会計ソフト、クラウド会計システムのご紹介・ご提案

クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】

経理・経理事務本の紹介

経理おすすめ本30選(2006〜2005年)「ブログ教えて会計より転載」

更新日:

目次

久保 光雄(著)『新会社法対応版 経理規程と実務マニュアルの作り方』

中経出版 (2006/5/18)

 

目次

プロローグ 企業を変革する!経理担当の「5つの心得」

1 内部統制、新会計基準、会社法、電子帳簿保存法に対応しよう

2 経理規程の基礎知識を押さえよう

3 経理規程・マニュアルの作成手順を知っておこう

4 経理規程・マニュアルを活用しよう

5 実際に規程を作成してみよう

6 実際にマニュアルを作成してみよう

 

◆内部統制構築に役立つ経理規程のポイント

 

『内部統制構築の主なポイントは、①業務の標準化、②文書化、③モニタリングにあります』

 

◆中小企業でも、経理規程の見直しは不可欠

 

【経理規程の主な効果】

①内部統制の整備・運用

②内部統制の基本的要素が明示され、社員が仕事をしやすくなる

③業務が標準化され、社員の戦力化に役立つ

④業務プロセスの見直しにより、改善が期待できる

⑤内部監査の基準となる

⑥外部監査(監査役監査・会計監査等)の受け入れ体制ができる

 

◆この新会計基準を押さえよう

 

(1)減損会計の導入(固定資産の減損にかかわる会計基準)

(2)貸借対照表の表示変更(貸借対照表の純資産の表示に関する会計基準)

(3)株主資本等変動計算書の導入

(4)役員賞与の処理

(5)ストック・オプションの処理

(6)企業結合・事業分離等に関する処理の明文化

 

◆電子帳簿保存法を活用しよう

 

◆経理規程とその他の規程の関係(製造業の事例)P-50

 

◆経理規程はこの手順で作成しよう

 

○経理規程作成のフローチャート

 

◆(経理)規程違反者へのペナルティーも検討しよう

 

◆経理規程の改定手順とポイント

 

◎業務通達の例

 

◆モデル規程

 

◎予算管理規程

◎業務改善指示書

◎原価計算規程

◎販売管理規程

◎購買管理規程

 

◆勘定科目マニュアル

 

◆金銭出納マニュアル

 

★全体の3分の1程の100ページ以上が、雛形になっていますので、

すぐ、応用できます。 日本版SOX法などと話題になっており、

中小企業にすぐ関係はなくても、 経理規程をしっかり運用することは、大切なことのようです。

 

 

工藤 雅俊(著)『超図解ビジネス Excelでつくる月次財務諸表』

エクスメディア; 新版版 (2005/12)

目次
第1章 財務諸表入門
第2章 勘定科目入門
第3章 EXCELでの財務三表の作成
第4章 事業計画・経営計画の作成
第5章 貸借対照表と損益計算書の作成
第6章 CF計算書とシミュレーション

◆本書で作成する財務三表

『個別損益計算書、個別貸借対照表、個別キャッシュフロー計算書(間接法)』

◎CBP法によつ月次の個別財務諸表

『本書では、新しい経営手法のツールとして、複数の「事業計画」を組み合わせた「経営計画」から「月次の個別財務諸表」を「Cashbase Business Planning(CBP)法」
によって作成します。    「個別財務諸表」のうちキャッシュフロー(CF)計算書は「間接法」に従って作成します。

「CBP法」は、貸借対照表(B/S)損益計算書(P/L)を作成する時点で取引をすべて現金で行うと仮定し、CF計算書で支払時期を考慮する、事業効率の予測に適した技法です。』

◆CBP法の活用

『B/SとP/Lでは現金取引とみなし、CF計算書で時期のズレを認識』

◆月次財務三表の構成

『P/Lは単期、B/Sは累積現預金は、B/Sの最後の計算結果』

◆財務三表作成のための事業計画の作成

◆商品販売事業における販売計画の立案

『仕入価格・販売価格・販売数量から売上総利益を求める』

◎SUM関数とINDEX関数の使い方

◆有形固定資産の償却

『有形固定資産は月割りの定率償却、減価償却費用は販管費へ』

◆資金調達と財務計画

『借入金は短期/長期に分けて、残高に対する金利支払は営業外損失へ

◆法人税等と税効果会計の計算

◆予測と実績の財務三表の入力

 

★!注意!
平成18年春に施行の新会社法の「株主持分変動計算書」には対応していません。

ちょっと期待していたので、がっかりしました。改訂版は、何度かでているので、今回も対応されるかもしれません。

財務三表は、販売計画の立案シートと連動していたり、減価償却シートや、有価証券を登録する点など、ちょっと細かすぎて面倒かなと、以前、見たときは思いました。

けれども、売上の基本は、単価×数量なので、経営計画の基本を考えるには、最適かもしれません。ちょっと価格は、リーズナブルではないですね。

 

LLP藤原KAIZEN研究会『起業を成功へと導く 経営コーチ』

万来舎 (2006/4/26)

目次
プロローグ 経営コーチの時代
第1章 起業準備編
第2章 事業選択編
第3章 手続き編
第4章 経営編
第5章 実務編
経営診断

◆経営者と家族

『起業をする場合、一番大変な思いをさせるだけに、感謝しなければならないのは家族です。とくに、結婚していて子どもが小さい場合はなおさらです。・・・・』

◆会社のたたみ方

『・・・会社はつくるよりもたたむほうが難しいものです。いかに関係者に迷惑をかけずにたためるから、経営者の正念場なのです。』

◆心の枠組みを変える

◎先祖を大事に
◎夢の実現に向けて諦めない
◎つねに感謝の気持ちを忘れない
◎たらいの水のたとえ

◆組織形態の選択②LLPとLLC

◆青色申告

『青色申告の届け出と帳簿の整備は、会社の説明責任と透明性を確保するための最初の一歩です。』

◆大資本のすき間

『小回りがきき、仕事は速くて正確、料金も安いのが中小企業。かゆいところに手が届く、中小企業のよさを生かしたご用聞きビジネスは、いまや時代のトレンド』

◆契約って何だろう?

◆少人数私募債とは

◆撤退時の借入金の返済

『お金を借りるときは、その借り入れは必ず返すもので、自分のものではないとの意識を持ち、

将来のリスクを十分考慮した長期的な視野に立った判断のもとに借り入れをしましょう』

★本当は、経理の内容など、資金繰り3表など幅広く紹介されていて、
どんどん書き綴りたいのは、やまやまですが、

なにせ、出たばかりの本なので、ぜひ、本屋さんでお手に取ってください。
起業ブームの昨今、この手の本は、たくさんあります。
なかには、無責任に煽るだけ煽るという本もあります。

でも、
成功の影にはたくさんの失敗がありますし、
本当の成功者は、失敗のリスクも常に検討し、それを計画に織り込んでいます。

そういう意味で、

この本の素晴らしところは、事業撤退の話や、
借り入れの返済の話、その厳しさを最初からしていることです。
そんなに大変なことがあるならば、起業などしたくないという人には、
起業家の下で、参謀として働くとか、
サラリーマンとして、プレッシャーを感じずに、社内ベンチャーに参加する
など、起業の他のことにも、目を向けてみると良いかもしれません。

 

 

三重野 研一(著)、矢野弘樹(著)『超図解ビジネス わかる!使える!勘定科目事典 超図解ビジネスシリーズ』

エクスメディア ; ISBN: 4872835700 ; (2006/03)

目次
第1章 消費税の基礎
第2章 資産の項目
第3章 負債の項目
第4章 純資産・株主資本等変動計算書の項目
第5章 収益の項目
第6章 費用の項目

◆未収金/未収収益

『未収金とは、本来の営業取引以外の取引から生じた債権。未収収益とは・・・』

◎未収金は実務的にはどんなケースで使われるのか?

◎未収収益の実務上の利用の仕方

◎未収金と未収収益とに共通の留意点

◎経過勘定とは

「未収収益、前受収益、前払費用、未払費用を経過勘定といいます。・・・」

◎取引と仕訳を具体例で理解しよう!

◆車両運搬具

◎リサイクル料金の処理 ─ リサイクル料金の内訳

◆資本剰余金

◆利益剰余金

◆評価・換算差額等の科目

◆株主資本等変動計算書の資本剰余金の科目

◆株主資本等変動計算書の利益剰余金の科目

◆支払利息及び割引料

◎支払利息割引料の計上時期
1)当座貸越 2)手形借入 3)証書借入 4)手形割引 5)保証料 6)短期前払費用

 

★この本は超図解本のビジネスシリーズです。図解だけに、カラー印刷で、わかりにくい資産の違い商品や製品、原料、半製品などの流れが図式化されています。

また、仕訳例も豊富なので、基本的なものはカバーしているようです。2006年5月施行の会社法の改正(新会社法)にも対応した科目体系なので、安心です。

 

 

和仁達也「脱★ドンブリ経営」ダイヤモンド社です。4478470758

★以前、「キャッシュフロー経営って?」(デンタルダイヤモンド社)でご紹介した和仁さんです。
非常に良い本でしたが、若干高いのが玉にキズでした。今回の本で、お手ごろ価格となり、内容も更にレベルアップされました。

目次
第1章 これだけわかれば怖くない!30分でお金の流れのすべてをつかむ
第2章 儲けを倍増させるための3つのモノサシ
第3章 必ず儲けが残る!売上目標の決め方・考え方
第4章 キャッシュフロークイズで儲けの仕組みを再確認しよう
第5章 図で考える儲けの残し方・作り方

ドンブリにはドンブリの良さがある・・・
◎「お金のことは、経験と勘でなんとなく理解しているから大丈夫」

会社とお金とのつき合い方の秘訣
①お金の流れの全体図をビジュアルで理解する
②判断するための基準を持つ

キャッシュフロー経営 3つの定義
①お金に目的別に色をつける
②お金の入りと出のバランスを考える
③逆算思考で目標を決める

◆お金はビジョン実現をサポートするツールである

お金の流れのすべてをつかむ三つの重要な鍵
1)はじめに全体像を知る
2)入りと出のつながりとバランスを知る
3)アバウトに知る(8割の結果をもたらす2割の知識だけを吸収する)

◆西順一郎先生が「戦略会計stracⅡ」(ソーテック社)で紹介しているstrac表(現・MQ会計表)をもとに、
お金の流れの全体をわかりやすく図にしたもの

◆なぜ主婦はポイントカードに釘付けなのか!?

第二のモノサシ「労働分配率」
◎うちの会社では、いくらまで人件費を出せるのだろうか?

労働分配率 = 人件費 ÷ 粗利

第三のモノサシ「何年で完済できるか」
◎借金はいくらまでしていいだおうか?

◆10分で必達目標を算出する七つのステップ

ビジョンの実現に向けて踏み出そう
◎正しいフィードバックを自分に与えることが、ビジョンに向かって突き進む上でのはじめの一歩です。

 

この本は、80冊近くの経理本をご紹介してきた私がお勧めするベスト3に入る1冊です。

とりわけ、経理以外の方で、経営の勉強をしている、会計も知っておく必要がある、あるいは既に社長さまである、という方には、是非、読んで頂きたい本です。

但し、簡単な説明で・分かりやすくということが主眼ですので、売掛金や買掛金・在庫など若干、省略している細かな部分もあります。

いずれにせよ、中途半端に難しい、簿記の本を読むよりは、一度で分かる本書を繰り返し3回読めば、確実にドンブリ経営から脱出できると思います。

 

 

 

笠原清明著「朝15分で経理ができる!シンプル経理のすすめ」明日香出版社です。4756908837

目次
第一部 朝15分で経理ができる記帳業務のテクニック
第二部 朝15分で経理ができる支払業務のテクニック
第三部 朝15分で経理ができる管理業務のテクニック
第四部 朝15分で経理ができる書類整理のテクニック

手書きよりアウトソーシングよりパソコン会計

◎転記作業をしなくてよい
◎すぐに損益や財産の状況を確かめられる
◎いろんな帳票が出力できる
◎入力したデータを使い回せる

前提条件

1)経理担当者の時給 ¥2,000
◎給料は年間400万円
◎1年間の労働時間は2,000時間
(1日8時間×年間労働日数250日=2,000時間)
◎400万円÷2,000時間=時給2,000円
2)パソコン会計の導入で節約できる時間 10時間
◎元帳転記にかける時間    毎月5時間
◎元帳の集計などにかかる時間 毎月3時間
◎試算表の作成にかかる時間  毎月2時間

パソコン会計に入力するのは四つの項目

◎「日付」「勘定科目」「摘要」「金額」

領収証にゴム印を押して清算日を記入する

◆銀行の口座ごとに補助科目を作成しよう

毎日入力して時間を節約しよう

◎記帳業務に時間をかけないためには、「毎日」入力する。「まとめて」入力しない。
◎一日分は約5分で入力できる。慣れれば2分以内で入力できる。
◎一日の取引を入力したら、現金と預金の帳簿残高と実際残高を確認する。

手書きの現金出納帳など、帳簿・集計表を作る手間が省ける

時間をかけずに営業マンの立替経費を精算しよう

①エクセルで清算フォーマットを作る
②申請と清算・支払いのフォームを一体化する
P111 営業経費清算書のフォーム

P141 海外出張旅費 申請書・清算書のフォーム

接待費申請書・清算書

◎仮払金の申請書も兼ねる
◎予め清算期限も決めておく
◎営業マンごとに交際費の使用実績を管理しよう

◆支払いに小切手を使うと経理に時間がかかる

支払一覧表を使って支払いをスムーズにしよう

◎支払い一覧表のサンプルフォーム(P-169)

◆年齢管理ができる請求書の控えのファイリング

◆未来通帳で資金繰りを予想しよう

すぐに探せる!領収書・請求書の整理方法

◎領収書の整理方法→領収証に伝票番号を記入し、パソコン会計の伝票検索機能を利用する
◎支払済みの請求書には、ゴム印を押して支払日と支払い手段を記入しておく

★個人的には、最後の領収書・請求書の整理方法が写真つきで大変、興味深かったです。

また現金清算についても、営業マンごとに曜日を変えることや、千円単位で清算し、端数は翌週以降に持ち越すなど、著者独自のお話しもありました。

ソニー・ヒューマンキャピタル編「完全図解戦略会計で利益を創る」日本経済新聞社です。4532310717

 

目次

第1章 会社はどう評価されるか

第2章 戦略会計を学ぶ

第3章 B/SとP/Lから会社を評価する

第4章 キャッシュフロー会計

第5章 キャッシュフロー計算書で経営を分析する

第6章 EVAで企業価値を創造する

 

◆すべてのビジネスパーソンにとって、会計・財務は必須科目

 

◎会計・財務はビジネスの世界における「言葉」といえます。言葉を知らずして自分の意思を思い通りに表現したり、

伝達したり、説得したりすることはできません。ビジネスに携わる限り、会計・財務を避けて通ることは不可能です。

 

◆決算報告が「制度会計」と呼ばれる理由

 

◎「そこに集積された会計データ、会社の現状を伝える最も豊かな情報源であり・・・・・将来を見通すにも

不可欠の情報」(『財務会計』斉藤静樹著、有斐閣)

 

◆儲けはどこへ行った?

 

◎利益が出たからといって、余分な金を預金にして抱えておく会社はありません。利益分で必要な機械を購入したり、

次の投資にまわしたり、借入金の返済に充てたりして活用します。

◎それを知らないと「俺が苦労して儲けたお金はどこへ行ったのだ。儲けはいつ使わせてくれるのだ!

などと言って、経理を困らせることになります。

 

◆制度会計と戦略会計の違い

 

◎戦略のレーダー。「MG」で感覚を身につけられる。

 

◆損益分岐点を使える形にする

 

◎BEPは黒字・赤字の分かれ目

◎「走りながら使える武器」としてのBEP

◎自分の手で使いこなせて初めて、「戦略会計」に基づいて経営に参画したといえる

 

◆ます固定費をつかむ

 

◎経営とは、固定費回収作戦である

◎固定費をつかむことは経営上非常に大切

固定費=総費用-変動費

 

◆収益を分解する

 

◎限界利益は固定費回収のパワー

 

◆P戦略を考える

 

◎Pはなぜ下がるのか

◎研究開発で差をつける

◎売り方で差をつける

 

◆B/Sの下半分で見る安定性

 

◎固定資産を買う資金をどうまかなうか

◎安定した資金が望ましい

 

◆「たくさん作れば安くなる」は本当か

 

◎製造単価を下げるため、製造量を増やして一個あたりのコストダウンを図る場合がしばしばあります。

これは、はたして本当に経営のためになるのでしょうか?数字で厳密に調べてみると、それが誤りであることがわかってきます。

 

◆減価償却で固定資産が減る

 

◎価値の低下を資産価値の減少として計上

◎減価償却した金額はどこへ消える?

