(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

天外伺朗著「運命の法則『好運の女神』と付き合うための15章」

更新日:

 

天外伺朗著「運命の法則『好運の女神』と付き合うための15章」飛鳥新社です。4870316455

目次
第1章 共時性の法則
第2章 「燃える集団」の法則
第3章 フローの法則
第4章 満足感の法則
第5章 長老型リーダーシップの法則
第6章 セーフベースの法則
第7章 意識の成長・進化の法則
第8章 プロセスの法則
第9章 トータルつき量一定の法則
第10章 運・不運の法則
第11章 うぬぼれの法則
第12章 大河の流れの法則
第13章 強運の法則
第14章 内発的動機の法則
第15章 他力の法則

◆[共時性]シンクロニシティ
◎同じ意味を持つ、ふたつあるいはそれ以上の、因果的に無関係な出来事の同時生起

◎共時性という概念は、心理学の分野では定着しつつある。ユング心理学のあとに発展した
人間性心理学やトランスパーソナル心理学では肯定されており、著名な心理学者である
チクセントミハイの「フロー理論」に基づいて、本書の主要なテーマである「運命」との
関連が追求された。

◆フロー状態の特徴
1、行為に集中、没頭している
2、浮き浮きした高揚感
3、雑念がほとんどわかない
4、時間間隔の喪失
5、自分自身の感覚を喪失している
6、その場を支配している感覚。自分が有能である感覚
7、周囲の環境との調和感、一体感

◎仕事でも遊びでも、ボーッとしているときでも、内発的報酬に基づくフローもしくは
マイクロフロー状態を大切にすることが、スムースな人生の秘訣といえよう。

◆フロー状態に入るためには
◎その中で最も基本的なのが、内発的報酬にすなおに従う、ということだ。
つまり、心の底からこみ上げてくる喜びや楽しみに、敏感に耳をうけつけなくてはいけない。
これは、意外に難しい。
じつは私たちは幼少のころから、それとはまったく逆の教育を刷り込まれてしまっているのだ。

「人間は外発的報酬による妨害がなくなったとき、はじめて内発的報酬により容易に反応できる」

「まず、『画期的なプロジェクト』を成功させるためには、その推進パワーは純粋な動機が
好ましいというのだ。物事の本質にズバリと迫っていかなければならないため、
出世のため、とか、名をあげてやろう、とか、金を儲けてやろうといったヨコシマな動機が
強いと目が曇り、失敗しやすくなる」

◆チームが燃えない要因
1、船頭が多すぎる場合
2、政治問題でプロジェクトの方向性が左右される場合
3、上司が細かいことに口をはさむ場合
4、チーム内に何となく不明瞭な雰囲気がある場合
(たとえば、言いたいことが言えない、とか、親分子分の関係が支配的だったりする場合)
5、プロジェクトの目標に問題がる場合
6、チームと構成する人材に問題がある場合
7、チームの中に感情のもつれがある場合

「大山は日本を発つとき、多くの幕僚を前に、つぎのように明言した。
『戦の指示はすべて児玉だんにまかせます。ただ負け戦になったときは、私が出て指揮をとります』
薩摩には戦国時代から伝統として「大将学」というようなものがあった。自分がいかに賢者であっても、
愚者の大らかさを演出演技する人間学」

◆セーフベースがもたらした企業神話
◎人々の所属の要求を満たしてきたのが、面倒見の良い日本型経営の会社だったのだ。
ところが、その日本型経営が崩壊してしまうと、多くの人が心の拠り所を失ってしまった。
仕事に没頭する雰囲気がなくなれば、活力が下がって当然だろう。

◎『セーフベース』
たとえば、母親の膝の上の赤ちゃんは、いままで知らなかった新奇なものにさかんに興味を示す。
ところが、自分が完全に守られて安全だという確信がもてないときには、
既知のものにしか興味を示さない。

◎日本型経営の崩壊とともに、人々は「セーフベース」を失ってしまった。
浮き足立って、気持ちが萎縮し、冒険できなくなってしまったのだ。
この力学が作用すると、経営者が社内を競争状態にすればするほど、その企業の活力は低下する。
という図式が見える。

◆結果よりもプロセスが重要

「私の腹わたは煮えくり返り、怒りは世界を焼き尽くすほどの勢いだった。いまでも目を閉じると、
20年も前のあのときの怒りを心の底に感じることができる。
しかし、振り返ってみると、あれが私の人生の最大の転機になっていた」

◆運を開く「大河の流れ」

◆過去を見つめなおし人生を客観的に眺める

「もっとも真剣に準備した人のところに強運が訪れる」

◆宇宙と運命を信頼して身をゆだねる

「流れに逆らって泳がなくなるということだ。だから、他人からは、
これといった努力もしていないのに上手に世の中を渡っているように見える。
要するに、『大河の流れ』に逆らわない分、エネルギーのロスが少なくなるのだ」

★神田さんのテープセミナーで、お話を聴き、感動して、本を取り寄せました。
この方は、最初に紹介すべきでしたが、CDの開発をしたり、アイボを作ったり、
少人数で奇跡的な開発を達成した方です。プロジェクトXにも出たそうです、
私は全然、存じ上げませんでした。恥かしい!

本日は、この辺で。

 

 

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-, ,

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.