木子 吉永(著)『儲かる中小企業は「社長が稼ぐ!」』

書評

 

 

木子 吉永(著)『儲かる中小企業は「社長が稼ぐ!」』
同文舘出版 (2006/05)

目次
1章 中小企業のオヤジに「経営能力」は要らない!
2章 めざすのは「身軽経営」と「変化の経営」!
3章 売れなくしている原因は社長の七つの勘違い
4章 決算書の数値では、小さな会社の経営は見えてこない
5章 社員は「性悪説」で使えばうまくいく

◆社長は「役者」になれ
◎やさしい会社が会社を潰す
◎「NOと言える社長」になろう
◎社長は性格の使い分けをせよ
◎悪口を恐れてはならない

『たいへんな失敗をしでかした社員をガンガン叱る。そのすぐ後で、立派な成果を
上げた社員が報告に来たら、破顔一笑して明るい声で「そうか。よくやったね。
どんなふうにやったらうまくいったんだい」とほめる。これぐらいスッパリと
切り替える必要がある。』

◆ワンマン経営はなぜ悪い
◎リーダーに従うのが組織本来のあり方だ
◎自分1人で背金を取る覚悟を持て

◆小さな会社の社長はサッカー日本代表の監督と同じ

◆やるべき「仕事」と、やってはならない「作業」
◎「作業」と「仕事」を区別せよ

『つまり、社長は作業をせずに何をするかと言うと、頭を使い、無から有を生み出す、
創造的な仕事をしなければならないのである。』

◆銀行員は必ず社長自身が捺印せよ!

◎「銀行員を捺印するヒマがない」なら、社長を辞めるべし
◎「会社の血液」の管理が社長の仕事

◆「売上額・売上粗利益額・出荷額」は、社長自ら記入せよ!

◆小さな会社は「イエスマン」を重要視せよ
◎最悪なのは「ひと言多くて使いづらい」社員

◆売上げが増えてもヒトを増やすな!
◎アウトソーシングを活用しないと儲からない

◆小さな会社は、1人の経理より「3人のパート」で!
◎経理のつまずき潰れた小さな会社もある
◎経理の作業は、リスク回避にもコストダウンにもつながる

★他にも「労働生産性」や、営業以外の人員が営業に関与できるシステムの話、
「複写式手書き大判ハガキの実物」など、本当に役立ち情報がたくさんあります。

木子社長の本はすべて読んでいますし、ここでも紹介しております。
中小企業のトップの悩みごと解決や、
明日から使える改善策が、ここにあります。

少々、辛口のところもありますが、
現役社長が実績で語っているので、説得力があります。

本日は、この辺で。

 

 

編集後記

 

雨ですね。

朝、7時前は小雨だったので、ちょっと散歩してきました。

帰ったら、ムスメが起きてきて、

散歩へいくというので、

傘を持って、また出かけました。

雨足が強くなっていて、本当に数十メートル行って戻ってきた

だけなんですが、

満足したようです(ホッツ)。