 

◆減価償却費は費用である

 

◆減価償却費は資金となる

 

◎借入金返済、設備の更新に使う

 

◆キャッシュフロー計算書とは

 

◎現金の出入りをジャンル別に並べてもの

◎本質的には「現金出納帳」の考え方に近い

 

◆運転資金は抑えられるか

 

◎営業キャッシュフローを改善させるポイント

 

◆DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法とは

 

◆IRR(内部収益率)とは何か

◎将来キャッシュフローと初期投資額がイコールになる割引率

 

◆財務キャッシュフロー戦略

 

◎自己資金経営を実現するために

 

◆これからの企業価値

 

◎フリーキャッシュフロー、EVA、MVA

 

執筆:松原直樹、梅本到「人事屋が書いた経理の本」(共著)

★いずれにせよ、一度マネジメントゲーム(MG)を経験してみたほうがよさそうです。

 

 

 

チャック・クレマー、ロン・リケット、ジョン・ケース著(訳:菊田良治)「財務とは何か(Managing by the Numbers)」

日経BP社、4822242285です。

帯「IBM役員、ルー・モブレーが開発したマトリックスによる『先を見る財務』の全貌」。

目次
第1章 会計に関する二つの議論
第2章 バランスシート
第3章 損益計算書
第4章 キャッシュフロー
第5章 三つのボトムライン
第6章 財務スコアボード
第7章 三つの財務目標
第8章 最適業績のための経営:純利益
第9章 最適業績のめの経営:営業キャッシュフロー
第10章 最適業績のための経営:資産利益率
第11章 比率のマジック
第12章 先を見る財務会計

要するに本書は、

◎会計学専攻の学生のための本ではなく、自分たちの企業が実際にどうなっているのかを知る必要があるか、
あるいは知りたいと思っている経営者や会社のオーナーのための本である。あなたがあなたの会社をよりよく
経営することを手助けする本なのだ。

資本を理解する(なぜバランスシートはバランスするのか)

◎IBMのルー・モブレーは、バランスシートとは事物を人々に連結するスナップ写真であると好んで行った。

損益計算書

◎損益計算書(P&L)はあなたに何を知らせるか(そして何を知らせないか)

◎一定期間にわたって、あなたの会社に利益を生み出す能力があったかどうか、すなわち会社が儲かったかどうかについて、その計算書はあなたに告げる。

発生主義会計

◎大概の損益計算書は発生主義の原則に基づいている。発生主義の損益計算書は、現金が実際に移転したかどうかに関係なく、一定期間の売上と、その売上に関連した費用を明らかにする。

◎その期間にあなたが「発生せしめた」収益と費用を示す。そのような損益計算書の見事さは、原価および費用を損益計算書の対象期間中に生じた売上に「対応させ」、

それによって、当該売上が実際に儲かっているかどうかをあなたに知らせることができる点にある(会計士はこれを「対応原則」と言う)。

キャッシュフロー

◎「利益を上げなくても長い間営業することはできる。しかし、現金がなければ一日たりとも生きられない」とルー・モブレーは言っている。

◎キャッシュフロー計算書は優れたアイデアであるが、まだ十分良く理解され利用されているとは言えない。

会計士は、自分が作る間接法キャッシュフロー計算書が優れているのだ、とあなたに言うかもしれないが、

それは違う、我々を信じて欲しい。直接キャッシュフロー計算書は小切手帳と類似している。

それは、実際に流入し流出する現金を示し、これたのキャッシュフローを企業経営に役立つような分類に編成する。

財務マトリックス

◎モブレーが考え出した。バランスシート、損益計算書、キャッシュフロー計算書および期末バランスシートを表す単純な1ページのマトリックスを作った。

「モブレー・マトリックス」→「財務スコアボード」と再命名。(P-82)

比率のマジック

◎本書の中心テーマは、財務諸表がジグゾーパズルのように統一体として調和しているということである。

一つの計算書上の変化は他の計算書上に反映され、それらのすべてを財務諸表スコアボードに統合すれば、原因と結果とを追跡することができる。

あなたの企業の財務書諸表がなぜそのような結果になったのかを、あなたは知ることができる。

デュポン等式で業績を分析する

◎E・I・デュポン・ド・ナムール(デュポン社の創立者)によって開発された

◎売上高利益率(ROS return on sales)

ROS = 純利益÷売上高
ROA = 純利益÷資産

ROA = (売上高÷資産)×(純利益÷売上高)
POA = (売上高÷資産)× ROS

資産回転率

◎(純利益÷売上高)×(売上高÷資産) = 純利益÷資産

ROS×資産回転率 = ROA

拡大デュポン等式

◎一般的に経営者は、会社の健康状態を評価するときはROAに最も注意を払う。それは最も広い基盤に立つ「利益」計算であり、

売上高・費用・資産の管理に関する会社経営者の仕事ぶりを一挙に暴露するものだ。会社のオーナーや株主は、対照的に、利益のもう一つの測定値である自己資本利益率(ROE)に最も関心を寄せることが多い。

◎ROA×財務レバレッジ = ROE

(資産÷純利益)×(資産÷資本)= 純利益÷資本

先を見る財務会計

◎目標設定、計画立案、その実現

★どのような経緯で購入したか記憶にないのですが、この本は足掛け半年くらいかかって読んでいます。

実際には、居間に放置されていたという表現が近いのですが(笑)、休みの日の夜などにちょこちょこ読んでいました。

正直言って、良い本だということは分かるのですが、中身については、後二回は読まないと良く分かりません。

実例で出てくる起業のストーリーは良く分かるのですが、財務スコアボードや比率のマジックあたりは、自分で書いたり、計算したりしないと、読書だけの理解では限界かもしれません。

 

 

棚橋隆司、井上徳四郎著「これで企業財務はよみがえる!」清文社です。4433243159

目次

第一部 社長のための企業財務
第1章 自己資金中心の経営に貢献する財務
第2章 資金繰りを決める売掛金の回収と債権管理
第3章 手形取引先は総債権(売掛金+受取手形)で管理する
第4章 粗利益を商品別につかむ商品収支の検討
第5章 商品管理と棚卸により間違い是正に取り組む
第6章 資金繰りと資金調達の順序
第7章 月次決算の有効活用法─月次決算で決まる経営改善のレベル
第8章 P─D─C─Aのビジネスサイクルがすべての基本

第二部 決算実務と税実務
第1章 月次決算とは何か
第2章 損益計算書の読み方
第3章 キャッシュ・フロー計算書
第4章 貸借対照表から回収と支払を検討する
第5章 事業計画
第6章 法人税と所得税─税金を考える
第7章 退職金について
第8章 法人の税務対策

すべての仕事は資金につながる

◎会社内で行われるあらゆる仕事は必ず資金を生み出す活動か、資金を消費する活動のどちらか。

◎仕事というものは、決して部分ごとの細切れにしてはいけない。部分をいくら直しても全体である企業は決して良くなりません。

経営の本来勘定は5つだけ仮勘定は使うな

◎買掛金、支払手形、在庫、売掛金、受取手形。

経営成績の記録・計算、分析、報告、そして改善提案を行う財務

①月次決算は締後10日以内(5日が理想)、本決算は1ヶ月以内に終了させること

②数字と現場を近づける

③現場の人たちの理解と協力が得られること

自己資金中心の健全な企業経営への転換を図る財務

①売上債権の回収を早くする
②無駄なコストを抑える
③在庫を減少させる、または持たない。
④仮払いの整理を早くする
⑤社長貸付金、仮払いも整理する

企業経営における運転資金の捉え方

◎図表2 売上代金回収及び仕入代金支出のプロセス(P-19)

売掛金の残高確認を取る意味

◎目的:当社元帳残高の検証

売掛金債権の保全
担当者の不正防止
不照合解決の近道

◎方法:物品受領書の完全取得

未回収残高の内訳と個別照合
回収時に相手先が押印した渡証
期末残高確認書の100%取得

回収の4原則

1)とれる相手に売れ=支払能力判断
2)とれるように売れ=支払の約束
3)とれる時にとれ =回収の習慣
4)とる気になれ  =心構えを創る

債権管理台帳の作成

◎図表5 債権管理台帳(事例) P-35

営業に活かす総債権管理台帳と与信管理の技術

◎契約書、受領書、領収書は債権管理の3点セット

商品グループごとに粗利益をつかむことの重要性

◎商品別または商品群別に自社の粗利益実績の実態が分からず、経営改善の手が打てない企業が実に多い。

商品会計の業務は月次決算の中心課題

◎商品収支検討業務
◎商品管理業務
◎図表6 商品収支棚卸検討表 (P-45)

◆商品管理を進めるための企業風土づくり

資金管理の原則

1)安易な借入が企業をダメにする
2)自己資金中心の考え方
3)正しい資金運用
4)計画的な資金運用

資金管理は社長が統括する理由

◎銀行取引は常に社長保証と個人担保の提供があることを忘れない
◎社長名で行うすべての取引は誰が行っても社長の責任は変わらない。知らなかったでは通らない!
社長には100%の責任がある。

月次決算をうまく活用するための考え方と注意点

1)月次で在庫をつかむ
2)発生主義の採用
3)月次で経営活動を締め切る
4)年に1回の大きな出費は各月に割り振りして計上していく
5)月次決算書は締め後10日以内に作成する

◆社長の退職金は社長しか準備しない

◆法人及び個人にかかる税金

◆月次実績検討会の効果

★この本は、中級者以上向けです。月次決算の導入や月次決算の早期化、改善にテーマをもっている方には、是非お勧めの1冊です。一度、軽く読んだだけでは、手に負えない、良書です。

後半は、社長の退職金に絡め保険の提案など、少し手を広げすぎのような感じもしましたが、

著者の狙いとしては、これ1冊で同族企業、ベンチャー企業の社長が引退まで使える1冊にしたいというシナリオから、このような構成になったのだと理解します。

どんな帳票を作ってよいか分からない、導入するための手順がわからないなど、かなり明確な答えが、月次処理については、明確にあります。

とりわけ、個人的には、三枝さんの本からの指摘もあり、商品別の原価管理については、注目しています。

 

 

八ツ尾順一著「やさしくわかる減価償却」

日本実業出版社、¥1500-です。

目次
第一章 減価償却ってどんなもの?
第二章 減価償却資産の種類が知りたい
第三章 いろいろある減価償却の方法
第四章 減価償却の計算と特例を覚える
第五章 耐用年数とその適用について
第六章 減価償却資産の除却とは
第七章 資本的支出と修繕費のどちらに計上するの?

◆そもそも減価償却って何

◎取得した資産を一度に費用とせず長期に分散して計上する会計処理法
①建物や機械などの資産を取得して使用するために支出した金額を、
②その建物や機械などを使用する各年度にわたって、
③一定の方法で費用として配分する会計処理、のことです。

◆「費用収益対応の原則」

◎建物や機械などは、それを使用することによって除々に価値が減少していきます。このことを”物理的減価”といいます。

この価値の減少は、会社が収益を得るために生じるものですから、収益に対応する部分については費用として処理するのです。

◆減価償却費の計上とは資産の費用化のこと

◎「減価償却資産」は、使用すると機能が減耗したり、あるいは経済的条件によって陳腐化または不適応化します。

そしてそれらによって価値は減少してしまいます。

◎よって、その価値の減少に応じて費用化し、それによって投下した資金を回収する処理が必要となります。

その費用化の具体的な会計処理が「減価償却費の計上」です。

◆会計処理のベースは3要素

◎減価償却の会計手続き(処理)は「取得価額」「耐用年数」「残存価額」の三要素がベースになります。

◎減価償却を3要素を使って説明すると、「取得価額を、耐用年数の期間に応じて、残存価額に達するまで、
適正に配分すること」となります。

◆減価償却は資金繰りで有利

◎減価償却はそのままお金として残る(現金の支出を伴わない費用)

◆減価償却資産とはどんなもの?

◎有形減価償却資産、無形減価償却資産、生物の3種類

◆減価償却の方法はいろいろ

◆取得価額の求め方

◎減価償却資産の形態別の取得価額

◎取得価額に参入すべき費用、しなくてよい費用

◆減価償却は義務か?

★これ以降の普通償却以外の臨時償却について、さまざまなバリエーションも紹介したいと思いましたが、またに改めようと思います。

やっぱり減価償却は、抽象的な概念なので、何回も分かるまで読まないと、身につかないように思います。あるいは、メリット・デメリットを考えて理解する必要もあるでしょう。

 

 

児玉直彦『「儲かる経理」に30日で変わる究極の方法』

日本実業出版社、¥1500-です。4534039190

目次
第一章 間違いだらけの経理の常識
第二章 30日で経理作業を半分にする
第三章 経理のスピードアップ&50%コストダウン大作戦
第四章 「儲かる経理」に30日で変身する
第五章 ”財務ナビゲーター”として社長の右腕になる!
第六章 ”経理スコアラー”が現場を成長させる!

◆社員の経費生産を毎週清算しても儲からない

◆「経理コスト2%の法則」とは?

◎10円あわないと一日かけて調べる

「粗利益の2%内」しかコストはかけない

◆売上が減っても経理コストは増え続ける

◆会計処理が”ピッ”に変わる

◎スーパーのレジがピッに変わったように、取引を仕訳して入力する作業が近い将来なくなるのが用意に想像できる

◆パソコン会計が経理人口を増殖する

◆月次決算が5日で終ったら、どんな気分ですか?

◆作業を後回しにすると「忘却曲線」にはまる

◆会計処理はどんどんパソコンに引き継ごう

◎ノウハウ・知識を定型仕訳登録などに、落とし込む

◆経理を丸ごとアウトソーシングできる時代

◎ただ丸投げすると、高くつく、キャッシュレスにするなど、事前に業務の効率化をやっておく。

◆預金データを自動的に仕訳に変換

◎「預金通帳の入力、かったるいなぁ~」
→毎月決まった支払いや口座振替、売掛金の入金などは、人の手をまったく解さず自動変換することが可能です。
◎「預金通帳の入力は勘弁して」と、ソフト会社にリクエストして下さい。

◆高価なERPシステムは必要か?

◎高価なシステム投資をして、本当にモトが取れますか?

◆儲かる経理への道、まずは現場に行ってみる

◎儲かる経理とは、会社の本業に貢献する経理、順調に業績アップができるように財務バランスを整える経理です。

◆現場で困っていることや数字の裏側を聞く

◆儲かる経理への道、スキルを磨いて”経理エキスパート”を目指す

◆「10億の壁」を突破する”財務ナビゲーター”とは

◆社長への伝え方をマスターする、会社の現状を3分間で伝えるテクニック

◆金額でなく時間で伝えると劇的な変化が

◆社長の気持ちを理解する、「現状満足症候群」を防ぐ魔法の言葉

◆現場を変える”経理スコアラー”とは?

◎現場の視点で、データを分析して価値ある情報に返還できる能力のある人

◆誰に喜んでもらえるとうれしいですか?

