資金調達に関する記事一覧


資金調達

コロナ延納で、税金・社会保険・労働保険などの支払い猶予を受けることができます。申請書類は簡単で担保は不要、延滞金・利子も取られません。 今回は、コロナの影響が大きいために、「コロナ延納」として、大幅に条件が緩和されています。 少しでも、資金繰りが厳しい会社は、ためらわずに、「コロナ延納」を利用して下さい。

資金調達

不動産リースバックとは、売却した資産(住宅・不動産)の買主とリース契約を結んで、自宅に住み続けながら家賃を支払うリース形態のこと。さらに、将来的に不動産を買い戻すことも可能。 メリット 1、立ち退き・引っ越しの必要なくそのまま住み続けられる 2、短期で資金調達 3、買戻しOK

資金調達

連帯保証・代表者保証は普通の中小企業でも外せます。 会社の連帯保証人になっていると、倒産したときに、社長自身も、連鎖して、自己破産となり、生活再建が難しくなる。 公庫や保証協会融資では、代表保証が不要な制度がある。銀行コロナ融資では特例があります。

その他ローン 資金調達

事前に提出書類をPDFで用意して、入力項目をワードなどにメモしておくと、10分で終了。業種(日本産業分類)を事前にしらべておく、通帳のコピーは、表紙と1ページ目の両方が必要。他の必要書類も1枚毎のPDFにしておく等。

その他ローン 資金調達

どの会社も登録など初期手数料はかかりません。みどり財産コンサルタンツは、完全な成功報酬型です。 また、廃業を検討する前に、一定期間、M&Aプラットフォームで買い手を募集するのもあり。 売却の価格の目安は、時価純資産+営業権(希望額)もしくは、時価総資産ー時価総負債など。

その他ローン 資金調達

現役中小企業の僕が、実際に公庫・保証協会でコロナ融資を受けた経験をまじえ、借り方、スケジュール感、裏技を紹介します。 また、民間コロナ融資では、社長・代表者の連帯保証を外せる特例がありそちらも紹介します。コロナ不況から会社を守るためには、まずは、この記事を5分で読んで、行動することが重要です。

資金調達

公庫のコロナ融資、銀行コロナ融資、保証協会のセーフティーネット融資について紹介しています。目まぐるしく制度が変わる為に、随時情報更新しています。中小企業経営者が実体験をもとに、融資実態を紹介しています。