ANAへの感謝の想い

トラベル・ホテル

もう時効だと思いますので、

ここに、私がなぜ、ANA押しのブログを書き始めたのか?

きっかけとなったあるエピソードを紹介したいと思います。

 

個人的に、

ある障がい者施設を応援したいたところ、

自然災害によって、その地区一帯が、大規模停電など大きな混乱状態となりました。

 

 

居ても立っても居られなくなった私は、

とりあえず、スーパーマーケットをあちこち回り、支援物資を買いそろえました。

 

単一乾電池、缶詰、電子レンジで温めるご飯のパック、

サランラップ、長期保存が可能なカレー、

お餅、などなど。

 

当初は、ハイエースという商用自動車に積めるだけ積んで、

持っていくつもだったので、それなりの量を準備しました。

 

ところが、

テレビの報道を見ると、

随時、停電エリアも解除となり、物流も回復してきているようです。

まあ、これは、車で行くまでのことはないかと勝手な判断をして、

フェリーの予約をキャンセルして、自分の飛行機の予約を取りました。

 

そんな軽い気持ちで、現地の職員に、飛行機で行く旨、変更したことを電話で伝えると、

『物資はと届かないのですか?』

電話ごしにも、がっかりした、どんよりした雰囲気が使わってきます。

内心、しまったと思いましたが、時すでに遅し。

 

今更、フェリーの予約を取ることも、

自分自身の予定を変更することもかないません。

 

小さな声で、

「約束したものは、あとからになりますが、宅配便で送ります。」

と言って、電話を切りました。

 

 

もう、

こうなったら、持てるだけの荷物を、

飛行機にハンドキャリーで持ち込むしかない。

航空会社に何を言われても、非常事態なのだから仕方ないだろう、と。

 

そして、

家中の、スーツケースとキャリアケースを集めました。

スーツケース1個にキャリアケース2個、背中にはリュックを背負い、

それに加えて、段ボールが3個。

 

顔を真っ赤にして、

ふうふう言いながら、

ANAのカウンターにようやくたどり着きます。

 

どれだけ、

追加料金を請求されるのか?

そもそも、こんなにオーバーした手荷物を引き受けてくれるものなか?

内心ドキドキしながら、

カウンターの向こう側の、女性スタッフの反応を待ちます。

 

いつも通り、

携帯端末をかざして、チェックインすると、

スタッフからひとこと

「救援物資、でしょうか?」

私は、

「はい」

と答えました。

 

たったそれだけです。

あとは、何事もなく、

その70キロ以上の手荷物をスピーディーに処理していただき、

いつもどおり、引換証をいただきました。

 

「追加料金はかからないの?」

と内心思いながらも、

感謝の想いで、

保安検査所をくぐりぬけ、機中の人となりました。

 

 

そして、

現地では・・。

後から、

伝え聞いたところでは、

現地の利用者さんが、救援物資をみたときに歓声の声があがり、

とてもとても、喜んでいただけたとのことです。

 

もしかしたら、

災害時には、どこの航空会社も、そうしたサービスがあるのかもしれません。

けれども、

私の身におきたこのひとつの体験が、

私が、他でもないANAを選ぶ、理由の一つです。