★経理業務改善・効率化から一歩踏み込んで、さらにその先、会社の損益にどう貢献するかというところまでテーマとなっています。

児玉さんのお考えは素晴らしいと思います。私自身、会計システムの営業マンをしており、経理業務の効率化を提案するのが仕事です。

お付き合い頂いた、経理のご担当者さまが、移動になることもあります。

 

 

 

 

瀬戸口有雄著「消費税仕入税額控除の実務のポイント」

¥2000-、税務研究会出版局です。4793108091

目次
1、仕入税額控除
2、帳簿及び請求書等の記載要件の相互関係
3、記載要件の確保─事業者の事務の正確性、安定性、簡便性及び税理士の巡回監査の正確性、安定性、利便性
4、あったら便利なフォーマットの事例

第二編 質疑応答
1、Q&A帳簿および請求書等に共通するもの
2、Q&A帳簿に関するもの
3、Q&A請求書等に関するもの

資料〈参考法令通達〉

★平成9年12月25日第二刷となっていますので、法令改正にご注意ください。

◆帳簿及び請求書等とは

1、主要簿とは
元帳は各勘定科目ごとに増減を示す。このことは資産、負債、資本の増減高を示し、また、費用、収益
の発生高を示す。仕訳記入ともって、取引発生順の縦の記録であるとみるならば、勘定記入は計算単位別の
横の記録である。かくして、仕訳帳、元帳の両帳簿によって始めて取引の経緯の完全な記録が完成する。
このように、仕訳帳と元帳とは、簿記上、欠くことのできない帳簿であり、これを主要簿という。
換言すると主要簿とは、これを取り去ると、複式簿記の構造が成立しない帳簿をいう。

2、補助簿
ある特定の種類の取引について、まとまった記入を得ようとする場合、仕訳帳や元帳のみではその目的を
達成しえない。このため特定の取引については、仕訳帳や元帳以外に補助簿を使用することがある。
すなわち、補助簿とは、複式簿記の構造には関係なく、必要に応じて設けられる帳簿をいう。企業で
最も広く使用される補助簿は、現金および当座預金の出納に関する帳簿であるが、この他、
商品売買業で使用される補助簿は、仕入帳と売上帳である。
補助簿は主要簿に対比される帳簿の分類である。

3、補助元帳
元帳の買掛金勘定に、仕入先の人名勘定を設けて買掛金を処理することもできるが、仕入先は普通その数が
かなり多いから、その人名勘定を元帳に設けることは不便である。
このため、仕入先についての人名勘定を一般の元帳から分離し、別の元帳を設定して記入する。これを
仕入先元帳または買掛金元帳という。
仕入先元帳のごとく、ある特定の同種勘定のみを設定した元帳を補助元帳また特殊元帳という
(理論上は特殊元帳が正しい)。補助元帳を使用するとき、一般の元帳を総勘定元帳という。
仕入先元帳を設定した場合にも、総勘定元帳には買掛金勘定を設け、仕入先元帳の金額の合計額で記帳を
行うことになる。この種の勘定を統制勘定という。

◆巡回監査のための事前調査及び監査の正確性、安定性、利便性の確保

◎【表4】のような「帳簿等調査票」を検討してみる。(P45)

◆あったら便利なフォーマットの事例

◎駐車場や高速道路を一日に何度も利用した場合

◎出生旅費領収書綴り

◎仕入明細書、出来高検収書利用取引先名及び確認方法一覧表(P62)

◎出来高検収書利用取引先名、工事名及び積算検収高の証明(P64)

◎接待報告書(申請書)(P69)

◎複利厚生費報告書(申請書)(P71)

★ちょっと古いのでこれ以上は、難しいです。申請書のフォームや管理帳票の参考には、ちょっと役立つかもしれません。

 

 

 

小池正明「法人税消費税の実務処理マニュアル」

日本実業出版社、¥2,200-です。4534037449

目次
第一章 消費税の実務処理のポイント
第二章 損益計算書科目の法人税・消費税の実務処理
第三章 貸借対照表科目の法人税・消費税の実務処理
法人税・消費税の対照式取り扱いチェックリスト

消費者取引における総額表示義務のポイント

◎値札などの商品やサービスの価格を表示する際に「消費税額を含む価格」、つまり消費者が支払う価格の総額を
表示しなければならないという規定で、平成16年4月1日から適用されています。

総額表示義務の対象になる取引

◎総額表示義務の規定は、「不特定かつ多数の者に課税資産の譲渡等を行う場合」に適用されます。
要するに、消費者に対して商品の販売やサービスの提供をする場合に適用するということですから、
いわゆる小売段階の価格表示が対象になるわけです。

◎特定の相手方との間で個別の契約や注文に基づいて行う事業者間の取引は、「不特定かつ多数の者」に
対する取引ではありませんから、総額表示義務の対象にはなりません。

総額表示の対象になる価格表示の媒体

1)値札、商品陳列棚、ポスター、店内表示、商品カタログなどへの価格表示
2)商品のパッケージなどへの印字または値札を添付する価格表示
3)新聞折込広告、ダイレクトメールなどによって配布するチラシによる価格表示
4)新聞、雑誌、テレビ、インターネットホームページ、電子メールなどを利用した広告による表示

(消費税)経理方式の違いと法人税への影響

◎交際費、小額減価償却資産の一時損金算入に影響がある

個別対応方式と一括比例配分方式

◎個別対応方式は、課税仕入れに対する税額を次の3つに区分する
①課税売上に対応する仕入にかかる消費税額
②非課税売上に対応する仕入にかかる消費税額
③課税売上と非課税売上に共通する仕入にかかる消費税額

仕入税額控除の用件帳簿・請求書の記載事項の原則

◎次のような事業者から受ける領収書等には、相手方(買手)の氏名の記載を要しないこととされている
①小売業
②タクシー業、旅客運賃にかかる鉄道業
③飲食店業
④旅行業
⑤駐車場業(不特定多数の者に利用させるものに限る)
⑥写真業
⑦その他不特定多数の者に資産の譲渡等を行う事業

◎法定記載事項を満たす領収書の例

◆法人税・消費税の決算日程モデル〈図表22〉

◆消費税の申告書と付表の作成方法

売上値引・売上返品・売上割戻し

◎消費税の扱い
─売上値引・売上返品・売上割戻しのことを消費税では、「対価の返還」という独特の用語を使っています。
ちなみに、消費税申告書には、「返還等対価に係る税額」という欄があります。

株式、公社債等の売却益

◎移動平均法と総平均法〈図表25〉
◎消費税の扱い
─株式、公社債、出資金等の譲渡は、消費税の非課税取引ですが、課税売上割合の算定上は、
次のように売却額の5%相当額を非課税売上としてください。

受取保険金

◎受取額は非課税売上ではなく、課税対象外(不課税)ですから、課税売上割合の計算にも関係しません

出向者の給与負担金

◎法人税では、出向先法人の支払う給与負担金は、出向者に対する給与として取り扱うこととしています。
出向者が出向元法人では使用人、出向先法人では役員というときは、役員に対する給与の制限規定が
適用されます。

◆食事代の補助

◆借上げ社宅費

◆社員研修費・資格取得費

◆(国内・海外)出張手当・日当

◆転勤引越費用・赴任支度金

◆回数券・タクシークーポン券等の購入費

◆一括償却資産の償却費

接待ゴルフ費用

◎消費税の扱い
(支払額 - ゴルフ場利用税)÷105×5  消費税額

◎ゴルフ場利用税は、標準税率が一人一日800円、制限税率が1200円

★実務処理マニュアルというだけあって、非常に具体的な事例が盛りだくさんです。

手元に1冊されば、こんなときどうするかという疑問が、法人税・消費税一度に解決しますので、お買い得な1冊です。

 

 

 

小池敏範著「小さい会社の消費税処理のコツ」

セルバ出版、¥1800-です。

目次
1、消費税の基本的なしくみをまず理解しよう
2、消費税がかかる取引・かからない取引をきちんと把握しよう
3、消費税の申告納付と税額計算方法をマスターしよう
4、帳簿や請求書等の記載・保存のルールを押さえておこう
5、消費税の経理処理に強くなろう
6、消費税の課否判定・経理処理に強くなろう
7、消費税と法人税の取り扱いの違いも知っておこう
8、原則課税と簡易課税の申告書・付表の書き方と記載事例

★2005年2月発行の新刊です。記載事例や科目別の詳細な消費税課税・非課税事例も盛りだくさんなので、
消費税については、とりあえずこの1冊だと思います。

消費税ってどういう税金のこと

◎消費税は品物やサービスにかかる税金

預かった消費税 - 支払った消費税 = 税務署に納税

消費税の税率は2種類ある

◎国税が4%で地方消費税が1%

◆課税事業者になったときの手続きと届出書の書き方は

消費税がかかる取引ってどういう取引のこと

◎消費税のかかるのは、国内の事業で、資産の譲渡・貸付・役務提供で対価を得ている取引。

◆消費税がかからない取引ってどういう取引のこと

◎消費税がかからない取引は、①入出金取引で反対給付のないもの、②取引相手に利益提供しないもの、
③取引相手から利益を得てないもの

非課税扱いの取引ってどういう取引のこと

◎非課税とされるのは、消費税に馴染まないものや社会政策的な配慮からされているもの

確定申告の申告・納付期限は

◎申告納付は、事業年度終了の翌日から2ヶ月以内、遅れるとペナルティがかかる。

中間申告・納付のルールは

◎中間申告方法は予定申告と仮決算による申告の2つ。前年度消費税が60万円以下のときは中間申告不要。

帳簿・請求書等の記載と保存のルール

◎原則課税は支払った消費税の事実を記帳し請求書等の保存が必要。
─帳簿の4つの記載事項
1)課税仕入の相手方の氏名か名称
→取引先コードの記号か番号の表示でも差し支えない
2)課税仕入を行った年月日
3)課税仕入にかかる資産や役務の提供の内容
4)課税仕入にかかる仕入対価(税込金額)の額

帳簿のみの保存でOKってホント

◎1回の取引の税込支払額が3万円未満などのときは帳簿保存のみでOK。

◆帳簿の保存期間は

◎帳簿か請求書のいずれか一方を7年保存すれば、もう一方は5年間保存でOK。

◆消費税節税のポイント

◆消費税と法人税の違いは

消費税の課否判定・経理処理に強くなろう

◎ここでは、いろんな取引をケースに分けて、経理処理例を示しています。実際の経理処理にあたってどうすればよいか迷ったときなどには強いお助けマンとなります。

★販売促進費や販売奨励金、リベートや商店街のスタンプ券など、消費税の判断に迷う分かりにくい事例も盛りだくさんです。

消費税については、ここの仕訳例で、課税・非課税判定を考える必要があり、やっかいですね。

ベテランの方ともなれば、頭に入っている過去の事例から判断できるのでしょうが、新人の方にはそれも難しいでしょうし。もう少し勉強を続けたいと思います。

 

 

 

岩田康成著「社長になる人のための経理の本」

日本経済新聞社、¥1359-です。4532144876

目次
1、ウチはいくら儲かっているのか?
2、ウチのフトコロ具合を探る
3、儲けの配り先
4、勘定あって銭足らず
5、税金をこんなに払うの?
6、ウチの強みと弱みを知る
7、どうすればもっと儲かるか?
8、グループで見ると

 

◆企業会計の原則

◎一般原則には、真実性の原則、正規の簿記の原則、資本・利益区分の原則、明瞭性の原則、継続性の原則等がある。

◆売上総利益

◎売上から売上原価を引きます。売上原価とは、製品の購入代や製造コストのことで、売上、稼ぎを得るために
かかった直接的な費用を引いた残りの利益が、この売上総利益です。

◆営業利益

◎売上総利益から販売費及び一般管理費と差し引いた残りです。販売費及び一般管理費とは、本社や支店の営業部門、
管理部門でかかった費用や運賃、保管料などの物流費用などのことです。研究部門の費用も含まれます。

◆経常利益

◎営業利益に、営業外収益を加えて、営業外費用を引いたものが経常利益となります。

◆税引前当期利益

◎経常利益に、特別利益と特別損失を加減すると税引前当期利益が出ます。

◆当期利益

◎税引前利益から法人税などの税金の支払いに充てる金額を引いたものが、当期利益です。

◆1年基準と正常営業循環基準(流動資産と固定資産を区分する基準)

◎1年基準は、貸借対照表の作成日の翌日から起算して1年以内に回収される資産を流動資産、
また1年以内に支払期限が到来する負債を流動負債とする基準です。
◎正常営業循環基準は、会社の本来の営業プロセスである現金→棚卸資産→売上債権→現金という
サイクルの中にある資産や負債は、それぞれ流動資産と流動負債とする基準です。

◆取得原価主義

◎資産は取得価格がベースになって計上されます。したがって、バランスシート上の価値は、いま売ったら
いくらで売れるのかという価値、換金価値で評価されているわけではありません。

◆会社のツケとカケ

ツキ → 支払手形、買掛金、未払金等
カケ → 受取手形、売掛金、未収入金等

◆収益費用対応の原則

◎試験研究費は、新製品や新技術の発見のために行う試験研究にかかった費用をいいます。

これたの研究は、将来その成果が実って新製品として売り上げに上ったり、新しい革新技術となって

利益に貢献する可能性があるものです。いわは、将来の儲けを生み出す可能性を持った費用なのです。

◎したがって、今すぐ全額費用にしないで、将来にわたって少しずつ負担させてもよいのではないかと

考えるのです。将来の収益、将来の稼ぎと対応させて、費用を負担させようとするわけです。

これを、「収益費用対応の原則」といいます。

◆現金主義と発生主義

◎現金主義 ─ 現金の支払いがベース
◎発生主義 ─ 費用発生の事実がベース

◆節税の3つの方法

◎投下資本の早期費用化
◎将来コスト、損失の先取り
◎税法の恩典の積極的享受

★この本も古いです(笑)。1997年4刷となっています。「45歳からの出向・転籍準備経理研修会スケジュール」
となっており、親会社の部長クラスが子会社の社長に行く前の経理知識の習得を目的としています。

 

津森信也著「財務部」

日本能率協会マネジメントセンター、¥1500-です。
目次
第一章 財務部の基本機能と役割
第二章 財務部の戦略立案機能
第三章 財務部に必要な基礎知識と実務
第四章 財務部の基本業務
第五章 財務部の戦略的業務
第六章 財務部門の新潮流

財務部の機能

1)企業内の財務業務担当部署として企業の財務戦略の立案と実行
2)企業内の金銭資産の管理
3)資金の調達と運用

財務部の位置づけ

◎財務部は、管理部門に属する管理組織である。社内各部門に財務上のサービスと管理を提供する。
主たる業務は会社の金銭の管理である。あるべき金銭があるべき場所に、あるべき金額で、あるように
管理することである。資金は入念に管理しておかなければ、不正に使われ遺失する危険性が
非常に高い企業財産でもある。

営業機能としての財務部

◎外部調達(間接金融・直接金融)
・市場環境調査
・交渉
・人間関係構築

財務部機能の二面性

◎財務部の管理機能と営業機能

経理部と財務部の関係

◎企業によっては、財務部と経理部(または、主計部)が一つの部となっていることもある。経理部の中に財務課が
あったり、財務部の中に経理課があったりする。しかし、両者の機能はまったく異なっているということを
よく認識しなければならない。経営層が、その点を理解しないで数字を扱う部はどれでも同じと考えた結果である
とすると、経営上の問題がある。

◎経理部の本来的役目は企業会計原則に則り、会社の決算書を作成することである。企業会計原則に則っているかぎり
決算書は「作る」ことができる。”Profit is opinion, cash is fact"(決算上の利益は作れるものであるから
企業の意見を言っているに過ぎない。一方、キャッシュはいかなる操作をしても同じ数字しか出てこない。
すなわち、事実である。)という言葉がある。経理部と財務部の違いを見事に表す言葉である。

経営企画部と財務部の関係

◎企業の戦略は経営企画部で策定されているかとなると、ほとんどの企業ではそうではない。多くの企業において、
経営幹部は中期、長期経営計画を集計するに過ぎない部となっている。理由は簡単である、経営幹部は企業が
抱えている経営上の問題点を現実に知りえる立場にないからである。経営企画部には外部の客先はいない。
したがって、企業外部で何が起きているかを知りえない。

財務部員に必要な心構え

①企業理念の理解
②健全な常識
③チームプレーと牽制機能

財務部員の自己啓発

①全社資金の流れの理解
②会計経理担当知識の習得
③たゆまぬ財務知識の学習

CFOの役割

CFOとはChief Financial Officer(最高財務責任者)のことである。米国企業において経営に占める財務の役割が
高まり、それが経営方針を動かし、徹底した経営改善が行われ、業績が回復し、さらに財務の役割が高まるという
流れにある。このような流れの中で誕生したのがCFOという役職である。企業の財務関連事項一切を管掌する。
別途、業務執行に関し最高責任者を置くときには、「COO(Chief 0perating Officer)、最高執行責任者」と呼ぶ。
CFOは、CEOの次に位置するか、あるいはCOOに並列する。

