(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

『わが安売り哲学 新装版』中内 功

更新日:

『わが安売り哲学 新装版』中内 功(著)
出版社: 千倉書房 (2007/10) ISBN-10: 4805108886

目次

 めざすは消費者主権

 メーカーへの挑戦状

 これが流通革命だ

 ダイエーはかく進む

 人は現場で鍛える

 競争こそすべて

◆バリュー主義

 『 新しく開ける消費者社会を貫く原理を、バリュー主義と呼びたい。バリュー主義は、消費者が求める
  バリュー(価値)を基礎にする。従来の、そして現在のほとんどの企業はコスト主義で染められている。
  物の価格を決めるのに、コスト(費用)がいくらかかるから売価をいくらにするというのがコスト主義
  であり、ここでは消費者は無視されている。バリュー主義では、その商品に消費者が求める価値を基準に
  して売価が設定され、コストは無視される。
   生産された商品は、流通過程を経て消費者の手中に渡ったときに初めて売れたという。ここに価値が
  実現する。経済現象は基本的には、経済的な価値の生産、消費の循環現象であり、消費者の購買によって
  価値の再生産循環が完結する。締めくくりとなる消費者による購買の質と量は、全面的に消費者自身の
  価値判断による。その人が高い価値を認めれば多額の代価を進んで払うし、価値を認めなければ一顧だに
  すまい。消費者の判断は、生産者の主観的な期待や思惑とは完全に独立した行動である。つまり、コストとは
  無関係なのだ。その品を作るのに巨額の費用が投じられていたとしても、消費者が認めなければ価値はゼロである。
  コストはほとんどかからなかった品でも、消費者がほしがる品なら高い価格となる。バリュー主義とはこういう
  考え方である。』

◆松下幸之助氏に期待する

 『 松下幸之助氏の思想に共鳴しているゆえに、私は松下氏に現在の流通部門の行く手をもう一度とくと見て
  ほしいと思う。そのなかで、生産者の役割、流通業者の役割を明確にされることを期待する。
   メーカーは良質の商品を生産し、ブランドで保証するのが役割である。しかし、いったん販売店の所有に帰した
  商品の販売価格、販売方法は商品の所有者である販売業者が決定すべきである。商法に明記されているように、
  販売業者は自己の計算で取引しているのだから。そして、消費者は自己の権利を十分に行使してよりよい
  消費生活を営む。消費者─流通業者─生産者の三権分立がぜひとも必要である。』

◆流通革命は権力の交代

 『 価格は、価値の絶対的、集中的な表現形態である。個別の企業がそれぞれの意志に基づいて行動する資本主義
  社会にあっては、価格は全世界の中心にある。企業は市場の価格の動向によってのみ生産と販売への行動を
  決め、結果としての利潤を追求していく。労働の価格としての賃金は家計を左右し、人は賃金を職業選択の
  重要な参考にする。』

◆チーピーストアからの脱皮

 『 私は、いままで「ダイエーストリップ劇場、百貨店歌舞伎座」論をとなえてきた。百貨店は商品よりも長年の間に
  築いた名声やイメージを売る。ダイエーは商品そのものを売る。ダイエーは、若い女の子の裸を大量に陳列している
  ようなもので、内部の設備や看板は二の次だ。中身のショーが肝心なのだ。ストリップ劇場がたとえ内部を
  シャンデリアとじゅうたんで飾ったとしても、ショーが貧弱であれば客を集めることはできない。同様にダイエーは、
  大量の商品の裸陳列によってファンを集めていく。だがストリップ劇場に俗悪なイメージがあるように、スーパーと
  いうと、安かろう、悪かろうのイメージを消費者に与えてしまった。』

◆行動する経営者

 『 経営者の資質としてはなにが必要か。
   第一には、仕事への信念である。企業を取り巻く環境は刻一刻と変わっていく。明治百年、日本の企業は初めて
  国際場裡に投げ出された。日本の企業をささえてきた低賃金は過去のものとなりつつある。日本の企業は初めて
  構造変動の渦のなかに巻き込まれている。このとき、経営者は五年後、十年後のビジョンを描きながら、今日の
  措置をしていく。いたずらな右顧左眄(うこさべん)は愚か者のすることである。わが所信の大胆な実行あるのみだ。
  経営についての確固たる信念をもって先頭を走る経営者にこそ、万軍の兵は従ってくる。自ら信じること少なき者が、
  他の人びとに福音を説くことは不可能である。飛びくる矢にたじろかず、木石のごとき非情な精神を持たねばならぬ。
   価値の転換が激しいスピードでなされる現代において、常に「なにが正しいか」を的確につかみ、信念をもって
  「正しいこと」を遂行していくことが要求される。正しいことさえやっていれば、企業は絶対につぶれないはずである。
  経営者の信念は、社員一人一人の信念となり、困難があっても信念のもとに克服していくものである。』

 『 最後に、行動力である。すべてはここに結集される。経営者は行為する人であり、行動を通じて思考する。知識、
  すなわち将来役に立つであろうと思われることに対しての論理的な思考と、その情報の集積、一方では過去の仕事を
  通じての経験法則の蓄積としての経験を行動に生かし、行動を通じて成果を造り出す──これが経営者である。
  不退転の決意を心に秘めて、最も困難な仕事を受け持ち、陣頭にあって叱咤する経営者の姿こそ、最も美しい姿である。   信念も勇気も柔軟性も、行動のためにあるものではないだろうか。自分の行動のなかにこそ喜びを見出し、しかも
  その成果におぼれることなく、再び新しい行動のなかに身を投じていく、それが経営者である。』

★まえがきで、キャッシュ・レジスターの響きは、この世の最高の音楽である、とうい名文句があります。
 神田さんの本では、通帳への、記帳機で、記帳する際、「じっ、じっ、じっ」という音を聞くと、幸せを感じると、
 書いていました。

 インターネットの時代となると、
 なかなか、体感しずらくなるのでしょうか。

 なかなか、読み応えのある1冊です。
 商売に関心のある方には、ぜひ、お勧めです。

本日は、この辺で。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.