「はなまるうどん」激安商売術

書評

 

 

前田英仁著『「はなまるうどん」激安商売術」講談社です。4062121409

目次
第1章 「無能」を生かして「革命」を起こす
第2章 「落ちこぼれ」にこそチャンスあり
第3章 「はなまる式」FC商売術
第4章 「思い込み」は最大の武器となる

◆「プロより素人」「天才より凡人」に徹する!!

「うどんの本場高松に1号店をオープン後、全国展開4年で急成長。
世界制覇も視野に入れた「ミスターうどん」の
しなやかな野望と
計算し尽くされた戦略のすべて!!

◆店はポップにしつつ「アカ抜けなさ」を残す

◆うどんの大を注文しにくい女性のために「中」を加える

◆トッピングの組み合わせは一万通り以上用意する

◆お客さまの残したものは食べてみる

◆一番神経質そうな女性客を衛生の基準にする

◆「関西風」「関東風」は意識しない

◆お客さまアンケートが社長に直結する仕組みをつくる

◆直営店は「実験店」として機能させる

◆ビジネス街より若者の街で「ミスマッチ効果」を

◆「フォードの教訓」を生かす

「私は役割分担を徹底させようと決めていた。会社の方向性を決める抽象的部分は
私が担い、その私の抽象的なイメージや方向性は各専門家が具体化していく、
という流れである。私は実務に関して能力が低いということを自認しているので、
各部門にスペシャリストを配し、そこに積極的に権限委譲をすることにしたのだ。」

★非常にユニークな方です。
自称、落ちこぼれで、一時期はぐれていたそうです。
ただ10代のころから、自己啓発にも関心があり、デール・カーネギーの「人を動かす」や「道は開ける」
は、17歳のときに読んだそうです。それから、趣味はお金持ちの豪邸めぐりだった時期もあります。

精神的な迷いの時期もあったそうですが、
心の師との出会いで、ふっきれ、

「感動」と「喜び」にあふれた人生を歩みはじめたのです。

「しぶれるような人生」を、ぜひ、私も送りたいと思います。

本日は、この辺で。

 

 

編集後記

こんにちは、今日も宜しくお願いします。

株価がけっこう、上がっているようです。

先日の本だと、土地やビルの値段もリート(不動産投資信託)などの影響もあり、

上がってきているそうです。

また、バブルなんてことになったら困りますが、

デフレ一辺倒なんてのも、困りますので、

それなりに、少しづつ、上がっていくと、良いのでしょうか?

個人的には、自分が買うものは安く、給料は高く、というのが理想ですが・・・(笑)。

年末の大掃除も兼ねて、

アマゾンのマーケットプレイスでも挑戦しようかと思います。

でも、マーケットプレイスのやり方が、今ひとつ分かりません?