株主資本コストの正しい認識

有利子負債にコストがあるように、株主資本にもコストがある。しかも、株主は企業の所有者であるから、
企業に対する財産の請求権は有利子負債提供者等の一般債務者に劣後する。したがって、株主資本コストは
有利子負債コストよりも、リスクが高い分だけ高くなる。

小切手

◎小切手とは、「振出人が銀行を支払人として、受取人、その指図人または持参人に一定の金額を払うべきことを
支払人に委託する有価証券」。
◎小切手の振出には、まず銀行に当座預金勘定を開設する必要がある。その上で銀行から交付される小切手用紙を
使用して振り出すことになる。
◎線引小切手
─小切手の左上肩に斜めに二本の線を引くことにより線引小切手となり、受取人の預金勘定に入金する形でのみ
換金が可能になる。得意先等から小切手で代金回収したときには、自ら線を引いて線引小切手にしておくことが
望ましい。

◆手形(約束手形)

◆手形(為替手形)

金利の計算法

①金利の前払いと後払い
②両端(りょうば)入れと片端(かたは)入れ

借入金

①商業手形割引
②手形借入
③証書借入
④当座貸越

◆スワップ

◆オプション

◆配当割引モデル

◆EVAの基礎知識と実務

貿易とプロジェクト金融の基礎知識と実務

◎信用状(Letter of Credit)
◎取立手形や送金等による決済

社内資本金制度

◎社内資本金制度を運営するためには、各事業部門に割当すべき株主資本額を全社的に納得いく方法で決め、
その上で株主資本コストを賦課する必要がある。
◎タダの資金であれば事業部門の数で割り算することもありえるが、この割当は大いに議論を呼ぶことになる。
同じ資産額であれば、明らかに少ない株主資本と多くの有利子負債という資本構成のほうが目標利益が
すくなくなるからである。

★私自身が大企業の組織体系に不勉強なため、組織論に多くを割いてしまい、肝心の役立つ実務情報をあまり載せられませんでした。
資金調達と管理会計については、非常に広範な分野をカバーしていますので、ぜひご興味ある方は書店で探してみてください。

 

太田達也著「減損会計のすべて」

中央経済社、¥1500-です。
目次
第1章 減損会計とは─全体像─
第2章 減損会計の適用と会計処理
第3章 資産の種類別の処理方法
第4章 業種別の影響度
第5章 減損会計導入前の対応策
第6章 減損会計導入後の対応策
第7章 実際の適用事例を検証する
第8章 その他の留意事項

減損会計とは

◎当初想定していた将来キャッシュ・フローの回収ができなくなったことによる回収不能分としての使用価値の低下
を帳簿価額に反映させる会計処理です。

時価会計との違い(なぜ評価益を計上しないのか)

◎事業用固定資産は、使用価値が上昇したとしても、売却しないで使用し続ける。したがって、評価益は、
長期の使用期間にわたって、企業の利益に反映されていく。一方、使用価値が低下した場合に、
評価損を計上しないで、将来にわたって損失を繰り延べていくのは健全ではない。
そこで、帳簿価額を切り下げる。それが減損会計である。

減損会計の適用対象資産

◎使用目的で企業が保有する事業用固定資産であり、有形固定資産に属する土地、建物、機械装置など、
無形固定資産に属する営業権(のれん)、さらに投資その他の資産に属する投資不動産などが適用対象となります。

減損会計で何が変るのか

◎減損会計は、企業のB/S・P/Lに劇的な影響を与える

諸外国の基準

◎国際会計基準をはじめ米国など先進国で導入されている。

◆減損会計の処理手続きフローチャート

◆資産のグルーピングの方法

◆減損の兆候の有無の判定

減損損失の認識

◎処理手続きの第2段階は、減損の兆候が認められた資産および資産グループについて行なう回収可能性テストである。
将来キャッシュフローの総額(割引前)を物差しとして、減損の認識の要否を調査する。

将来キャッシュ・フローの見積り

◎将来キャッシュ・フローの見積もりは、会社が置かれた前提条件のもとで使用を行なうとした場合に
得られるキャッシュ・フローの見積額であり、具体化していない事業計画などにもとづいて計算することは
認められない。

◆減損の測定と損失の計上

会計処理方法仕訳と表示

◎  減損損失  1000万   / 建  物  200万
/ 機械装置  300万
/ 土  地  500万

◎B/Sの表示には、直接控除法と間接控除法がある

◆全社資産の処理

◆のれんの会計処理

◆有形固定資産─工場

支店・営業所の選別が加速する

◎個々の支店・営業所の採算管理を厳格に行なう必要性が高まる
◎将来キャッシュ・フローを十分に生み出さない営業拠点は、整理・統合により消滅していく。

◆本社の減損は第2ステップで判定

福利厚生施設を整理・縮小する動きが加速する

◎社宅・保養所・研修施設は、特定の資産グループのキャッシュ・フローの生成に寄与するケースは少ない

投資の尺度を変える必要がある

◎減損会計適用後は、投資の回収可能性の検討が重要視されることになる。しかし、それはとりもなおさず
投資の原点に立ち戻ることでもある。
◎投資額を何年で回収できるか、という視点が重要である。投資額の早期回収という要請がいっそう強くなる。

◆導入後の対応策 使用価値の維持を図る

◆土地重視から建物重視の時代へ

★本書は平成13年発行の初版であるために、事例等は割愛しました。
ご興味ある方は、是非、最新版を本屋さんでお求め下さい。

いろいろ新しい会計基準が上場企業では導入が続いております。
その全てが、中小企業に採用されるとは、限りませんが、知っておいてムダになることはないと思いますので、
この減損会計についても、新刊を探したいと思います。

 

大里新太郎、神保敏明著「ファクタリング入門【新版】」

東京布井出版、¥1800-です。

目次
利用者のためのファクタリングQ&A
第Ⅰ部 ファクタリング入門
ファクターの機能
ファクターの実態
リース、信販との関連
ファクタリングの原型と得失
日本式ファクター
ファクター利用例
国際ファクタリング
むすび
第Ⅱ部 ファクターの日本的展開
1、ファクターの業務概説
2、オールドライン・ファクター
3、日本におけるファクター研究
4、日本でのファクターの歩み
5、法的な問題点
6、ファクター利用のメリット
7、尾州のファクター設立構想
8、日本におけるファクターの認識度
9、ファクターの前史
10、アメリカ合衆国におけるファクターの現状
11、ファクタリングの新しい動き
12、日本のファクター会社
第Ⅲ部 英文による解説
第Ⅳ部 手形廃止とファクタリング

ファクターの機能

◎「ファクターする」と言う言葉の意味は、「インボイス(商品送り状)をファクターに売却し代金を回収する」
という意味であって、「有価証券でも流通証券でもない1枚の紙片にすぎないインボイスを現金で買いきる
機関がファクターだ」というように理解することもできる。
◎法律的にはインボイス自体が売買されるのではなく、そのインボイスに表記された(受取り)勘定
(つまり売掛債権)が売買されているのだが。

ファクターの日本語訳は「特化商社」

◎商社機能の取引媒介機能、問屋信用供与機能、危険負担機能の3つの内、取引媒介機能を欠いている。
◎取り扱い商品別の専門商社でもなければ総合商社でもないが、商社機能の一面を特化させた会社という意味です。

ファクターの利用例

「年商300億の総合問屋A社も(オリエント)ファクターを使っている。
-取引先はファクターを使っていることを知っているんですか?
”そんなことをいったらえらいことになる。秘密ですよ。”
-どうしてでしょう。
”あなたが逆の立場にたってごらん。うちの手形が(わけのわからない)ファクターの担保に入っていると聞いたら
どんな気がするか。”
(A社がファクター)導入の検討を始めたのが3年前。最初は銀行が得意先獲得のためにいってきた・・・・
程度に考えていたのだが
(ファクターを決定的に信頼しはじめた動機は)
”昨年倒産したある問屋での焦げつき事件だ。おかいしとは思いながらファクターに紹介したところその与信限度額は
ゼロ回答だった。早速本社との取引は打ち切りある支店だけ販売していたが、間もなく倒産が現実のものとなった。
もしファクターを利用していなかったら焦げつきは6倍にもなっていただろう。

-これはコンフィデンシャル・ファクタリング(無通知方式)の典型例である

◆国際ファクタリング

ファクター会社が果たしている役割

◎ファクター会社は、その契約者が、その取引先に対してもつ売掛債権を原則的に償還請求なしで買い取る。
つまり、不渡りリスクをファクター会社が負い、債務者であるカスタマーから代金を回収している。
売掛債権を買い取ることでクライアントへの運転資金の補填を図ると同時に、売掛債権の記帳や取立てに伴う
事務処理を代行し、クライアントの事務負担を軽減する。この結果、売掛金の運転資金化による
財務内容の改善や売掛債権の管理、回収事務、記帳事務の省力化を計り、売掛債権の焦げつきをなくして
回収のリスクヘッジができるといったメリットが生じる。

譲渡通知方ファクタリング

◎「この勘定は○○ファクターに譲渡されています。支払いは○○ファクターになさるようお願いいたします。
本状の記載事項にご不審な点がございましたら○○ファクターまでお問い合わせ下さい。」

ファクターの収入源

◎ファクターの主要な収入源である手数料はクライアントによって異なり、一概には決められない。
しかし、一般に、買い取りの債権の1~2%であるといえる。
手数料は信用調査、債権管理などの事務処理料として必要なもので、売上高が大きく、また貸倒れの少ない
産業分野では安くなるし、売上高が小さく、貸倒れリスクの大きいところでは高くなる。
◎ファクターの第2の収益源である貸付金利息は、売掛債権であることを裏付ける書類、例えば、納品書や
カスタマーの商品受領書に基づいた融資によるものである。この表面金利は銀行金利よりも高い。
債権の現金化が容易であり、債権管理が不必要、回収が不要などの利点だけ金利がかぶさってくる。

★ファクタリングに関する本は、あり次第、随時これからも紹介したいきたいと思います。

 

 

 

太田達也著「外形標準課税のすべて」

中央経済社、¥1800-です。4502908207
目次
第1章 外形標準課税とは?
第2章 わが国に導入される外形標準課税のしくみ
第3章 税金のしくみはどのようになっているのか?
第4章 会社にとっての影響と対応策
第5章 残された課題

外形標準課税とは何か

◎応益課税としての事業税の性格を明確にするために、その課税標準として、事業の規模とか活動量を表すような
外形基準を導入して、行政サービスからの受益に応じた税金をかけようという主旨のもの。
◎応益負担の原則
地方自治体のサービス(警察・消防・道路・都市基盤整備など)の提供を行なっていくうえで
コストがかかる。便益を受けている会社なり人なりが、そのコストとしての税金を負担すべきという考え方

現在の事業税とどこが違うのか?

◎税金を算出するにあたっての基準が違う
所得よりも会社の事業活動の大きさをより適切に表す基準(=ものさし)

外形標準課税の三つの長所

1、税収の安定化(安定財源確保による地方財政の安定)
2、税負担の公平化(赤字会社でも便益に見合った税負担となる)
3、税金の性格の明確化(行政サービスの対価としての性格にマッチする)

外形標準課税の短所

1、固定的費用負担の増加
2、国際競争力の低下
3、中小・零細企業の負担増加

他の国ではどうなっている?

諸外国ではフランス、ドイツと米国の一部の州において、外形標準課税はかなり前から存在していた

日本でも外形標準課税の対象となっている業種がすでにあった!

◎電気・ガス供給業
◎生命保険・損害保険業

外形標準課税の対象法人

◎資本金1億円超の法人
(ただし、公益法人等、特別法人、人格のない社団等および投資法人を除く)

課税標準は

◎法人事業税 = 所得割 + 付加価値割 + 資本割
①所得割:各事業年度の所得および清算所得
②付加価値割:各事業年度の付加価値額
③各事業年度の資本等の金額

付加価値割のしくみ

◎付加価値額 = 事業活動によって新たに生み出した価値
「 企業は、外部からお金を借り入れて、人を雇い、原材料を購入して、それを加工して販売する。
加工には、利子、給与、地代、家賃などの諸費用がかかる。この加工費用の総額に利潤を
加算したものを付加価値という。」

付加価値額の算定方法

◎付加価値額は事業年度ごとに算定し、各事業年度の収益配分額と各事業年度の単年度損益と合算することにより
算定します。ここで収益配分額とは、報酬給与額、純支払利子および純支払賃借料の合計額をいいます。

◆報酬給与額とは

◆派遣労働者を受けいている場合の取り扱い

◆純支払利子の算定方法

◆純支払賃借料の算定方法

◆支払猶予の特例

◆地方自治体のリストラが必要では?

◎本来であれば歳出面のリストラと引き換えに導入されるべきだったといえる

★これ1冊では、本の内容の問題ではなく、私の問題で、外形標準課税に対する理解が足りないと思います。
あと、1・2冊はこのテーマで、またご紹介したいと思います。
とりあえず、資本金1億円以下の中小企業は対象外ですが、
税の性格を考えると、また地方自治体の財政状況も考慮すると、将来的に中小企業への拡大も検討されそうです。

 

 

アトム経営問題研究グループ「経費削減なんと1181の具体策」

中経出版、¥2000-です。

目次
1、人件費
2、福利厚生費
3、研修費
4、アウトソーシング
5、事務管理費
6、器具備品費
7、システム構築費
8、情報機器関連費
9、オフィス費用
10、通信費
11、通勤交通費
12、旅費・交通費
13、会議費
14、接待・交際費
15、保険費用
16、諸会費
17、図書新聞費
18、収入印紙代
19、支払手数料
20、支払利息
21、金融費用
22、清掃費
23、警備費
24、水道光熱費
25、修繕費
26、地代・家賃
27、車両燃料費
28、仕入費
29、在庫保管費
30、広告宣伝費
31、ネット関連費
32、ホームページ関連費
33、物流費
34、設計費
35、生産管理費
36、製品在庫保管費
37、設備管理費
38、製造費
39、品質管理費
40、資材購買費
41、外注加工費

 

◆従業員のやる気を引き出す

◆就業時間を「実働時間」にする

◆中小企業共済制度を活用する

◆確定拠出年金制度でリスクを回避する(日本版401K)

◆顧問、相談役を廃止する。顧問、相談役はボランティアにする。

モザイク職場化を進める。

◎正社員、契約社員や派遣社員、パートなどさまざまな雇用形態の人がともに働くこと

◆改正パートタイム労働指針を守る

ニート(NEET)に注目する

◎ニートとは、大学卒業後も、職探しもせず、職業訓練を受けない若者のこと。

従業員家族の職場見学会を行なう

◎従業員の家族を職場に招待して、配偶者や親の日ごろ働いている様子を知ってもらう機会をつくる。
勤務の実態がわかれば、家族の会社への理解が高まり、協力体制もとりやすくなる。

受講料の一部を参加者に負担させる

◎外部研修への参加は希望者のみとし、参加者に受講料の一部を負担させる。

◆従業員に外部セミナーを探させる

◆事務用品使用規定をつくる

◆経費削減の目的を共有しよう

◆全社員で机の引き出しの(事務用品)棚卸しをする

◆紙は三大経費の一つ

◆パソコン周辺機器はLANで共有

◆IT化を意識せずビジネスシステムを構築する

◆IP電話を利用してみる

◆インターネット回線を上手に選らぶ

◆切手・はがきの管理を厳密にする

◆通勤手当支給規定をつくる。通勤手当の上限を定めておく。

◆(旅費・交通費)格安パックを利用する

(会議)事前に資料を配布する。全員が立って会議をする。

◎開始時間を厳守する。終了時間を厳守する。

◆銀行の手数料一覧表をもらい料金を比較する

★過去の目次の中でも最長となりました。本文には番号振られていないのですが、最後はちょっと意地になりました。

 

小池正明「消費税の実務ができる本」

日本実業出版社、¥1600-です。

目次
第1章 消費税とはどのような税金か
第2章 こんな取引が課税対象になる
第3章 消費税が課税されない取引もある
第4章 売上に係る消費税はこう計算する
第5章 仕入税額控除の仕組みと計算方法
第6章 中小事業者にはこんな特例がある
第7章 日々の取引の実務処理のポイント
第8章 申告・納税はこうすれば間違いなし

