たさなければならないと考えた。私が販売のほうを受け持っても、
  幸い革新的な製品の設計と開発に全精力を傾けてくれる井深氏という天才がいる」』

◆「永遠の少年」の巡礼行

 『 青木と並び「気」の達人と称されるのが、西野皓三である。かつて由美かおる、金井克子などといったタレントを
  世に送り出した西野バレエ団主宰者として知られていたが、その後、武道の世界に入り、西野流呼吸法を創始した。
  青木と同様、人を飛ばすこともできるという。
   盛田昭夫の実弟・盛田正明(当時、ソニー副社長)、入交昭一郎(当時、本田技研工業副社長)ら企業経営者も
  続々通っていたが、井深も91年、ソニー役員から紹介されて西野を訪ねている。同席した佐古がその時の
  模様を描写している。』

◆七十歳を超えてウォークマンを着想

◆近代科学を超えるニューパラダイム

 『デジタルだアナログだっていうのは道具立てに過ぎない。今日明日のことをどうするかってことも大切だが、
  ニューパラダイムの意味をもっと大きく捉えて考えてほしい。お客さまに満足していただく商品をこしらえる
  ことは、人間の心の問題です。モノと心が表裏一体であるという自然の姿を考慮に入れることが、近代科学の
  パラダイムを打ち破るいちばんのキーだと思う。こういったパラダイムシフト、つまり人間の心を満足させる
  ことを考えていかないと、二十一世紀には通用しなくなることを覚えておいていただきたい・・・』

★知的障害者の娘を持つ親であることが、井深氏を教育や福祉の問題に直面せざるおえなくしたようです。
 そして、
 それは、わが子に不自由のない人生を遅らせるというに留まらず、
 そうした境遇の子を持つ、親が集う場をつくり、
 両親亡きあとも本人らが安心し生活していける生活の場をつくっていく活動となりました。

 また、その人間的な触れ合いと、娘の存在そのものに、感謝されて言葉が印象的でした。

本日は、この辺で。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.