(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

楽しく働ける職場環境をつくる

更新日:

こんにちは!本日も宜しくお願いします。

今回は、木子吉永(東亜食品工業〓社長)著
「社長あなたは人に甘すぎる。」あさ出版¥1400-です。

人材の第一条件は「返事がよくて朝に強い」こと。さらに小さな会社に必要なのは素直な社員だとも言っています。これには私も反省すべき点も多々ありますが、木子社長は極端に言うと社長のイエスマンのほうがいいとまで言っています。これは最近の人事マネジメント特に大企業向けとは真っ向から反対です。ランチェスター経営の竹田先生によると中小企業の業績は98%社長の実力で決まるとしていますから、社長のトップダウンで動かない組織・人材では例え優秀でもそういう意味で役に立たないのかもしれません。

厳しいばかりではなく、楽しく働ける職場環境を作ることも大事と言っています。事務所には、BGM、植木、絨毯を3点セットとして気を配っているそうです。また分からないときは、女性社員に聞くべきだとも言っています。さらにフィーリングの合う人同士で、職場をおもしろい場にする、気軽が大切なことだそうです。これまた仕事の人間関係で悩みが多いのは万人共通なのですが、それを仕事だから仕方ないとするのではない点がおもしろいですね。上の話にも通じるところがありますが、人を採用する場合に能力の優劣だけでなく、むしろ今居る人の人間性にフィーリングをして合うかどうか重視する。なるほど移動がない中小企業ではそのほうが、仕事がうまくまわりそうですね。

そして今日の本題です。今まで経理の方には厳しい話が続きましたが、今日もありまして試練は続きます。
営業はチャンスが増えると作業も忙しくなる。忙しいときに、社長は人に手伝ってもらえと言います、しかし、営業マンはみんな忙しそうで悪いと思いましてと言う。確かに暇な人が居るような会社ではマズイでしょうから、みんな忙しかったり、忙しい振りはしていることでしょう。しかし、木子社長は考えましたこれは間違っている。そもそも人に任せられるほどに仕事が整理されていない。そこで「全員営業のための『作業支援書』」というフォームを作りました。これに「何を頼むか」「誰に頼むか」「期限はいつまでか」を記入し社長に提出すると、社長が判断し手がいる人間にいつまでにやって欲しいと指示するそうです。さらに、忙しい時は社内アウトソーシングが必用としています。その根底には、全ての社員は顧客に対する営業担当だとの考えがあります。通常の営業は、外勤営業担当で、それ以外の社内スタッフは、内勤営業担当との考え方です。ですから経理業の効率化を進めれば、部門別管理やそれ以上に顧客に対する仕事をする要素が中小企業には必ず残っていると思われます。機会があればまた紹介したいと思います。

それでは、また。

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.