◆売上に対する消費税額(課税標準額に対する消費税額)

税込課税売上の合計額×105分の100=課税標準額
課税標準額×4%=課税標準額に対する消費税額

◆仕入・経費に対する消費税額(仕入税額控除)

①原則課税方式の場合
税込課税仕入の合計額×105分の4=控除対象仕入額
②簡易課税方式の場合
課税標準額にたいする消費税額×みなし仕入率=控除対象仕入税額

◆地方消費税の仕組み

◎消費税率を5%と理解しても間違いはないのですが、そのうち4%は国税としての消費税率で、1%相当は
地方消費税の税率です。

◆地方消費税の計算(譲渡割)

課税標準価額=消費税額(課税売上に対する消費税から仕入税額控除をしたあとの税額)
納付すべき地方消費税額=課税標準額×25%

◆小売業者には総額表示義務がある

◎課税売上高が1000万円以下の免税事業者に総額表示義務はありません。
◎「不特定かつ多数」を対象とする取引に総額表示義務がある

◆消費税の非課税取引

◎消費税の性格から課税対象とすることになじまないもの
1、土地の譲渡・貸付など
2、有価証券、支払手段の譲渡など
3、利子、保証料、保険料など
4、郵便切手、印紙などの譲渡
5、商品券、プリペイドカードなどの譲渡
6、住民票、戸籍抄本等の行政手数料など
7、国際郵便為替、外国為替など
◎社会政策的な配慮に基づくもの

◆ゴルフ代の消費税計算はやっかい

◎ゴルフの場合の仕入税額控除額
(支払額-ゴルフ場利用税)×105分の4=課税仕入れに係る消費税額
◎軽油取引税も同じ扱い

◆無駄な印紙税を払わない

◎各種の契約書や商品代金の受領書(領収書)には、記載金額に応じた一定額の印紙の添付を要することは
ご存知の通りです。この場合の記載金額について、本体価格と消費税等の額(消費是と地方消費税の合計額)
が区分して明記されているときは、本体価格に応ずる印紙税の額としてよいこととされています。
《次の課税文書に限られる》
①不動産の譲渡等に関する契約書
②請負に関する契約書
③金銭または有価証券の受取書(領収書)

★この本は、昨日の本より、より詳細に、事例毎の解釈が豊富に乗っています。実務にも十分使えるものだと思います。

 

 

平野敦士著「はじめてする消費税の申告」

清文社、¥1200-です。

目次
第1編 事前準備編
第2編 申告実践編

この本をだすのはこういう主旨です

この本は、消費税免税点の引き下げによって新たな消費税の納税義務者になった中小事業者が、
税理士に依頼することなく、自分で消費税の申告ができるようになることを目的としています。
したがって、経理知識の乏しい経理担当者でも、はたまた簡単な帳簿しかつけたことのない
個人事業の奥さまでも、この本1冊でわかるように、可能な限りむずかしい記述はさけるように
心がけました。

消費税の改正項目

①消費税の免税点の引き下げ 3,000万→1,000万
②簡易課税の適用上限の引き下げ 2億円→5,000万円
③消費税の税込表示の義務付け
④大規模納税者についての中間納付回数の増加  年3回から年11回へ (消費税額6,000万円超は毎月納付)
⑤課税期間を1か月とする制度の創設(輸出業者は毎月還付が受けられる!)

◎適用時期の原則
法人-平成16年4月1日以降開始事業年度より
個人-平成17年度分の申告より

◆消費税の税率は4%、地方消費税1%と合わせて5%

◆消費税における売上と仕入の範囲は法人税や所得税の場合と異なる

消費税のかかる取引

①国内取引の定義
消費税がかかる国内取引は、「国内において事業者が対価を得て行なう資産の譲渡や貸付、サービスの提供」です。
②輸入取引の定義
輸入取引とは、保税地域から外国貨物を引き取る取引です。

課税取引の要件

◎「国内」で
◎「事業者」が「事業として」
◎対価を得て行なう
◎資産の譲渡、貸付、またはサービスの提供

消費税は消費的でない資本の移転にはかからない

①土地の譲渡・貸付
②有価証券・支払手段(例えば、手形)の譲渡
③利子・保険料など
④切手・印紙などの譲渡
⑤商品券・プリペイドカードなどの譲渡
⑥国、地方公共団体などの行政手数料
⑦国際郵便為替、外国為替など

社会政策上の配慮から非課税とされている取引

①社会保険医療など
②社会福祉事業など
③学校の入学金・授業料など
④助産
⑤埋葬料・火葬料
⑥身体障害者用物品の譲渡、貸付など
⑦教科用図書の譲渡
⑧住宅の貸付

課税売上か?非課税売上か?

①まず、消費税は国内取引に課税されます。国内取引が海外取引かの判定は、保税地区で直接やり取りする立場に
あるかどうかです。
② ①で国内取引であることが確認できたら、自分が「事業者」なのか、また、その取引は
「事業としてなされたものなのか」を判定します。
③次に有償取引かどうかです。
④ そのうえで①~③で消費税の対象となる取引について、次のように課税か非課税かを判定します。

◆勘定科目別の課税の判定は?(仕入編)

◆勘定科目別の課税の判定は?(仕入編・細目)

輸出取引はどうなるのでしょうか?

◎消費税では、輸出したときには輸出免税という技法を用い、輸出に当って消費税を課さないばかりか、
輸出したモノの仕入段階でかかっていた消費税を還付してもらえることになっています。

◆消費税の売上計上時期はいつか?

◆消費税の中間申告について教えてください

◆消費税の会計処理は税抜経理によった方がよい

◆個別対応方式とは何でしょうか?

★この本は図やイラストも多く、初心者の方へは分かりやすい1冊だと思います。

 

 

三優監査法人「よくわかる税効果会計」

日本実業出版社¥2200-です。

*これも1999年と古い本なので、なるべく気を付けますが、法令が変わっていたらすみません。

税効果会計とは

◎企業会計における収益・費用と法人税における益金・損金の認識の相違から生じる差異に
よって、損益計算書上の税引前当期利益と法人税及び住民税(税金費用)の関係が
歪められることがないように、「会計上」と「税務上」の違いを税金費用で調整
しようとする会計手法である。

損益計算書と税金のしくみ

◎税効果会計で対象となる税目は、利益に関連する金額を課税所得あるいは課税標準
として課されるものです。
①法人税
②法人住民税
③法人事業税

税効果会計が必要とされる理由

①同一企業における期間比較が正しくできなかったこと
②企業間比較が困難であったこと
③国際間比較が不可能であったこと
④有税処理を躊躇させてきたこと
⑤配当可能利益の株主間不公平がもたらされる可能性があったこと
⑥1株当たり利益(EPS)、投下資本利益率(ROI)、株主資本利益率(ROE)といった
企業の重要な経営指標が意味が不明瞭になっていたこと

税効果会計の対象となる項目

◎一時差異と永久差異
①会計上の収益と税務上の益金および会計上の費用と税務上の損金の認識するタイミング
が異なることにより生ずる差異
②会計上の収益と税務上の益金および会計上の費用と税務上の損金のそもそもの考え方
が異なることにより生ずる差異

一時差異のタイプ

◎将来減算一時差異
棚卸資産評価損否認額、引当金繰入限度額超過額など
◎将来加算一時差異
利益処分方式による圧縮積立金、特別準備金など

★本書はこれから延々と実務ケーススタディと演習問題に入っていくのですが、
さすがに年度を見ると不安がつのりますので、ここまでにしておきます。

 

中央監査法人事業開発部「資本政策の考え方と実行の手順」

中経出版、¥2400-です。

目次
パート1 一連の規制緩和が資本政策に与える影響を探ろう
パート2 今後、新規上場のための資本政策をどう考えればよいのか
パート3 新規上場に向けた事業計画の作り方
パート4 安定株主対策をどのように考えればよいのか
パート5 資本政策はこのように策定しよう
パート6 資本政策実行時の目標と手段を知っておこう
パート7 資本政策における税務上の取扱いを知っておこう
パート8 ケーススタディで確認しておこう

◆株式の流動性を意図した一投資単位50万円未満の要請

「上場会社は、投資単位が50万円未満となるような株式分割または1単元のくくり直しによる
投資単位の引き下げに努めるものとする」ことを上場規定等に明示しました。

◆第三者割当増資等の公開前規制緩和のポイントをおさえておこう

◎昭和63年に、いわゆるリクルート事件が発覚しました。リクルート社は子会社である
リクルートコスモス社が株式公開を行なうに際して、公開前株式の不公正な取引を行なったとして問題となりました。
ここで不公正な取引として指摘されたのは、政治家等の特定の者が公開前のリクルートコスモス株式を低廉な価額で
譲り受け、公開後にこれを売却して大きな値上がり益を享受したのは不正ではないか。などの指摘です。
◎第三者割当増資禁止期間の規制緩和
◎転換社債等潜在株の規制緩和
◎株券の継続預託義務の廃止

◆資本政策とは、そもそも何かを考えよう

◎公開前の資本政策の主な課題
①資金調達(公開前、公開時)
②公開後の状況を想定した安定株主対策
③公開後の状況を想定した事業継承対策
◎公開後の資本政策の主な課題
①資金調達
②株主への利益還元(自社株取得)
③流動性(株式売買出来高の増加策)
◎資本政策は、成長戦略の具体化である
新株発行による資金調達のつど、外部株主持分比率が高まる

コーポレートガバナンスを重視した経営が要求されるようになる

◆金庫株(自己株式取得)解禁により今まで以上に資金重要にあった公募増資が求められる

◆関係会社整備の資本政策に与える影響を知ろう

◆事業計画とは何かを確実におさえておこう

◎中期事業計画
経営理念

経営方針

経営目標

(中期)経営計画

◆予算管理制度を導入しよう

① 月次・四半期・年度の予算編成(利益計画を利用)
② 月次・四半期・年度の実績の集計
③ 予算と実績の対比による両者の差異の把握
④ 差異の原因分析
⑤ ③④の取締役会への報告及び対応策の検討
⑥ 予算の見直し

◆オーナーが維持を目指す持ち株比率の目安は?

◎オーナー一族で1/2超
◎安定株主を含めて2/3超

◆インセンティブ制度は、業績向上のための動機づけ

◎ストックオプション制度とは
◎従業員持ち株制度はここに注意しよう

◆ベンチャーキャピタルとどのようにつきあうか

◆目標項目(持ち株比率・所要資金調達額等)を定めよう

◆オーナー創業者利潤の確保と事業継承

◆役員、従業員のインセンティブプランを立てる

◆公開後の利益見込みを決定しよう

◆事業継承を考慮した資本製作-財産保全会社の活用

◆キャピタルゲイン課税を知っておく

★後半のインセンティブ制度以下が、公開を検討される企業にとっては参考になると思われます。実務的には監査法人の監査を
受けたり、証券会社を選定するなどがあるのでしょうが、読後の感想としては、想像以上に事前から、株主構成や
1株価格などを検討しておく必要があるなと感じました。

上場を検討するハードは、マザーズなどの誕生で非常に中小企業にとっても身近な存在となりました。
また良い本があれば、ご紹介したいと思います。

 

 

 

菅原宣明「税務調査五輪の書」

清文社、¥2200ーです。
目次
序章:最近の税務調査をめぐる環境
第1章:調査対象の選定
第2章:節税スキームと所得隠しのパターン
第3章:税務調査の選定ポイント
第4章:税務調査の実施
第5章:付帯税
終章新たなる税理士業務
申告書等事例

◆税務調査対象者の選定基準

◎法人税関係では「大口、悪質な不正を行っている法人税又は不正計算を繰り返している法人」
◎査察部関係では、「真に社会的非難に値する悪質な不正所得の発見に重点を置く」

◆的確な選定が必須条件

◎法人税を例に取れば、100社の法人税の申告の中から4.5社に絞り込む作業である。
◎好況業種や高収益法人等を分析する。書店に並ぶ節税本等から流行の節税テクニックを研究する。
◎申告書は、試算表から作成されていることを理解する。試算表は、日々の取引の集大成である。事業概況書は、月別試算表の計数から抜書きされている。日々の取引が、正しく申告書に計上されていれば、申告書は正確である。税務調査とは、それらを確認することである。

◆査察部の調査実績と選定基準

◎脱税の手口としては
①パチンコ及び性風俗業では売上除外
②建設業・運送業では架空原価の計上
③キャバレー・飲食店及び不動産業では、いわゆるつまみ申告
筆者の私見では、査察部で発表されていない数少ない業種が、税務調査の次年度以降の重点調査業種目に移行していくべきものと考えている。

◆所得隠しのパターンと調査ノウハウ

◎木を見て森を見る
税務調査においては、法人の日々の行為を木と見て、月別を林、年決算を森と見るのである。
この調査手法は、どのような業種でも通じるが、日々の売上に対応する原価を把握すれば、
日々の粗利益率が把握される。このサンプル調査を1週間・1か月と積み上げていけば、
1年になるのであるから、サンプル日数にもよるが、この利益率が決算書の利益率と
大きく違っていなければ、決算書は正しいということになる。
売上除外や架空原価・棚卸除外を発見するには、この利益率と月別の利益率とを比較すれば、
問題月が把握されるのである。
◎売上除外・架空仕入・棚卸除外は、申告書上からみれば、分析上は同じである。
◎数量計算は魔法の杖
全品目の数量計算は、日数的に不可能であるが、利益率の高い品目等に的を絞り、期首棚卸数量に
仕入数量を加算し、売上数量を減算して期末棚卸数量に合致すれば、問題はないということになる。
また、調査日現在から、進行年度の仕入数量・売上数量を加減さんして、調査年度の期末棚卸
数量との検討も可能である。

★筆者は国税で35年勤め上げ、調査のプロとして、本書を税務調査側と受ける側、双方を読者と想定して書かれたそうです。
また、「税務自主監査業務」を税理士業務の一環と考えられ、税務監査人制度創設への提言も行なわれています。

本来、時間があれば、もう少し選定ポイントやチェックシートなど紹介したい内容は盛りだくさんでした。記事では不可能ですが、かなりの種類の申告書(相続税・法人税もろもろ)の記入事例がありますので非常に参考になります。

 

志村和次郎著「ファクタリングの実務」

中央経済社、¥2600-です。
目次
第1章-なぜ新手法の資金調達が必要になったのか
第2章-いまなぜ、ファクタリングか
第3章-ファクタリングとはどのような金融サービスか
第4章-ファクタリングの具体的な活用事例
第6章-ファクタリング市場拡大のための課題と発展性
第7章-売掛担保融資保証制度活用上の留意点
第8章-ファクタリングで経営はどう変るか
第9章-ファクタリングとリスクマネジメント
資料(様式)1、ファクタリング関係、売掛債権担保融資保証制度

◆企業から手形がなくなる

◎商社経由の商取引が直販にシフトする傾向と不況によって売掛債権の貸倒リスクが高まっている。
◎手形を全廃しようという動きが急加速している。手形の発行の手間と時間で事務コストがかさむ。

◆売掛債権担保融資と二人三脚で推進

◆直接金融の具体的手法

①デット・ファイナンス
◎少人数私募債
◎長・短期借入金
②エクィティ・ファイナンス
◎私募増資、第三者割当増資
◎新株予約権付社債、エンジェル公募
◎従業員持株制度
③アセット・ファイナンス
◎ファクタリング(売掛債権の売却)
◎債権の証券化
◎知的所有権の証券化

◆重視されるキャッシュフロー経営

◆ファクタリングとは

◎ファクタリング(Factoring)とは、売主(クライアント)が、顧客(カスタマー)への商品の販売や、サービスの提供、工事
の施工等によって得た売掛債権をファクターへ譲渡し、ファクターはこれに対し、前払いによる金融を行なったり、
売掛金の支払保証や回収代行、さらに記帳事務の代行を行なったりする、新しい形の金融サービス

◆ファクタリングの変遷

◎16世紀のイギリスで発生した。18世紀から19世紀にかけ、繊維製品製造業者のエージェントとしての役割を果たす。
1975年までに、ファクターは、アメリカおよび西ヨーロッパ諸国のほとんど全域においてファクタリングサービスを
展開。今日では、ファクタリングの国境の制約はほとんどなくなり、多くの東ヨーロッパ諸国においても利用できる
状況になり、特に環太平洋諸国においても顕著な発展。

◆ファクタリング業界の現状

◎事業内容
①金融機能(前払融資)
②売掛債権管理機能(記帳管理事務)
③売掛債権回収機能(回収代行)
④信用保証機能(回収リスク負担)

◆日本でファクタリングが普及しなかった事情

①商社が販売機能とファクター的機能を果たしてきたこと
②債権保全などに使われた売掛債権の譲渡に対して、抵抗感が強かったこと
③手形取引が発達し、決済手段として広く利用されていたこと
④第三者対抗要件など売掛債権譲渡を保護する法的整備が遅れたこと
⑤信用調査機関の発達が不十分であったことと、調査コストが高すぎたこと

◆ファクターの機能

①金融サービス
②信用調査サービス
③事務処理サービス
④コンサルティングサービス

◆ファクタリング契約と取引の実際

◎ファクターとクライアントとは一定期間継続してファクタリング関係を持続するためのファクタリング取引契約書=基本契約書を締結する。

◆ファクタリングの法律関連の問題

◎ファクタリングにおける債権譲渡の特殊性
◎債権の二重譲渡の問題
◎債権の譲渡禁止特約の問題

 

 

山田真哉著「世界一やさしい会計の本です」

日本実業出版社、¥1300-です。

決算書を簡略化した4つの箱

①水(資金源)   ・・・ 実際に目に見えるものがない
②木(資産、財産) ・・・ 実際に目に見えるものがある
③火(費用、出費) ・・・ 実際に目に見えるものがない
④金(収益、売上) ・・・ 実際に目に見えるものがない
◎4箱の中を「お金が回転」することによって、会社は成長する
◎決算書とは、「会社の全体像」を表したもの

会計的センスを身に付けるコツ-お金の回転を知る

①「割り算」を使う
②「大きな数字」に着目する
◎利益を出すための公式「収益」-「費用」=「利益」
◎自己資本比率 = 資本金 ÷ 資金源 (会社の安全性がわかる)

費用・収益対応の原則

◎収益が発生したときに、同時に費用も発生させるという原則。正確な「利益」を計算するためには、
収益と費用とを対応させる必要がある。

総資本利益率(ROA)

◎会社の収益性(儲ける力)がわかる 利益 ÷ 資産

「負債」は善か悪か?

◎「負債」のよし悪しは、投資が成功するかどうか、投資による「利益」が支払利息を上回るかどうかということによる。

売上高増加率(増収率)

◎(今年の売上高-去年の売上高) ÷ 去年の売上高 = 売上高増加率

4つの箱で4段階のリストラを読む

①財務リストラ
②資産リストラ
③費用削減
④売上拡大
◎現金は、「何にでも使える」ので、「資産」の中でも一番貴重な財産!

キャッシュフロー計算書の見方

◎営業活動によるキャッシュフローがプラスなら大丈夫!

税効果会計

◎「企業会計」と「財務会計」との違いを調整する会計テクニック
◎「法人税等調整額」が発生するのと同時に、「繰延税金資産」もしくは「繰延税金負債」が発生。

※簿記の語源として、英語の「bookkeeping(ブック・キーピング)」が、これを聞いた明治時代の人が
「ブックキーピング」→「ボッキーピング」→「ボッキー」→「ボキ」と聞き取ってしまったため、
簿記と訳したという説もあるようです。

★この本は確かに、非常に分かりやすい本です。とりわけ会計センスという意味では、4つの箱をグルグル循環するという発想が
今まで私の頭の中にはなかったですので、新たに身につきました。
さらに、税効果会計まで取り上げるなど、初心者向けではありながら、難しいテーマがすっ~と、頭の中に入ってきます。
手っ取り早く会計というものが知りたいという方には、お勧めの1冊です。

 

 

山田朝一「会社の税金もっと少なくできる!」

1500-、すばる舎です。
★2002年1月24日第1刷発行となっています。当時の法令・制度に基づきます。
★消費税等既に変更点もありますので、税法に関するところには触れないようにします。

◆会社にかかる税金はいろいろある

◎法人税
◎住民税
◎事業税
◎事業所税
◎不動産取得税
◎自動車税
◎固定資産税
◎特別土地保有税
◎都市計画税
◎軽自動車税
◎消費税
◎印紙税
◎登録免許税
◎有価証券取引税
◎ゴルフ場利用税
◎関税

◆法人税はどのように計算されるか

◎法人税は会社の所得(課税所得)に対して課される税金です。しかし、この「所得」はいわゆる「利益」とは異なります。法人税の課税所得を求めるためには、決算で出した収益と費用を加減算し、改めて収益と費用を計算し直す必要があるのです。
このとき計算し直した税法上の収益を益金、費用を損金と言います。
つまり課税所得は、[益金-損金]で計算されるのです。
いかに課税所得を少なくするかです。法人税は課税所得に税率を掛けて計算されますから、
課税所得がすくないほど法人税も減らすことができる。
◎経理上の費用と税法上の損金の違いをきちんと理解することが大切です。

◆法人税は損金を多く計上することで節税できる

◎法人税法では、3つが損金の額として計上できる
①原価・・・原則として収益にたいする原価
②費用・・・販売費・一般管理費など
③損失・・・資本等取引によって生じる損失以外の損失

◆損金経理とはいったい何だろう

◎決算において費用や損失として計上するのを損金経理と言います。
必須調整事項=交際費・寄付金の限度超過額、減価償却超過額の損金不算入、繰越欠損金の損金算入など)
任意調整事項=受取配当金の益金不算入、指定寄付金の損金損入

◆法人は個人事業より節税になる?

◎年間所得1000万円前後が一つの分かれ目
◎事業規模が大きくなったら法人のほうが有利

◆株式会社の株主は誰にすればいいのか

◎親族だけにするのか、第三者も入れるのか

◆同族会社にするかしないか

◎日本の会社の大半は同族会社
①留保金課税
②行為計算の否認

◆資本金はいくらにするのがいいのか

◆売上割戻し(リベート)はいつ計上すればいい?

◆不動産譲渡による収益はいつ計上する?

◆決算日より前に売上を締め切って節税する

◎いつも20日締めで売上を計上しているなら1年間の締切をずらすことができる

◆減価償却資産の取得価額に含まれる費用、含まれない費用

◎消費税が税抜経理であれば取得価額に消費税を含めなくて済む
【取得価額に含める付随費用】
1、購入のために要した費用(引取運賃、購入手数料、運送保険料、荷役費、関税など)
2、事業の用に供するために直接要した費用

◆社宅と住宅手当の支給、どちらが有利

◆従業員にかける生命保険はどう処理するのか?

◆業績のよかった年は決算賞与をだそう

◆使途の不明な支出はなるべく避ける

◆会社の資産を収用されたときに課税を避ける方法

◆吸収合併を行うときはどの会社を存続させる

 

 

朝日監査法人、浜村和則・武久善栄著「連結納税がみるみるわかる本」

PHP研究所、¥1300-です。
★2000年4月17日第1版1刷となっていますので、当時の法令・制度に基づいて書かれています。
★昨日はsmooth foxxxさんに救われましたが、懲りましたので法令には触れないことにします。
〈今までの本棚の肥やしの一掃セールをやっていますので、ご紹介せざるを得ない状況をご理解ねがいます(笑)〉

連結納税制度とは

グループ企業の連結課税所得から連結納税額を算出し、それをまとめて納税する制度。
(その会社が属している連結グループの所得を基準として、税金を課す制度)

日本型経営を支えた3つの環境

①株式の持ち合い
②高い株価収益力(PER)
③メインバンク制

日本型経営の崩壊と連結経営への転換

①株式持合いの解消
金融機関のBIS規制により、持ち合い株は放出された。さらに金融機関の大型合併がその流れを加速。
②キャピタルゲインの減少
バブルが崩壊し、株価が低迷することにより、投資家のキャピタルゲインが減少した。
③メインバンク制の崩壊
企業の資金調達も、従来の間接金融から、直接金融へシフトし、企業は「格付けの維持・向上」が課題。

連結経営はどのように評価されるか

①キャッシュフロー
②EVA(経済付加価値):税引後営業利益から、総資本調達コストを差し引いた利益
③ROA(総資産利益率):使用総資本に対して、その使途である総資本が、どれだけ有効に使用されているかの判断基準

株式交換制度のしくみ

①株式交換:ある会社の株主が保有する全ての株式を、他の会社の株式と交換する方法。会社の買収を現金の代わりに自社株で行なうところにメリットがある
②株式移転:ある会社の株主が保有する全ての株式を、新たに設立する会社の株式と交換する方法。子会社が複数の場合、事実上合併と同様の効果がある。

株式交換制度のメリット

株主の側からみたときに、株式交換時にはキャピタルゲイン課税(株式売却により得た利益)が発生しないメリットがある。

★日本ではこの辺の法整備が米国と比べ遅れていました。
株式交換制度、純粋持ち株会社(○○ホールディングなど)

連結納税制度の特徴

①連結決算を前提としない
②少数株主持分損益を排除しない
③会社法上の個別決算制度を前提とする
④計算方法は連結納税型と個別損益振替型がある

★テーマが関連する分野に広がっていくイメージで進めています。
ところが、「一度扱った分野が理解できているか」となると、
???ぐらいになってしまいます。
もちろん私の場合、「限りなく広く・結果的に浅く」、となるのは仕方ないと思っていますが、
一つの分野を集中的に読んだほうが、学習効率は上がるかな?
と期待したりします。

 

 

 

岩田康成/佐々木修一著「社長になる人のための税金の本」

日本経済新聞社、¥1400-です。

★1997年7月1日1版1刷となっていますので、当時の法令・制度に基づいて書かれています。

経費でも損金になりません

◎交際費の損金算入限度
×資本金5000万円超では、交際費の全額が損金不算入

訂正;現在は資本金1億円超です

◎ゴルフ会員権を買うと
ゴルフクラブの入会金          :資産として計上
年会費・ロッカー料・プレーの直接費用  :交際費

売上がたつと・・・

◎貸倒引当金の繰入限度額
貸金 × 法定繰入率(または実績率)
◎法定繰入率
製造業は1000分の8、卸売・小売業は1000分の10など業種によって異なる

減価償却は節税の宝庫です

◎償却超過額はどうなる?
償却限度額を超えた部分は損金には認められない。申告書の別表で当期利益に加算する
◎償却額が少ない場合
「償却不足額」があっても申告書の上で、追加的に損金として認めてくれない
◎固定資産計上は税金先払いになる
工事代金を修繕費で処理する場合と固定資産であげるのとでは、
税金の払いの面で考えると
先に税金を払うか、あとで税金をはらうかの差が生まれてくる。
(トータルでは同じ税金になる。法人税法で決められている)
◎陳腐化資産は増加償却できる
◎圧縮記帳の節税効果を学ぶ

課税所得の仕組みと欠損金の利用

◎確定決算で損金経理すべき項目
①内部取引に関するもの(減価償却費や繰延資産の償却費、貸倒引当金など各種引当金)
②収益認識に関するもの(工事進行基準など)
③外部取引に関するもの(少額資産の損金算入、寄付金の損金算入など)
◎税務申告書で調整される項目
①益金不算入項目(減算)
②損金算入(減算)
③損金不算入(加算)
④益金算入(加算)
◎資本取引は課税所得を構成しません
支払配当金は会計上の費用にもならず、税法上の損金にもならない。

法人税の申告と納付の仕方

◎開業時に提出する書類
①設立届出書の添付書類
・定款の写し・登記簿謄本・株主名簿の写し・設立時の貸借対照表・本店所在地の略図
②青色申告承認申請書
③棚卸資産の評価方法の届出書
④有価証券の評価方法の届出書
⑤減価償却資産の償却方法の届出書
⑥給与支払事務所の開設届出書
⑦都道府県への設立届出書
⑧消費税関係の必要な届出書
⑨申告期限延長承認申請書

合併によるリストラと税務

◎新設合併のケース
◎営業譲渡のケース

★最初の2章ぐらいまでは、すいすい読めたのですが、
中盤の減価償却以降はかなり専門的内容になり・・・。
まだまだ基礎的な勉強が必要なようです。

 

 

久保光雄著「経理規定・経理マニュアルの作り方とモデル例」

¥2600-、中経出版です。

経理規定を古いままにしている会社、規模が大きくなってのでそろそろ整備しよう
と考えている会社にお勧めです。

目次
0、企業を変革する!経理担当の「5つの心得」
1、新会計基準、商法・税法改正にこう対応しよう
2、経理規定の基礎知識をしっかり押えよう
3、経理規定・マニュアルはこの手順で作成しよう
4、経理規定・マニュアルを上手に活用しよう
5、実際に規定を作成してみよう
6、実際にマニュアルを作成してみよう

経理担当は何をなすべきなのか

「会社の価値は、単なる『資産価値』ではありません。現在では、『収益還元価値』と『時間価値』を重視し、会社の価値を最大化することが求められています」
「経理担当は、経理業務の『レベルアップ』『標準化』に真剣に取り組みましょう」

新会計基準:主な改正ポイントは4つ

①「連結決算」の本格化
②「キャッシュフロー計算書」の導入
③「時価会計」の導入および「減損会計」の導入
④「退職給付会計」の導入

会社に必要な規定の体系をつかもう

①経営基本管理規定
②組織運営規定
③総務関連規定
④人事労務規定
⑤業務管理規定

法令・制度と規定の関連に注意しよう

①商法
②会計制度
③税法
④労働法

規定の作成手順と基本用語を押えよう

①現状分析
②あるべき業務処理の検討
③規定案の作成

規定の作成担当者の条件とは?

①現場の業務に精通している
②法律の基礎知識を有している
③文章表現能力がある
④問題解決能力に優れている

押えたい規定用語

①「規程」と「規定」
②「および」と「並びに」
③「または」と「もしくは」
⑤「以上」「以下」と「超」「未満」
⑥「速やかに」と「遅滞なく」と「直ちに」
「速やかに」:「一切の遅延が許されない」
「遅滞なく」:「合理的な理由があれば遅延もできる」
⑦「その他」と「その他の」
⑧「適用する」と「準用する」と「準ずる」
⑨「この限りではない」

金銭出納業務に関連する不正事例

①現金預金および使途不明金の着服
②小切手の不正発行による着服
③架空あるいは改ざんされた請求書や領収書の二重使用
④当座勘定照合表、銀行残高証明書の偽造
⑤売掛金のラッピング
「売掛金の入金を包み隠す方法をラッピングといいます。回収した売掛金回収を着服し、売掛金残高が得意先と会社で相違する金額を
ほかの会社の売掛代金回収分で取り繕うもの」

豊富な帳票例

◎内部監査実施計画書
◎利益計画書
◎固定資産管理規程
◎売掛金勘定残高確認書
◎新規取引信用限度枠認可申請書
◎支払依頼書
◎クレーム対応台帳
◎資金日報
◎勘定科目マニュアル
◎連結決算マニュアル

外注取引に関連する法規

①下請代金支払遅延防止法
②下請中小企業振興法

★これは読んでいただく他ない1冊です。経理規定のみならず、人事・総務規程以外の
かなりの部分をカバーしていると言えます。
今すぐ必要でなくても、こんな1冊があると頭の片隅に置いておいて、損はありません。

 

金児昭著「第3版連結決算基礎の基礎」

税務研究会出版局、¥1800-です。
金児さんは経理本の王者ですね。著書は一体何冊あるのでしょうか?時間がある時に調べて見たいと思います。

★平成10年2月第3版1刷となっていますので、当時の制度・法令に基づいております。

子会社・親会社とは企業グループをひとつの会社とみなす。

「いったんは全ての数字を合計するが、それから、親会社と子会社間の売上・仕入、貸し・借りはもとより、子会社同士の売上・仕入、貸し・借りなどの取引を差し引きし合い(相殺)、消し去り(消去)ます。
これでグループ内の取引が消され(消去され)、グループの実態が連結決算に反映されます。」

孫会社も子会社である

「ある会社が親会社→51%→子会社→51%→子会社(孫会社)となっていれば、孫会社も親会社からみて子会社と考えます。」

小さな子会社(小規模の子会社)とは

「売上などでみて、会社グループ全体の95~97%に入らない会社は連結決算に入れないことができます。これを小規模会社といいます。」

つなげるだけでない「連結」

単なる合計ではなく
①単純の合計
②組替・修正(科目グループ内での統一的な科目への振替や修正など)
③相殺消去を経て作られる

連結B/S=連結貸借対照表とは

①単純に合計
②連結会社間のそれぞれの貸しと借り(債権と債務)の消去
③親会社投資勘定と子会社資本勘定の消去
「企業グループの中の内部取引は、グループの外との取引と違って、内内のものだから、消し合う(消去)」

連結P/L=連結損益計算書とは

連結損益計算書作成のステップ
①個々の連結会社のP/Lを科目ごとに合算する

②連結会社間の内部取引を消去する

③内部取引で在庫や固定資産に残っている利益を消去する(未実現利益の消去)

企業グループの経営方針の反映を見抜く

「企業グループ内の会社は、一社一社が人格と同じように社格(法人格)を持って、まず、自主独立の気持ちをもち、実際の経営実行を進めていきます。」
「親会社に『いばり』がなく、子会社に『甘え』のないのがよい」

子会社・関連会社に迷惑をかける連結決算資料作成・日程の短縮化

「子会社・関連会社側から見れば、規則上の問題だからやむを得ないとして、連結決算で親会社に協力しても、そのことが子会社・関連会社自体の収益の向上とは直接的に関係ないという気持ちが起こります。このことは、私が子会社2社で勤務した経験からしても、当然であると感じています」
◎親会社は連結資料・監査費用などで子会社・関連会社に負担をかけまい

◆連結決算の前提条件-未現実損益の消去(機械の売却益など)を見る

◆連結決算の前提条件-法人税等の期間配分の処理を見る(税効果会計)

◆連結業績予想を期中に下方修正する辛さ

★本中でもあるのですが、当時はまだ連結会計システムが完全ではなかったようです。
今ではほとんどの上場企業で、連結会計専門のパッケージが導入されていると伺っています。
子会社側からすると専用のWeb画面に入力するか、若しくは決められたエクセルフォームに打ち込む形式をとっているようです。
今後はむしろ、中小企業で連結会計の必要性が高まってくるのでしょうか?

この本はタイトルにもあるように、入門の入門あたりですから、まずは言葉を知るという程度です。
次は、入門書もしくは中級編あたりの本にチャレンジしたいと思います。

3月決算の皆様は、これから大変な時期を迎えられますが、是非お体には気をつけて下さい。
とりわけ連結決算の早期発表は、年を追うごとに厳しくなっており、一日の短縮化が
莫大な努力により実現している成果だと、常日頃私は感じております。
もし気分転換の際は、この「教えて会計」を宜しくお願いします(笑)!

 

川内豊明著、『小さな会社は「月次管理経営」で儲けましょう』

¥1400-、あさ出版。

本書の内容
1章 いま、経営で一番大事なこと
2章 経営の「攻め」と「守り」を固めるために
3章 会社の体制を整えて、他社より一歩先を歩く
4章 「月次管理経営」で知恵の経営のしくみをつくる
5章 ひと目でわかる「社長のための決算書」をつくる
6章 「月次管理経営」で当たり前のことを当たり前に実行する
7章 銀行に「借りてください」と言われるような会社になる

筆者は、税理士業務の傍ら、中小企業のコンサルティング業務を行なう。

一に現金、二に現金。手形の誘惑に負けてはいけない

ー手形決済の時代は終わった
手形ゼロは無借金経営への入り口

◆会社の成長発展は幹部が決める

ーやってはいけない不幸な幹部選び
損な役回りでは誰もなりたがらない(いつも叱られ役)

◆会社に攻めと守りのしくみをつくる

ーしくみづくりが社長の仕事

月次管理に必要な資料を準備する

ーまずは経理部門の改革から

月次の資料は翌月10日までに用意する

ー資料作成が遅れる原因を取り除く

各部門で実績を検討するための基準をつくる

実績検討会を開催する

ひとめでわかる「社長の決算書」

ー「社長の貸借対照表」
「あみだくじ式損益計算書」

「社長の決算書」を使いこなす

ー決算書は必ず比較する

小手先のごまかしは通用しなくなった

ー決算書のチェックポイント

★小さな会社を20年見てきた実績から独自のノウハウがあります。
とりわけあみだ式損益計算書はユニークです。
月次資料は10日までとは、難しいとは思うのですが、今まで読んできた多くの本で目標値として掲げています。

 

大山毅著、「経理の仕事」

祥伝社、¥1500ーです。
目次
1、経理って何をするの?
2、決算書のことを理解しよう
3、経理の基礎は簿記
4、決算業務の流れをおさえよう
5、月次決算と損益管理の実務
6、会社と税金の関係
7、資金調達と資金運用の実務
8、会計ビックバンと社会の流れ
9、企業分析と企業評価の基本

経理のわからない経営者は去れ

京セラの稲盛和夫氏は、「会計がわからんで経営ができるか」と述べています。
会計の基本的事項・考え方を身につけることは経営判断に不可欠だとおっしゃっているのです。

予算と決算

決算はどのような会社にも不可欠ですが、予算の方は強制的なものではありません。
会社の成長のためにどちらがより重要かといえば、それは予算です。

経理は会社の情報の宝庫

知らないうちに、会社全体の情報が経理部門に流入してくるような経理システムを作る必要があります。
例外は、保証行為とか、クレームなど金銭の授受が伴わないものです。

経理は重要な参謀役、うるさい経理であれ

経理がしっかりするということは、必然的に他の部門との摩擦が強くなります。反発もあるでしょう。
しかし、時に聞き流し、時に説得して、経理の主張を貫きとおす必要があります。

仕入取引ー費用収益対応の原則

商品を出荷すると、出荷基準により、売上高と売掛金が計上されます。そして、売上高と直接的に関係した売上原価を認識します。売上高と対応した原価だけを認識する考え方を、費用収益対応の原則といいます。

銀行以外の資金調達

◎リース契約
資産の取得なし、キャッシュフロー改善、資産効率改善

資産・負債の実際残高

残高確認のために、決算日現在で確認状を送付します。確認状には自社の送付先にたいする売掛金・買掛金の残高を記載して、空白欄に相手先の当社にたいする買掛金・売掛金残高を記載押印の上、返送してもらいます。

 

 

アンダーセンビジネススクール編「キャッシュフロー計算書の作成と分析」

¥1600-、(株)エクスメディア

これは「超図解」シリーズというもので、
エクセル・ワードの入門書として、
私も以前よくお世話になりました。
それのビジネス書版がこれを含め、20冊くらいあります。

構成
1、キャッシュフロー計算書登場の背景とその概要
2、キャッシュフロー計算書の作り方
3、個別キャッシュフロー計算書(基本編)
4、個別キャッシュフロー計算書(応用編)
5、連結キャッシュフロー計算書
6、キャッシュフロー計算書の分析
7、企業価値評価とキャッシュフロー経営

キャッシュフロー計算書の役割

ー一定期間の資金の流れを原因別に示すことによって、
企業の資金繰りの実態を明らかにすることがその役割なのです。

客観的で比較しやすい情報の提供

ーキャッシュフロー計算書は資金の流出入という事実のみを
表すものですから、 非常に客観性の高い情報を提供することができます。

キャッシュって何だ?

ーB/S上の現預金とは一致しないケースも多い。3ヶ月ルールで判断される。

直接法と間接法

ー直説法は、主要な資金の流出入があった取引ごとに総額で
記載していく方法です。
ー間接法は、損益計算書上の利益を出発点として、プラス、
マイナスの調整を行なって営業キャッシュフローを算出する

売掛金の増減と営業キャッシュフロー

ー売掛金の増加分は利益からマイナス、減少分はプラスすることで算出
ー売掛金の増額は現金の裏付けのない利益と同じ

買掛金の増減と営業キャッシュフロー

ー買掛金の増加分は利益からプラス、減少分はマイナスすることで算出
ー売掛金と買掛金の増減は、利益に対し、ちょうど逆の関係

割引手形の取り扱い

ー営業キャッシュフローの区分において売上債権の増減と区分せずに記載する

消費税に関わるキャッシュフロー

1)課税対象取引に係わるキャッシュフローを
消費税等込みの金額で表示する方法
2)課税対象取引に係わるキャッシュフローを
消費税等抜きの金額で表示する方法
3)消費税等抜きの資産・負債の増加額または減少額、
あるいは、収益または費用の額に、
これらに関連する消費税込みの債権・債務の期中増減額を調整して、
各表示区分の主要な取引ごとのキャッシュフローを表示する方法

★とまあ、こんな具合にまだまだ続きます。
最終章では、またしても経営分析となり、
今度は「DCF法(ディスカウント・キャッシュフロー・フロー)
による企業価値評価」です。
ここまで来ると、私にとっては、理屈の上に理屈があって・・・、
という世界で、現実との
つながりが良く分かりません。

 

小栗悟著「節税の鬼になる本」

中経出版。
本書の構成
1、税金の概要とその手続きを知る
2、資産をチェックして節税する
3、売上・経費を工夫して節税する
4、人件費・退職金で節税する
5、福利厚生費と交際費を見直して節税する
6、減価償却を効果的に活用する
7、税制改正をしっかりととらえてぬかりなく節税する
8、子会社・関連会社を利用して節税する

これは、2003年8月31日の刷なので、最新の刷があるかもしれません。

脱税には厳しいペナルティが待っている

○無申告加算税    15% (5%)
○過小申告加算税 原則10% (ナシ)
○不納付加算税    10% (5%)
○重加算税      40%
*( )内は、自主的に修正申告を行なった場合

すでにない固定資産は除却損に

○毎期、固定資産の棚卸を実施する(除却損経常)
○使用していない固定資産は「有姿除去」に
○ソフトは客観的に分かる証明が必要

有価証券の評価損を計上する

デッドストックは積極的に評価減や処分を

ー廃棄する場合は証拠写真を残す
陳腐化など商品価値なしの条件が必要

棚卸資産の期末評価には低下法を利用しよう

○売れ残っている商品の評価を下げるためには、
ある一定の条件を満たしていれば可能になります
○仕入額よりも期末時価が低ければ損金に
○採用する場合は税務署に届け出る

租税公課の取り扱いと損金算入時期に注意

○不動産取得税や自動車取得税など
○損金にできるのは申告書の提出年度

社長に借入れの保障料を支払おう

ー判例上、年利1%程度までならば、社長への保障料として
支払うことが可能になり、会社も経費として計上することができます。

海外社員旅行は4泊5日を原則に

とまあ、いろいろありまして、
これを読んでいる方は、ほとんどご存知だと思いますが、
私には、海外社員旅行で節税というのが、夢です。
現実にあるお客さんで聞いた話では、
2回に分け、社員全員がイタリア旅行という会社さんもありました。
まずは、利益を出すのが前提なので、きょうも頑張ります!

 

 

 

近藤仁著「経理の仕事がわかる本」

日本実業出版社、です。
ちょっと変わり種なのは、現役の経理部長が書いた新人のための経理本というところです。

経験年数別の担当すべき経理業務の一覧や月次決算の日程、
請求書・領収書の扱い方は、さすが現役の方という気がします。

定額資金前渡制(インプレスト・システム)という言葉は始めて聞きました。

交際費の範囲と限度額や広告宣伝費の処理方法では、
以前このブログでもコメントでアドバイス頂いた点が紹介されています。
例えば取引先との飲食代は、常識的な範囲内であれば会議費となり、
それを越えると接待費など。

報酬・料金等の区分に応じた源泉徴収税額の計算方法では5種類の区分に対し、
計算方法が明示されており、キリのいい手取り金額を渡したいときは、
5万円÷0.9=55,555円など言われてみれば
なるほどというアイデアもあります。

固定資産や償却資産と少額資産の違いなどは、
実務上結構迷いそうですが、判定基準チェックリストがあります。

私の仕事がらみでは、無形固定資産などのソフトウェアの扱いなどは、
よく話題になるところです。

決算、予算編成スケジュール例などは、このまま紹介したいところですが、
経理の新人でなくても、会社の規模が成長する過程で、大きな会社はどう処理
しているか知りたいというケースでも大まかなところは参考になるかもしれません。

筆者は、これからの経理は、以前の「計算屋」と
呼ばれた業務から、会社のなかで重要な地位を占める
花形の仕事と位置づけています。
私も営業で回っていて、優秀な営業マンとそうでない営業マンの比率と
経理マンのそれを比較した場合、
圧倒的に優秀な経理パーソンの方が比率が高いと常々感じています。

 

小堺桂悦朗著「税金バンザイ」、¥1400-、フォレスト出版です。

知って得する「税金」と「税務署」の裏話満載というサブタイトルが
ついてます。
これから多くの中小企業が3月決算を迎えるので、
タイムリーな1冊ではあるかと思いますが・・・。

税務調査の電話がかかってきたら

「電話してきた税務署職員の所属部門と氏名をメモし、 きちんと顧問税理士事務所に伝えること」

税務調査中は、質問に答える前に、アイコンタクトが重要

税務調査の重点項目は、決算月とその翌月の取引

-決算月の売上の請求書、納品書、契約書、さらに営業日報まで
調べられるケースもある

やってはいけないこと -家族旅行を福利厚生費で落とす

-飲み代をなんでもかんでも接待交際費で落とす

考えておこう自社株対策、中小企業でもM&A

直前の節税対策、生命保険は単なる納税の先送り?

というような節税につながるようなヒントは得られるかもしれません。
但し、筆者も脱税につながるような、安易な策は必ず見つかると、
書いており、また節税と手元資金を残していくことのバランスの
難しさは、永遠のテーマかもしれません。

ちょっと最近、ライブドアのお陰で、M&Aが時の話題になっています。
学生時代に卒論のテーマで読んだ本が、本棚に残っているので、
今度、言葉だけでも紹介したいと思います。

 

 

『「勘定科目」早引き辞典』村上英児・牛塚勇著

明日香出版、¥1300-です。

全く経理が分からない人が仕訳を起こさないといけないケースに最適です。
もちろん一番参考になるのは、前年の伝票の束だと思いますが・・・。

例えば、勘定科目早引き表を使えば
アルバイト代、オイル代、商品券とうとうの言葉から、
科目が引けます。

そして、商品券から交際費という科目を引くと
区分:販売費および一般管理費と消費税:課税と
でてきます。
但し、実務上のポイントで金券については非課税に
なるとアドバイスがあります。

仕訳例は、科目だけなので、あまり親切とは
言えないかもしれませんが、
とりあえず今すぐ何とかしたい
という方には是非お勧めです。

 

加来眞名子著「配属されたらはじめに読む本経理部」

中経出版¥1300ーです。
題名の通り、新人で経理担当になったとき、
最初に手にすれば間違いのない入門書です。

○会社のすべては数字にあらわれる

○経理の仕事には守秘義務がある

ー「口の固い人」というのが経理をする人の必須条件です。

○伝票や領収書類の整理の仕方を覚える

ー探しやすくするのが基本
*その為に「伝票」「出納帳」「証憑」に同じ番号をつけておきます。
証憑には月ごとに連番でつけ、番号順にとじます。
あるいは経理ソフトで自動的に番号をつける場合、
その番号にあわせて、伝票や証憑にも付けます。
*あくまでも伝票番号は帳簿から証憑を探しやすくするのが目的なので、
順番の乱れ、番号の重複や番号の欠番を気にする必要はありません。

○試算表の作成は翌月10日までに

○数字の間違いをすぐ見つける方法

①合わない数字の項目を探す
②合わない数字を2で割ってみる
③合わない数字を0.9で割ってみる
④「6」「9」を間違えてないかをチェック
(合わない数字が3,000とか3,00など「3」はじまるとき)

といった経理実務のアイデアが盛りだくさんな上、
年間スケジュールや簿記言葉の基本的な説明もあり、
これで1300円とはお買い得です。

 

岩井義照著「会社が明日から無借金になれる」

東洋経済新報社¥1500ーです。

筆者は商工中金を退職して、中小企業を多重債務から
救うことを目的に研究と実践を行い、
(有)祝経営研究所というコンサルタントをやされいる方です。
以前紹介した本と異なる点は、法人の銀行借入に焦点を絞っていることです。
その為に、「担保物権さえ捨てれば、すべての借金は消える」
ことが中心の主張です。
理論的根拠として、「ノンリコース」(遡及しない)ローンと呼ばれる欧米系の融資制度の日本での適用を掲げています。
言葉だけは聞いたことがありました。
ノンリコースとは、
そもそもプロである銀行が融資の際、担保の評価を銀行自身の自己責任で行い、金利というリターンと貸倒というリスクを評価して融資を行った訳なので、返せない場合に担保さえ渡せば、それ以上溯って返済を追求できないという考えです。
加えて中小企業では当たり前の現実である、代表者保証という制度も先進国30カ国で認められているのは、日本だけという驚くべき事実です。多くの先進国で今から80年も前に「個人保障廃止」の法律を作ったというのですから、さらに驚きです。
実務面のアドバイスも具体的に書かれていますので、ご興味ある方は是非、参考までにお読み下さい。

私が本書で一番共感した部分は以下の下りです。

日本は中小企業立国である。中小企業がGDPの約70%を担い、
全労働者の6割以上を雇用しています。

したがって、中小企業が活性化すれば、同時に消費が活発化し、
日本の景気は回復します。

日本はまさに、世界一の中小企業立国なのです。

こんな話を聞くと何だかワクワクしてきます。
そうか自分たちの日々の仕事が、日本を支えている。
大企業の人々ではなく、自分たちなんだ、って。
(大企業にお勤めの方々、ごめんなさい)

 

べリングポイント「[新版]戦略経理マネジメント」

生産性出版です。

べリングポイントは、世界最大手のビジネスコンサルティング会社のひとつとのことなので、ちょっと私どもとは縁がない世界なのですが、
経理業務の効率化とシェアードサービスについては、
興味がありましたので、取り上げることにしました。

まずは、経理業務改善についてです。
○業務プロセスの見直しによる効率化
○規定の見直しによる効率化
○システム導入による効率化
「経費清算システム」及び法人カードの導入
電子帳簿システムの導入
銀行による自動消し込みサービスの採用
支払手形の廃止とファクタリングサービスへの移行
○予算編成業務の効率化

特に会計伝票のチェックについて、
「取引の処理に関する業務は、複数の担当者、責任者の間を、川のように流れていくものが多い。この流れをワークフローと呼び、」
結論として、チェックの為のチェックは止める。
経理の役割は、会計処理、税務処理の妥当性の確認のみにあるの
で取引の発生部門が責任部門であるとしています。
そこで承認基準の見直しを行なえば、簡素化が図れるとしています。
確かに、会計伝票に押印欄が8個も10個も並んでいるケースがあります。
その一個一個の押印欄が、何を承認しているか明確にしていくことで、
機能上の見直しが図れそうです。
とりわけ、WeB会計システムを導入した場合の、
画面による承認階層について、ある程度見直しを図ったケースでは、
月次決算の早期化がさらに早まると言えます。

法人カードの導入や銀行の消込みサービス、ファクタリング等を
検討される会社さんについては、
フローの流れを図示してあり大変参考になると思われます。

 

山田真哉著「世界一感動する会計の本です」

日本実業出版社¥1300ーです。
これはタイトルで買ってしまいました。
ベストセラー「女子大生会計士の事件簿」の作家です。
この本は感動というより、今までよんだ経理本で一番分かりやすい内容です。
経理の担当者の方がご自分のお子様に
どんな仕事をしているか説明したいというときに最適の一冊です。

簿記の情報入力のことを、ジャーナル・エントリー「仕訳」と呼ぶ。
簿記の流れは、
取引の発生→「仕訳帳」→「総勘定元帳」→「試算表」の順でできていく。
これは年配の経理マン(実際には役員になられたりします)から、
昔は人海戦術で全て手作業だったとうお話しを伺っていましたが、
絵を見ながら流れが納得いきました。
また修正が入ると計算を一からやり直し。これが大変だったと。
今だとほとんどの会社で経理ソフトを使い、
仕訳帳、元帳、試算表が連携してここにいては改善されています。

筆者は最後に、経理の仕事の未来として、領収書をスキャナーで読み取れば、
金額、摘要を読み取り自動的に仕訳ができる
会計システムができるかもしれないとしていますが、
そうなっても最後は判断する人間が必要と結論づけています。
これには、私も全く同感です。
筆者は、本書でドイツの文豪ゲーテの言葉を紹介しています。
「簿記は最高の芸術である」

 

 

 田村繁和・小長谷敦子著、「お金を残す強い会社の101の教え」

清文社¥1600-です。
キャッシュフロー経営を、バナナの叩き売りを引き合いにして、分かりやすく説明し
ています。
「売れば売るほどお金がなくなっていく」という章では、
売掛金の入金サイトと買掛金の支払いサイトをグラフ化し、お金の流れを解説してい
ます。
その上で、仮に売上が10倍になったとすると、今の資金繰りでは回らないことを指摘
します。
そこで、その回答として、
①仕入先に長い手形で支払う等の支払い条件の変更を交渉する。
②新しい分野へ売り込む(通販等は前払いや代引きが多い)
③新商品で新しい業界へ参入(保安管理など小口でも月契約のものなど)
を提案しています。
さらに部門別損益をさらに細分化した、経営の最小単位での採算を見ていく、
「アメーバ経営」を推奨し、これによって、社員があたかも社長のように、自ら考え
行動する羅針盤となっていくことを、詳しく図を用いて説明してくれます。
これは京セラで開発され、使われている管理会計の手法として有名です。

 

(株)武蔵野 代表取締役社長 小山 昇著「カリスマ社長が教えるこの先稼げる人だめな人ずっと」

青春出版社
この会社は、日本経営品質賞を受賞した
素晴らしい中小企業の現役社長です。

「部下の管理ではなく、仕事の管理をする」の章では、
人間関係はあいまいなもので、その改善など絶対に期待すべきでない。
そこで、「仕事」の管理が重要と説いています。
例えば、担当者の訪問スケジュール管理、アポイントは取れたか、
見積りは提出したか、などなど細かな仕事に目配りする。
さらに上を行く為には、管理しない仕組みを作ることが最良。
例をあげると、部門別損益管理のための基礎数字を各部門長に
提出されるが、現場の上長自らが、
絶対遅れることなく、最新のものに改めている。
なぜか?
そうしないと他部門の経費が自部門の経費となってしまうことがあるからです。
やらざるをえない仕組みを作り、結果として管理する総務部門はたったの一人。
多くの中小企業では総務・経理が一体となっている会社さんが多いので、
これは凄い経理業務改善と言えます。

またバランスシート(貸借対照表)の見方も伝授しています。
ごまかせる科目とごまかせない科目がある。
預金や借入金などは、ごまかせない。
なぜなら数字を銀行が握っているから。
在庫や売上は、どうにでもなる。
そこで、売上が一割上がると売掛金や買掛金も正比例で増加する
関係に着目する。
その視点でバランスシートを見れば、一割ましになっていることを確認し、
異常値がないかどうかをチェクする。(50%や200%など)
そうした感覚を養うことが重要だと述べています。

いろいろと参考になり、また厳しい意見を書かれていますが、
意外な一面もあります。
年賀状と社員の誕生日カードは、宛名も中身も全て手書き。
会社で人を誉める習慣を作る(サンクスカード)。
体調が悪い人は、さっさと帰らせる。
上司の責任として、部下の健康管理をする。
自腹を切って、部下のためにお金を使う(地域一番店でご馳走する)
などなどです。
ここでも、情けの部分と数字の合理性の割り切りとの絶妙のバランス
本当に素晴らしいですね。

 

経理実務研究会 編「はじめてでもわかる経理実務検定試験ではわからない実務のコツ教えます!」

¥1400-税務経理協会です。
この本の最大の特徴は、実際の証憑イメージが
豊富に載っていることです。
例えば、リース支払い予定表、小切手、当座照合表、約束手形などです。
実務に携わる方には、毎日目にする当たり前のものでも、
本で勉強する身には、一体どんなものなのか想像もつかない場合もあると思います。
また知り合いに経理マンがいたとしても、
それこそちょっと持ち出すというわけにもいきません。
それと手書伝票も数多く記入例があり、摘要まで書かれている点が
非常に親切です。確かに実務に役立ちそうです。

ただ本の内容うんぬんではありませんが、
いつも私が疑問に思い、またお客様からも良く問われる疑問に当りました。
月次決算の高速化にはかかせない、仕入計上についてです。
本書では納品書をもとに、納品時に仕入計上するのが合理的としています。
しかし、それでは納品書に金額が記載されていない。
あるいは業界によっては、仮単価で記載されているなど不都合のな点もあります。
また一般的な請求書で計上する場合、
月末締めで請求書を出す為には、まず売上データを月末を基準に締め、
さらに前月請求分の入金残高が月末に入金された金額を確認し、
その上で、前月繰越金額+当月請求額ー当月入金額で請求書を確定する必要がありま
す。
そうして始めて、請求書を郵送することができました。
2~3日して届いた請求書を元にやっと仕入計上となりますが、
ここでも社内での関係部署での確認作業などが入るともっと遅れていきます、
これでは、Web会計システムで一般経理を早く締めても、
仕入計上待ちでそれ以上は早期化できないとうい限界を迎えてしまいます。
今流行のサプライチェーンマネジメントや
EDI(電子商取引)などの大企業向けの大がかりな解決策ではなく、
中小企業で即解決可能なアイデアがあれば是非教えて下さい。
これぞ、教えて会計ですね。

 

 

 

経営システム研究会編「NTTドコモリアルタイムマネジメントへの挑戦」

B&Tブックス日刊工業新聞社¥1400-です。
これは中堅企業以上で、大型なシステムの導入を
検討される方に、是非お勧めの一冊です。
日経でNTTドコモが日次決算の会計システムを導入
という記事を読んで以来、興味をもっていたのですが、
この本はここまで明かして良いのかと思う程、
惜しげもなくノウハウを公開しております。
私のような職業では大変に勉強になります。
大企業(超がつきますが)はここまでやっているのか!!
その中身と言えば、一言でいうと、
経理システムと基幹系システム(受発注・人事給与・仕入在庫など)の融合と
グループウェア・ワークフローとの連携です。
前者は、いわゆるERP(統合業務システム)と言われパッケージでもほぼ実現され
ていますが、後者をここまで完成したパッケージはないと思います。
これには、「先行データ」という新しい独自の考え方と
現場に負担をかけない究極の発生部署入力(社員全員が伝票入力する)によって
初めて実現可能となっています。
また日本の会社における稟議形態、申請・承認・決済を情報流通のポイントと
捉えたことで、それをトリガー(きっかけ)として自動入力を行なう点も
素晴らしい発想と思います。

先行データとは、現金主義から発生主義のさらにその先をいくアイデアです。
私もある経理課長から相談を受けたことはあり、進んだ考えをお持ちだなと感銘をうけたことがありました。
債務の未払金や買掛金の計上は、請求書ベースが一般的と思います。
さらに早くなると納品書(これでは実務上難しいのが現実です)。
ここでは、承認、発注が行われた時点で納品日、支払日、支払い金額を予想したデータを作り、それを資金計画や経営状況の見通しに活用する。
という未来会計とも呼べる仕組みです。
この考えを、収入、売上、原価償却、人件費など全てに当てはめ、
さらに予想データから日次レベルに数字を落とし込み、2日遅れの連結日次決算を実
現しています。
これは制度会計では、まったく不要の考えで、月次決算の早期化が図れれば良いと
いう経理部と情報システム部の間で、
上流工程(次期システムの原案作成)では激しいバトルがあったそうです。
しかしあくまでも日次は管理会計の経営情報との割り切りと、
日次の積み重ねで月次の短縮が図れるとの理由で導入に踏み切った。
入力に関しては、スケジューラーを活用し、これを使わないと全ての社員の業務が
まったくできない環境とした。
これは社員の時間管理が、全てのプロジェクト管理に費用として連携する点とそこか
らの経路検索から交通費が計上はされる点で、
電子承認とあいまって、全社員運用と業務の効率化を実現した。
ビジネスカード(コポーレーションクレジットカード)を使い立て替え払い清算目
的のクレジットカードによって、
事務処理の効率化と明細の把握による不正防止も確立している。
これはモニタリング機能でも、接待交際費などを誰でもが参照でき、
どのような内容の接待をだれが行ったかガラスばりにすることで社員に説明義務を持
たせている。

以上のお話がほんのごくごく一部です。
これを続けると、一冊まるまる紹介することになりまねませんので、この辺にしてお
きます。

 

 

 

小堺桂悦郎著「粉飾バンザイ!」フォレスト出版¥1400-です。いきなり凄いタイト
ルですが、私の何か特定の主義主張があるわけではなく、この手の本は今結構でてい
ます。たぶんこれは本家本元のように思います。
本書を読んで欲しいヒト、経営者(中小零細、同族会社)、税理士さん、借金のある
ヒト、経理担当者、これから企業するヒト。となっています。
目次1、第1章 実録!「粉飾社長」
第2章 5分でバレる?あなたの会社のヤバさ!
第3章 粉飾するなら、ここまでやらないとバレる!
第4章 ジャンジャン粉飾!黒く塗りつぶす裏ワザ
第5章 時代は変わった!ルールも変わった!だから、粉飾も変わった!
う~ん、これは興味ある方、手に取って読んでくださいとしかいいようがないような
気もします。下手に私のインチキ解釈がはいるととんでもない誤解を産みそうです。
粉飾の3点セット、売上の過大計上、仕入の過少計上、そして在庫の過大計上となる
そうです。なぜこれかは、理由もあります。
しかしこの方は、こうもいいます。「決算書は水晶玉のごとく」たった3、4枚から
20分で分析できてしまう。
ポイント、資産の部合計(債務超過かどうか)、役員借入金、無形固定資産(資産計
上できるものは何でもしよう)、売掛金、期首商品棚卸、期末商品棚卸で売掛金と在
庫の関係を見る。
そしてさらに最も簡単な、素人でもできる分析は、「損益計算書」そこにのっている
数字が全て現金取引と考えてみる。さらに減価償却はお金の出て行かない経費なので
プラスする。

筆者の尊敬に価するところは、一見粉飾アドバイスに見え、きちんと粉飾を元に戻す
3年計画及びその仕訳の方法まで首尾一貫しているところです。もちろん最後には安
易な粉飾は行なわないこと、当たり前ですが、自己責任と言っています。それから会
社が成長期から安定期に入ったところで、新しいことを薦めています。「新しい経理
システムを入れるならこの時期でしょう。なぜなら、業績がよくも悪くも安定してい
るのだから、先の見通しを過大に見積もることはないでしょう。会計システムを変え
ただけで、今まで気がつかなかった問題が現れるでしょう。」

 

 

岡本史郎著「会社にお金が残らない本当の理由」フォレスト出版¥1500-です。
以前にもご紹介していますが、新潟に在住の税理士・マーケティングコンサルタントです。この本に書かれていますが、「家」と「車」と「保険」をおさえればお金は残ること、「収入の10%しか住宅関係のお金は使わない」ということです。私自身、この辺を真剣に考えようと常々考えています。本当にお金を残すことは、難しいですね。
戦略のない節約は本当に悲劇です。社長が社員に「節約しろ」と怒鳴るのは、効果もでず社員の士気が落ちるだけです。具体的には、人件費、利息、リース料、家賃、税金、保険料が80%を締め、しかもそれらは会社が閉まっているときも含め年間通じて掛かるからそれを削減することが効果的なのです。一番比率の高い人件費をパート、在宅スタッフなどで極力変動費化を図ることです。また、利息という点でも厳しい考えがでてきます。
運転資金としての借入金についてです。ビジネスが拡大するとどうしても仕入代金や経費が多くかかります。販売代金の未回収額や在庫も増えます。これが運転資金としての借入金の常識ですが、売れば売っただけ利益がでるので、その利益を運転資金に回すことでビジネスを回すことを当然のこととしています。現実問題、中小企業ではなかなかこうはいきません。
経営指標としては、ROA(総資本経常利益率)、CROA(総資本キャッシュフロー率)を推奨しており、これを目標とすべき業界トップの上場企業をライバルと見立て経営目標にすることで、自己成長を図ることまで提案します。

 

 

 

 

 

-経理・経理事務本の紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© クラウド本舗【(株)ヒミコ公式ブログ】 , 2019 All Rights Reserved.